リスクの仕組み | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

リスクの仕組み

リスクはどういった仕組みの仮想通貨なのか

人気の仮想通貨のひとつ、イーサリアム。イーサリアムに投資をする方は日本でも数多く存在しますが、イーサリアムの値上がりと同時に値上がりした「リスク」と呼ばれるものがあります。

そのため、イーサリアム投資をしている方にとって見逃せない仮想通貨であるリスクですが、イーサリアムと非常によく似た仕組みがあると言われています。

しかし、完全に同じものではなく、システムやプログラミングをより良いものに書き換えることが出来るのです。この仕組みはインドで注目されており、今後日本でも話題になることでしょう。こちらではその仕組みを解説いたします。

リスクはスマートコントラクト技術を導入している

イーサリアムにはスマートコントラクト技術が使われていますが、リスクにも同様の技術が導入されています。スマートコントラクト技術とは契約の自動化を行う機能で、人が関わらずに契約を行うことが出来るのです。そして、取引で行われた契約内容はブロックチェーンに書き込まれます。スマートコントラクト技術のシェアはイーサリアムに及びませんが、リスクはそのほかにも特徴があるのです。

それはサイドチェーンという技術で、ハッキングなどのトラブルが起こったらサイドチェーンを切り離すことで被害を抑えることが出来るのです。イーサリアムはこの技術を導入していなかったことから、ハッキングをされた際にイーサリアム・クラシックと分裂してしまいました。そのため、安全性の高い仕組みになっているのです。

リスクは開発言語にJavaScriptを採用

仮想通貨はそれぞれがプログラム言語で開発されていますが、リスクはJavaScriptというプログラム言語で開発されています。JavaScriptはWEB開発者にとって広く知られたプログラム言語であることから、親しみやすさがあるのです。インドではインターネット技術者が数多く活躍していますが、リスクはそんなインドで知名度がアップしています。これはJavaScriptを使用しているからでしょう。

しかし、JavaScriptは多くの方が利用しているプログラム言語でもあります。そのため、誰にとっても使いやすい言語であるという点については、ある程度気を配っておく必要もあるかもしれません。それぞれの仮想通貨がもつ仕組みを理解した上で投資を行う事は非常に重要なことと言えるでしょう。

リスクはビットコイン2.0のひとつ

仮想通貨の中にはビットコイン2.0と呼ばれるものがあります。これはビットコインが進化したものと考える方もいますが、そのようなものではありません。ビットコインはブロックチェーンという技術が採用されていますが、仮想通貨としての役割しか果たしていませんでした。

しかし、ビットコイン2.0は仮想通貨以外の目的を持たせるという考え方なのです。リップルやイーサリアムなどの仮想通貨がビットコイン2.0の仕組みを取り入れており、リスクもそういった仮想通貨のひとつです。ビットコイン2.0の技術はこれからも進化すると考えられるため、これによって高騰する可能性も秘めていることでしょう。企業や金融機関もこの仕組みに注目しています。

リスクのサイドチェーンとは

リスクにはサイドチェーンと呼ばれる技術が採用されています。このサイドチェーンとは、複数のブロックチェーンの間で仮想通貨のやり取りを行い、様々な機能を実装しようとする技術のことです。

サイドチェーンのメリットは、性能と送金処理能力の向上でしょう。また、複数のブロックチェーンを使用しているため、ハッキングなどのセキュリティー面で従来のものより向上しているというメリットがあります。

この、サイドチェーンと言われる仕組みが、イーサリアムと大きく異なる部分です。リスクの時価総額は2017年10月時点で15位と上位にあり、投資しやすい仮想通貨のひとつです。

リスクは日々アップデートが行われている

リスクにはさまざまな技術が導入されており、イーサリアムの欠点を改善するような仕組みが盛り込まれています。しかし、時代の流れによって求められる性能や機能は変化するものです。そのため、リスクは日々仕組みのアップデートを行っているのです。

そして、クラウドサービスにリスクの技術が導入されています。そのほかにも決済システムにリスクを導入する企業も増加しており、これからますます身近な仮想通貨になることでしょう。また、インドでは仮想通貨取引所でリスクが上場しており、マーケティングやプロモーションに力を入れていることが分かります。そのため、仮想通貨投資家にとってリスクは見逃せないでしょう。

リスクの仕組み まとめ

イーサリアムの仕組みを採用して誕生した仮想通貨がリスクです。そのため、イーサリアムと同じようなチャートの動きを見せています。そして、イーサリアムはハッキング被害に遭いましたが、リスクはサイドチェーンを導入しているのでセキュリティー面が向上しているのです。

さらに、リスクを決済に導入する企業も登場しており、その仕組みが広く注目されています。そのため、これから期待出来る仮想通貨と言えるでしょう。

取引所一覧を見る

リスクに関する他の記事