仮想通貨とビットバンクが歩んできた経緯 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

口コミ投稿者: 倖子 さん

仮想通貨とビットバンクが歩んできた経緯

★★★★★ ★★★★★

評価:3点

日本の中でも早めにビットバンクは、仮想通貨の取引を開始した取引所になります。設立は2014年になり、日本の仮想通貨の取引所と同じくらいの歴史はあります。自分が取引を開始したのは2017年くらいですが、それ以前からもビットコインには興味がありましたし、仮想通貨の取引所の動向についてはチェックしていました。ビットバンクは、アルトコインの取引についても積極的な活動を進めており、イーサリアム、リップル、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュなどに対応しています。 ビットバンクとしては今後もアルトコインを積極的に取引できる環境を作りたいと考えており、仮想通貨でアルトコインの取引も検討している方はチェックしたいサービスです。アルトコインの取引を積極的に進めていきたいという考え方はありますが、取引所としての信用力も大切だとビットバンクは考えています。アルトコインは代表的なもの以外にも世界中には沢山ありますし、自由に発行できるのが仮想通貨の特徴でもありますので、今後も種類が増えていく可能性があります。 自由に仮想通貨を作ることができるので、仮想通貨の中には信用力が気になる通貨も出てきます。信用力を維持しつつビットバンクでは活動の範囲を進めていく流れになります。仮想通貨の取引には販売所と取引所の二種類があり、取引所の方が個人間での取引になるので売買の差が少ない特徴があります。アルトコインの取引所を積極的に進めているのも特徴と言えます。
ビットバンクの詳細ぺージへ

ビットバンク

ビットバンクのロゴ
特徴

国内で唯一、リップルの板取引が可能!


・取引手数料0.00%
・レバレッジ20倍
・アプリ対応
・取り扱い通貨
BTC、XRP、LTC、ETH、BCH、MONA

ビットバンクに登録する

これまでに寄せられた『 ビットバンク 』の口コミ一覧