ステラの税金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ステラの税金

ステラ投資にかかるの税金について

仮想通貨投資が注目されていますが、仮想通貨はなにも投資だけに使われるものではありません。仮想通貨という形で貯金をするケースも多く、さまざまな分野で利用されているのです。仮想通貨のひとつにステラがありますが、ステラは承認時間が短いという特徴があります。

そのため、海外送金にステラを使うケースは多いのです。さらに、海外にはステラで買い物が出来るショップが登場しています。これだけ身近になりつつあるステラですが、これにはどのように税金が関係しているのでしょうか。こちらでは税金について解説いたします。

持っているだけで税金はかからない

ステラをはじめとする仮想通貨ですが、これは非常に新しいシステムと言えるでしょう。そのため、世界各国での法整備がまだ追いついていないという現状もありますが、これは日本でも同様のことで、税務署にステラの税金について相談しても満足出来る回答が得られないこともあるのです。そのため、「知らず知らずのうちに自分は脱税しているのではないか」と不安になってしまうこともあるでしょう。

しかし、仮想通貨を持っているだけで税金はかからない、ということは事実です。仮想通貨を持っていたとしてもそれによって所得が増えたわけではありません。お金を持っていても課税されないことと同様です。そのため、ステラを購入した時点では課税されませんので安心してください。

どのタイミングで税金がかかるのか

ステラなどの仮想通貨を持っていても税金はかかりませんが、どのタイミングでかかるのでしょうか。これは、仮想通貨投資によって利益が出た際に税金がかかるのです。利益が出るということは所得が増えることを意味しており、課税対象になります。

そして、ステラなどの仮想通貨が利益を出すタイミングは、仮想通貨を現実の通貨に切り替えた時、仮想通貨同士の取引で通貨が増えた時、などが挙げられます。そのため、仮想通貨投資をしている方は税金について考えなければならないのです。

ステラを現実の通貨に切り替えた場合

たとえば、持っている仮想通貨が高騰した時点で税金がかかるようなイメージがありますが、そのようなことはありません。これはあくまで評価額と呼ばれるものです。現実の通貨にはなっていませんので、この段階で課税対象にはなりません。

ステラが高騰したとして、その仮想通貨を現実の通貨に切り替えたタイミングで税金がかかるのです。これは利益確定と呼ばれており、このタイミングで所得が増えたとみなされます。そして、利益となった額にしたがって課税されるのです。そのため、持っている仮想通貨がどのようなチャートとなったとしても、現実の通貨に切り替えない限りは課税対象にはなりません

通貨同士の取引で通貨が増えた場合

仮想通貨投資を行っていると、仮想通貨で仮想通貨を購入するケースも少なくありません。日本にはいくつかの仮想通貨取引所がありますが、どの仮想通貨も買えるというものでは無いのです。そのため、そういった場合はステラを使ってアメリカの取引所で購入します。仮想通貨投資を長く続けていると、高騰の可能性を秘めたまだ知られていない仮想通貨が欲しくなるものですが、そういった場合にはこういった購入方法が必要になるのです。

そして、こういった購入をすることで差額が生まれ、これが利益となって課税対象になります。これはFXと同様の理屈と言えるでしょう。FXでは円をドルやユーロに変えて、円に戻すことで利益を出しています。

利益が出なかったらどうなるのか

ステラなどの仮想通貨投資をしたからといって、だれもが利益を出せるとは限りません。もちろん、こうなった場合でしたら税金はかかりません。仮想通貨に対する課税とは所得税と住民税です。そのため、仮想通貨の取引をしただけでは課税対象になりません。

仮想通貨はまだ日の浅いものであることから法整備が整っていません。そのため、仮想通貨投資家にとって税金は気になるものですが、経済活動を妨げるほどの課税は無いと考えられます。そして、いずれは仮想通貨で給料を支払うケースも登場するでしょう。こういった場合での法整備が行われると考えられます。そのため、仮想通貨投資家は税金に関する新しい法律に敏感になっておきましょう。 

ステラの税金に関する注意点 まとめ

ステラなどの仮想通貨投資を行う方にとって税金は気になってしまうものです。仮想通貨取引において税金がかかるタイミングは、仮想通貨を現実の通貨に変えた時仮想通貨で別の仮想通貨を購入した時、これら2つの時です。これらは仮想通貨取引によって利益が生まれ、所得税とみなされます。

また、仮想通貨取引が必ずしも利益を生むわけではありませんが、そういった場合は課税されません。仮想通貨は新しい分野であることから法整備が遅れています。そのため、これから新しい法整備がされることでしょう。仮想通貨投資家はこれからの法律について知識を身につけておいてください。

取引所一覧を見る

ステラに関する他の記事