ライトコインのクレジットカード | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ライトコインのクレジットカード

ライトコインはクレジットカードでの購入などは可能?

2018年3月に、ライトコインをはじめ仮想通貨のクレジットカード購入が禁止されることになりました。

それ以前は一部の取引所でライトコインやビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨がクレジットカードで購入可能でしたが、この購入方法を採ることができなくなったのです。

また、クレジットカードのように使えるライトコインの決済システムLitePayも、2018年3月にサービス停止が発表されています。今回は、この2点について解説していきましょう。

仮想通貨のクレジットカード購入は禁止されている

日本の大手カード会社が仮想通貨全般の購入禁止を発表したのは、2018年3月下旬です。そして、その直前には仮想通貨を取り扱うbitFlyerZaifといった大手取引所が、仮想通貨のクレジットカード購入を停止しました。この動きはもともとアメリカやイギリスで起きたものであり、両国の大手金融機関がクレジットカード購入サービスを停止した動きが日本にも訪れたわけです。

ライトコインは、送金にかかる時間がスピーディであるうえ、手数料が割安・日々の買い物にも使いやすいとされ、注目を浴びる仮想通貨です。その人気から、ライトコインには一時期価格の上昇も見られました。しかし、この動きが長く続くわけではなく仮想通貨全般に下落傾向に陥り、カード会社が懸念を見せ始めたのです。

クレジットカード購入が禁止される理由とは

では、仮想通貨の価格下落とクレジットカード購入の禁止にどのような関係があるのでしょうか。

クレジットカードは、利用した時点でカード会社に対して負債を追う形となります。

そのため、たとえばユーザーが100万円分のライトコインをクレジットカードで購入すると、その時点で100万円の負債が発生するわけです。

しかし、その後ライトコインの価格が50万円に下落したとしたら、手元にあるライトコインの価値は下がりますが、カード会社に対する負債は100万円のまま変わりません。結果、ユーザーは50万円の損失を負うことになります

そこで、ユーザーが損失を負った分をカード会社に返済することが困難になるケースも考えられるのです。クレジットカードで仮想通貨を買う場合にはこのようなリスクがあることから、規制が入ったと見られます。

また、世界的に見た仮想通貨人気に対してカード会社がけん制をしていると見る動きもあります。本来、仮想通貨は決済の利便性向上のために作られたものです。特にライトコインは決済スピードが速いことから、日常のちょっとした買い物など多くのシーンでの利用が見込まれています。

そして、手軽な決済方法である仮想通貨が普及すると、同じく決済の手軽さで市民権を得てきたクレジットカードの市場を圧迫するという見通しも出てくるのです。

実際のところは、近年の仮想通貨は決済よりも投機商品の色合いを濃くしていますが、仮想通貨の人気が高まるにつれて決済方法として普及する可能性は十分にあります。そこで、カード会社がけん制を行ったのではという説です。

ライトコインでの決済システム導入が発表されるもサービス停止

そして、ライトコインが決済手段として機能するための大きな一歩として注目されたのが、LitePayと呼ばれるサービスです。LitePayはアメリカのクレジットカード処理プロバイダ・Aliant Payment Systemsが導入すると発表したものです。決済方法はクレジットカードと似ていますが、性質的にはデビットカードの方が近いでしょう。

そして、今後のライトコインにおける決済機能を大きく普及させるシステムとして注目されました。

実際に、2018年2月上旬にこの発表がなされて以降ライトコインの人気が高まり、価格が高騰したこともありました。このLitePayの特徴としては、スピーディな送金が可能である、手数料が割安、個人情報の保持といったものがあげられていました。ライトコインでは送金をスピーディに行えることが特徴です。

この特徴を生かしてLitePayを利用すれば、送金にかかる時間に起こる価格変動を回避することにもつながるのです。そして、ライトコインの特徴である手数料の安さが使い勝手のよさにつながります。クレジットカードの登録や氏名の記載によって個人情報が流出する恐れもありますが、ライトコイン決済ができるLitePayならその心配もなくなるわけです。

ライトコインとクレジットカード まとめ

このように、リリース前から大きな期待が寄せられていたLitePayですが、2018年3月に開発を行ったライトコイン財団より、LitePayのサービス停止が発表されました。ユーザーの間でも期待が高まっていただけに残念な結果ですが、もちろんライトコイン自体の運営は健全なものですから、今後も人気の仮想通貨として流通していくでしょう。

2018年4月現在では、ライトコインはじめ仮想通貨のクレジットカード購入はできない状態です。また、クレジットカードのような利便性を持ったLitePayのサービスも停止してしまい、幅広い普及にはまだまだ課題がありそうです。とはいえ、ライトコインは安定性が高く取引も活発な仮想通貨ですから、投機目的で所有するのもおすすめです。

 

取引所一覧を見る

ライトコインに関する他の記事