ダッシュの歴史 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ダッシュの歴史

ダッシュの歴史と高い匿名性について

仮想通貨投資で成功するには、まだ知られていない仮想通貨をいち早くチェックする必要があります。ビットコインリップルイーサリアムなどメジャー仮想通貨に投資することも良いのですが、現在ダッシュという仮想通貨注目されているのです。ダッシュはそれほど知名度の高い仮想通貨ではありませんが、高騰する可能性を秘めています。

しかし、投資を始めるのであればその歴史についても知っておきましょう。歴史を知ることで今後の動向を予想することが出来るのです。ダッシュの歴史について情報を集めましたので参考にしてください。

ダッシュ誕生の歴史と特徴とは

ダッシュは今後が期待される仮想通貨のひとつですが、公開当初ダークコインという名前でした。これはダークセンドという機能を持っていることから、ダークコインと名付けられたのです。しかし、「ダーク」というワードにマイナスイメージがあることから、現在のダッシュという名称変更されたと言われています。確かに日本人にとっても「ダーク」はどうしてもネガティブなイメージを抱いてしまうでしょう。仮想通貨の世界において改名は珍しいことではなく、ファクトムオーガーなど改名している仮想通貨があります。

2014年に公開されたダッシュですが、その発行上限枚数2,200万枚となっています。ビットコイン発行上限枚数2,100万枚となっていますので100万枚多い枚数です。イーサリアム9,400万枚ライトコイン8,400万枚リップル1,000億万枚となっていますので、少ない発行上限枚数と言えるでしょう。しかし、上限が少ないことで希少性が高まるというメリットがあります。

2009年にビットコインが発行されたことを考えると、2014年に公開された仮想通貨は歴史が浅いと言えるでしょう。しかし、これから仮想通貨の歴史はどのような歩みとなるかは分かりません。インスタントセンドマスターノードなどの技術によってスピーディーな取引が可能となっていることから、仮想通貨投資家であればダッシュを見逃すことは出来ないでしょう。 

ダークセンドによる高い匿名性

ダッシュにはダークセンドという技術が導入されていますが、これはどういったものなのでしょうか。ダークセンドとは高い匿名性を持っており、匿名のまま送金が可能になっているのです。ビットコインを送金する場合、お互いの個人情報は分からないようになっていますが、取引履歴は第三者から分かるようになっています。そのため、これまでどのアドレスからどのアドレス送金されたか確認出来るのです。

しかし、ダークセンドは送金されたコインを一度プールへ集めており、その後にプールからダッシュが個別に送金されるのです。送金の際にプールを挟むことで送信元の判断が出来なくなるので、仮想通貨の歴史では考えられなかった匿名性があります。仮に情報が盗まれてしまってもプールがありますので、それ以上の追跡は出来ません。

そのほかに、ダッシュにはコインミキシングという手法も導入されているので、より高い匿名性が期待出来るのです。コインミキシングとは管理ノードで受信したコインをシャッフルしています。そのため、ダークセンドコインミキシングがあることで、ビットコインなどの仮想通貨よりも安心して取引が出来ると言えるでしょう。 

ダッシュを取り扱う仮想通貨取引所

ダッシュは高い匿名性を持った仮想通貨で今後が期待されていますが、その歴史はまだ浅いものです。ビットコインのように歴史の長い仮想通貨であれば取引所も多いのですが、歴史の浅いダッシュを取り扱う仮想通貨取引所は限られています。しかし、日本からでも投資をすることは可能です。具体的にどこの仮想通貨取引所が良いのでしょうか。

ひとつはバイナンスでしょう。バイナンスは世界トップクラスの取引量を誇る仮想通貨取引所です。しかし、日本語に対応していないので英語に強い方か、翻訳サイトを利用する必要があります。しかし、国内の仮想通貨取引所のサイト画面と似ているため、仮想通貨投資家であればスムーズに利用することが出来るでしょう。また、バイナンスはダッシュ以外にもさまざまな仮想通貨を取り扱っています。

そして、国内の仮想通貨取引所でいち早くダッシュに対応したのがコインチェック(※)です。日本語という安心感がありますので、ダッシュ投資に興味のある方はこちらでアカウントを作成しましょう。

仮想通貨は膨大な種類が発行されており、2014年に登場したダッシュもそのひとつです。歴史が浅いことから知名度はありませんが、ダークセンドやコインミキシングなどの技術によって高い匿名性があります。そのため、これから高騰する可能性を秘めた仮想通貨なのです。仮想通貨で利益を出したいのであれば、ダッシュのように歴史の浅い仮想通貨に目をつけておくことは大切でしょう。国内からも購入は可能です。

※コインチェックは現在一部サービス停止中

取引所一覧を見る

ダッシュに関する他の記事