ステラの仕組み | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ステラの仕組み

ステラはどういった仕組みの仮想通貨なのか

 

世界中にさまざまな仮想通貨が存在していますが、中でもリップルは広く知られた仮想通貨の一つでしょう。このリップルのソースコードに基づいて開発された仮想通貨がステラなのです。リップルの開発スタッフによって開発されていることから、リップルとステラは非常に似た仕組みになっています。

そして、チャートアクションについてもリップルと同じような動向を見せており、リップルに投資している方にとってステラは見逃せない仮想通貨と言えるでしょう。そして、今後のステラのチャートはどのような動きを見せるのでしょうか。こちらではステラのより詳しい仕組みについて解説いたします。

 

ステラ誕生のきっかけとは

 
ステラは同じ仮想通貨であるリップルのソースコードを基に、2014年に誕生しました。XLM(ルーメン)という単位が使われており、リップルと非常に近い仮想通貨と言えるでしょう。そして、リップルはリップル社によって運営されていますが、ステラはStellar Development Foundationという非営利団体によって運営されています。非営利団体によって運営されていることから、透明性や安全性などを重視した運営となっているのです。
また、登場した当初はStellar(STR)と呼ばれていましたが、2015年に大幅なアップデートが行われ、Lumens(XLM)に名称変更がされました。そのため、ルーメンと発音する方が正しいのですが、すでにステラという名称が定着しています。もちろん、ルーメンと呼ばれるケースも少なくありません。

 

ステラは個人での利用に特化した仕組み

 
リップルのソースコードを基にして開発されていることからリップルに似た仮想通貨なのですが、仕組みで明確な違いがあります。両コインも決済や送金システムは同様なのですが、リップルの仕組みは銀行や証券会社などの金融機関や企業の利用に特化しています。
しかし、ステラは個人向けに特化した仕組みになっており、承認時間が非常に短縮されています。そのため、日本円からドルやユーロへの両替、海外への送金などにも利用出来るのです。送金処理の仕組みが簡素化、迅速化、低コスト化となっているため、リップルよりも送金がスムーズになっています。
そのため、海外でのネットショッピングや海外に住む家族への仕送り、海外の金融機関への送金などに利用されると考えられています。近い将来には日本円からステラに両替し、さらにドルに両替して送金する仕組みが確立される予定とも噂されています。

 

ステラは独自のアルゴリズムを採用

 
リップルの開発スタッフによって生み出された仮想通貨であることから、リップルに似た仮想通貨と考えられています。しかし、ステラはリップルの弱点を改善した独自のアルゴリズムを採用しているのです。
リップルは「X Ledger Consensus」というアルゴリズムを採用しています。このアルゴリズムは承認者が限定されており、この承認者たちの80%以上が合意したときにブロックが承認される仕組みです。そのため、80%に満たなかった場合はブロックチェーンが分岐して作業が行われなくなります。
しかし、ステラはSCP(Stellar Consensus Protocol)というアルゴリズムを採用しています。このアルゴリズムは80%に満たない合意だったとしても、承認される仕組みとなっているのです。そのため、リップルよりも優れた仕組みと考えられています。

 

発行枚数が増加する

 
リップルは発行枚数に上限が設定されており、1000億XRPとなっています。リップルはこれ以上の枚数が発行されない仕組みになっているのです。しかし、ステラは1000億XLMが発行されても、1年ごとに1%ずつ総量が増加します。これによって通貨の価値が安定するのです。
そして、リップルはリップル社によって運営されており、リップル社は全体の25%を保有しています。しかし、ステラの運営団体は全体の5%のみの保有なのです。これは少しでもコインを流通させる意味があります。個人向けに開発された仮想通貨であることから、安定させるためにはこういったことが必要なのです。

 

ステラのこれからのチャートについて

 
仮想通貨投資家にとってあまり知られていない仮想通貨をチェックしているものですが、ステラはこれからどういったチャートの動きを見せるのでしょうか。現在はまだ低価格となっており、資金の少ない若手サラリーマンや学生投資家に注目される可能性があります。さらに、個人向けの仮想通貨であることから、参入しやすいというメリットもあるのです。そのため、高騰する可能性を秘めた仮想通貨と言えるでしょう。
 

ステラの仕組み まとめ

 
ステラはリップルのソースコードを基にして開発された仮想通貨であることから、リップルと似たチャートアクションを見せています。しかし、厳密には異なる仕組みを導入しており、リップルのシステムを改善した仮想通貨となっているのです。そして、流通を安定させるための仕組みも取り入れられており、多くの仮想通貨投資家に注目されることでしょう。そして、承認時間が短縮されていることから個人向けの仮想通貨となっており、海外送金や海外でのネットショッピングにも利用することが出来ます。

取引所一覧を見る

ステラに関する他の記事