ダッシュの換金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ダッシュの換金

実用的で換金性も高い!これからが楽しみなダッシュの特徴

仮想通貨の種類はここ1年で爆発的に増加しました。ビットコインが代表格というのはわかっていても、他の通貨の将来性や換金性がわからないという人も多いでしょう。そこで流動性、換金性が高いアルトコイン、ダッシュについてまとめました。ダッシュはビットコインと何が違う?という点や、換金は可能なのか?といった疑問にお答えします。 

歴史と誕生した背景

仮想通貨を知るうえでその通貨の時価総額や換金性は大切な指標になります。仮想通貨は変動が大きく、流動性やすぐに換金できるかどうかを重視する人も多いでしょう。今回紹介する仮想通貨ダッシュは2018年4月時点で世界第12位の時価総額を誇る仮想通貨です。世界で1,000種類以上の仮想通貨が発行されている中にあって他の通貨と比較しても換金性には信頼がおけるでしょう。

ダッシュは仮想通貨の中では歴史が古いほうに分類されます。誕生したのは2014年の4月のことです。もともとはXCoin(XCO)としてリリースされましたが、翌月に名称がDarkcoin(DRK)に改められました。その後、2015年の3月にダッシュ(DASH)と改名されます。

最大発行量は2200万枚ですが、初期にインスタマインと呼ばれる大量供給があり、その後も大量供給の問題を引きずる形になりました。少人数の開発チームとボランティアによって運営されて、利益相反になるようなスポンサーなどもついていないことも大きな特徴です。 

ダッシュなどは決済手段として優秀

アルトコインの多くはビットコインを基本としながら、新しい機能を備えたり、足りない点を改善したりされています。この仮想通貨ダッシュの場合は換金性に優れて決済手段として優秀な仮想通貨ということができるでしょう。ビットコインで足りなかった点を改善した形でリリースされた仮想通貨とも言われています。

ダッシュの特徴として一番にあげられるのが取引のスピーディーさです。ビットコインは利用する人も増えたことで送金にかかる処理時間が問題になっています。処理スピードが速いと言われるイーサリアムの場合でも送金に2分程度を要します。しかし、ダッシュの場合はおよそ4秒で処理が完了します。これはInstantSendという機能で、2016年6月、InstantXという名前から変わりました。決済のときにユーザーが選択できる機能です。

この即時送金のための承認用のノードがマスターノードで、ダッシュウォレットの意思決定をおこなうとともに、取引の承認をおこなって手数料を徴収しています。ビットコインであれば、マイニングで複雑な計算をすることで報酬を受け取りますが、ダッシュの場合はこのランダムで選出されるマスターノードがその役割を担います。

また高い匿名性も大きな特徴です。ビットコインの問題点として、利用者のアドレスや取引の履歴が公開されてしまうというものがあります。取引が公開されていることで取引の詳細を知りたい場合などにメリットになることもありますが、その一方で誰にいくら送ったという資金の流れが明らかになるデメリットがあります。

そこでダッシュでは匿名性を確保するためにPrivateSend (プライベートセンド)というシステムを採用しました。これはコインミキシングサービスで、送受信のときに管理ノードでシャッフルしてまとめるために誰の送金なのかをわからなくする仕組みです。この仕組みによって送信者、受信者やどのコインなのかという情報もわからなくなります。結果、取引の追跡や資金の流れなども読みにくくなるという機能です。 

ダッシュは世界でも実用として期待が高まる

ダッシュは即時決済や換金に特化した仮想通貨として、広く需要が期待されています。そのため利用も拡大し2017年にはアップル社のレビューを通過して公式にアップルストアにも掲載されました。このことを受けて市場でもダッシュの相場が高騰しました。さらに2017年の9月にはロンドンの取引所CEX.IOにも上場しています。CEX.IOは銀行口座から直接オンライン売買が可能な換金にも便利な取引所です。クレジットカードやデビットカードからも仮想通貨を購入でき、世界中に100万人以上のユーザーを抱えています。また、ジンバブエの取引所でもダッシュは上場しました。

ジンバブエは急激なインフラで政府が崩壊してニュースでも話題になった国です。そのため自国通貨よりもドルなどの他国通貨などが用いられています。ダッシュはジンバブエの決済サービスとの共同決済システムに投資しています。ダッシュではその実用性や換金性の高さを活かして、ジンバブエ公式のデジタル通貨を目指しているとの観測もあります。将来的にはジンバブエの復興にダッシュが一役買うこともあるかもしれません。ダッシュはその優位性を活かして世界で活用されれば、さらなる発展も期待できるでしょう。 

ダッシュの換金について まとめ

ダッシュは他の仮想通貨と比較して換金や決済に優れて、実用性を高めた仮想通貨といえます。換金性にも優れているということは投資としてだけでなく日常の即時決済に利用したいという人にも適しているでしょう。アルトコインの手始めとして換金しやすいものから始めてみたいという人もダッシュへの投資を検討してみましょう。

取引所一覧を見る

ダッシュに関する他の記事