ダッシュの仕組み | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ダッシュの仕組み

仮想通貨ダッシュは匿名性が抜群!?仕組みや将来性を紹介

2014年にスタートしたダッシュは独自の仕組みで他の仮想通貨にはない魅力を備えています。匿名性が話題となる仮想通貨ですが、独特の仕組みを抑えておくことで取引を有利にすることができるでしょう。ダッシュコインの仕組みや将来性などについて解説します。

ダッシュは素早さが魅力

ダッシュは、 XCoin、Darkcoinを経てDASHと名前が移り変わりました。もともと決済システムに力を入れていることもあり、約10分掛かるビットコインの取引承認と比べて最短約1.3秒で承認完了する決済の速さが人気です。

取引が素早くできる理由はダッシュならではの仕組みにあります。まず、「P2P」と呼ばれる分散型管理システムを導入していることが上げられます。「ノード」いう「P2P」ネットワークにつながったコンピューターからマイニングや承認作業に適したコンピューターを選定して管理を一任させることで、ビットコインなどと比べて大幅に承認スピードがアップできるのです。

高い匿名性を持つダッシュ

ダッシュのもつその高い匿名性は大きなメリットの一つです。Coinjoin(コインジョイン)から応用された「Darksend」と呼ばれる取引形態は、すぐれた個人情報保護に役立っています。

もともとCoinjoinは高い匿名性を持って送金できる仕組みのため、送信元をわからなくする仕組みとして開発されました。これは、取引ごとにダイレクトで送金をするのではなく、送金タイミングの同じ仮想通貨をまとめていったんプールに貯めて、そこから個別送金をする方法です。一度プールでワンクッション置くことで、それまでダイレクトに送金していたときに比べて秘匿性が高まりました。

ダッシュで搭載されているDarksendは、Coinjoinをベースにオリジナルの運用方法をプラスしてさらに匿名性を高めた仕組みになっています。具体的には、プールに入る送金利用者は3名以上にするほか、合計送金額を1,000単位に制限するなど、Coinjoinをさらに発展させたスタイルになっています。

ダッシュはこんな人におすすめ

独自の仕組みで即時性と匿名性を高めた人気のダッシュですが、どのような人に向いているのかを知ることで、自分の利用方法とマッチしているのかを知ることができます。

たとえば、ダッシュはスピーディーな送金になるよう仕組みにこだわった仮想通貨です。そのため、スムーズな仮想通貨取引を行いたいという人にはおすすめと言えるでしょう。ダッシュコインなら一般的に4秒程度で取引承認が終わるため、取引が遅くてイライラしたくないという人はぴったりと言えます。

また、その高い匿名性から、個人情報の流出を防ぎたい人にもおすすめです。ダイレクトに送金を行わないDarksendの技術があることで、個人情報が流出してしまうリスクが極めて少なく、かつ送信元を不明瞭にできるからです。仮想通貨の取引において、セキュリティ面を気にかけているという人におすすめと言えるでしょう。 

ダッシュの将来性は?

2014年に設立されたダッシュですが、2017年1月に入ってから上昇がスタートし、2018年までの間に上昇トレンドへ入りました。2018年4月時点では、35,800円前後で取引されています。ダッシュは匿名性の高さやスピーディーな取引など、その他の仮想通貨にはない仕組みが話題を呼び、短期間で注目を集めた仮想通貨です。今後、各方面からの評価が高まれば、さらに時価総額が拡大する通貨といえるかもしれません。 

おすすめのダッシュ取引所

ダッシュを取り扱う取引所は世界で約60近くあります。国内取引所でおすすめなのは、Binance(バイナンス)でしょう。独自に発行しているBNB(Binace Coin)で取引手数料を支払えばわずか0.05%でダッシュが取引できるユニークな仕組みを取っています。

2017年7月に設立された上海発の仮想通貨取引所で、まだ運営スタートから日は浅いものの取引スピードが速く人気に火が付きました。毎月、仮想通貨の人気投票を実施、上位のコインは取り扱い通貨に採用することもユーザー目線に経った取引所といえます。
Binanceの大きなメリットは2つあります。まず、取引手数料が一律0.1%と非常にリーズナブルなことです。しかもBNBで支払えば0.05%で済みます。

中国の取引所のため当局の規制の影響が心配される声もありますが、本拠地は香港ですから心配は要りません。香港は中国経済の規制と一線を画した扱いとなっているため、中国全体で仮想通貨取引所が規制されるときも、大きな損失は免れています。
また、Binanceは開設後わずか3ヶ月で世界ランキング9位の仮想通貨取引量を誇っています。その背景には、取り扱い通貨が70種類と豊富なことがあり、使い勝手のよい取引所として今後も飛躍的に取引量が拡大すると予想されるでしょう。 

ダッシュの仕組み まとめ

オリジナルの仕組みを採用したことで、「速さ」と「安全性」を高めたダッシュは、今後の成長が期待できそうな仮想通貨です。その独自のシステムや決済の素早さは取引を円滑に行いたい方におすすめできる特性と言えます。ダッシュのもつ魅力的な仕組みを知ることで、今後の取引に役立てていきましょう。

取引所一覧を見る

ダッシュに関する他の記事