ダッシュの将来性 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ダッシュの将来性

新しい仮想通貨であるダッシュの将来性

ビットコイン以外にも世の中にはさまざまな仮想通貨がありますが、それぞれが特徴を持っています。ダッシュも仮想通貨のひとつですが、匿名性の高さと承認の早さが売りとなっているのです。ダッシュは2014年に公開されましたが、当初ダークコインという名称でした。

そして、2015年に現在のダッシュに改名されたのです。歴史が浅いことから将来性が心配されていましたが、2017年に大きく高騰したことで広く投資家に知られることになりました。時価総額最高で5位になったことから将来性は期待出来るでしょう。こちらではダッシュの将来性について説明いたします。

匿名性の高さとスピーディーな承認

ビットコインは世界中で投資家から注目されており、国内でも億単位の利益を出した投資家も登場しています。しかし、ビットコインも万能ではありません。送金や受取、利用者のアドレスなどの履歴が公開されていることから、将来性が不安視されているのです。

しかし、ダークセンドやコインミキシングという技術によって高い匿名性を実現させたのがダッシュで、将来性のある仮想通貨として人気になっています。匿名性の高さを売りにした仮想通貨はほかにZcashMoneroがありますが、これらも高騰しています。匿名性の高い仮想通貨は将来性があると言えるでしょう。

また、ダッシュの魅力は匿名性だけではありません。スピーディーな承認も注目されているのです。ビットコインは最短でも承認に10分ほどかかりますが、ダッシュであれば最短4秒承認されるのです。これはダッシュに導入されているInstantXという技術が影響しています。仮想通貨投資においてスピードは非常に重要で、承認に時間がかかっては利益のチャンスが失われてしまうのです。承認スピードも将来性の証明にもなるでしょう。そして、ダッシュという名称の由来にもなっています。 

インスタントセンドによるスピーディーさ

ダッシュはインスタントセンドによってスピーディーな承認を実現しています。これはP2Pの分散型コンピューターの中から、マスターノードを選ぶことでスピードアップしているのです。ビットコインの場合は最も早く計算をした人がマイニング報酬を得ることが出来ますが、ダッシュは最初からマスターノードに承認を一任しています。そのため、承認がスピーディーに行われているのです。

また、マスターノードに選ばれるには1,000DASH以上コインを持っており、24時間サーバーを稼働出来る環境でなければなりません。そのほかにも条件が用意されているため、クリア条件を確認しておきましょう。 

ダッシュのチャートアクション

2014年に公開されたダッシュですが、2017年に入ってから大きなチャートアクションを見せました。3月に入った時点では1000円~2000円台を推移していましたが、3月の終わり頃になると6000円台まで上昇したのです。そして、4月には1万円を突破しました。6月になると2万円前後になっているのです。この時期にZcashやMoneroなど匿名性の高い仮想通貨も上昇しているため、仮想通貨投資家が匿名性の重要性に気づいたのでしょう。匿名性の高さは将来性の高さになるのです。

そして、8月になるとビットコインがハードフォークし、仮想通貨投資の世界に大きい影響を与えました。しかし、その後もダッシュのチャートは上昇を続けており、3万円~5万円台まで達したのです。

これは匿名性の高さだけではありません。中国トップクラスの規模を誇る仮想通貨取引所であうHuobiがダッシュの取り扱いを開始したことも影響しているでしょう。このような大手仮想通貨取引所が関わることで高騰するケースは少なくありません。これまでにモナコインがビットフライヤー上場したことで高騰しました。これだけの将来性があることから、仮想通貨投資家であればダッシュをチェックすべきでしょう

ダッシュは匿名性と将来性が高いことから、You Tubeや海外のテレビ局とスポンサー契約を結んでいます。今後も大手企業と提携することでしょう。そして、今後は世界中の仮想通貨取引所で取り扱いが開始される可能性もあります。これによって高騰する可能性を持っているため、高い将来性のある仮想通貨なのです。今はそれほど知られていませんので、仮想通貨投資家にとってチャンスでしょう。


ダッシュは2014年に公開された仮想通貨ですが、ビットコインの弱みである匿名性を改善しました。この高い匿名性は仮想通貨投資家に注目され、上昇を続けている仮想通貨です。さらに、中国最大手仮想通貨取引所が取り扱いを始めており、これによって高い将来性が証明されました。そして、最短4秒で承認というスピーディーな取引が可能ですので、これからも期待出来ます。ダッシュはそれほど知られていない仮想通貨ですので、今のうちからチェックしておくべきでしょう。

取引所一覧を見る

ダッシュに関する他の記事