ライトコインの換金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ライトコインの換金

ライトコインの換金方法をチェック

仮想通貨の中で取引量が第5位まで上昇したこともある(2018年2月時点)人気の高い仮想通貨のひとつです。

価値に関しては上昇と下落を繰り返し、変動はありますが、取り扱っている取引所も増えてきており、取引自体は非常にやりやすくなってきていると言えそうです。そんなライトコインの利便性をもっと良くするために、換金の方法についても知っておきましょう。

ライトコインは使うのに換金が必要なのか

ライトコインは、ビットコインのシステムに基づいたコインとしてアルトコインの中では知名度が高めの仮想通貨です。

しかし、特に日本国内で実際に通貨として使用するのは難しいことが多く、限定的な使い方やお店でのみ利用できる状態となっています。そのため、ライトコインを使うためには、基本的に日本円への換金が必要です。海外送金をひんぱんに利用する人やライトコインを使える店が近所にある人以外では、そのまま使うことはあまりないかも知れません。

ライトコインは現実のお店ではなかなか使う場所はありませんが、換金する場所は増えてきており、換金に困ることは少なくなっています。

ライトコインが換金できる販売所

 ビットフライヤー(bitFlyer)は、業界最大手と言われている会社であり、仮想通貨初心者にも分かりやすいシステムがあります。ビットフライヤーには不正出金に対する補償制度があり、セキュリティ面も高い評価を得ています。ホームページでデモモードを利用して、実際の仮想通貨の売買などやり方を疑似体験することもできます。ライトコインはアルトコイン販売所で取り扱われており、売買は販売所形式で行なわれ、スプレッド手数料がかかります。

GMOコインは簡単な操作で分かりやすい取引が魅力の販売所となります。東証一部上場のGMOインターネットグループであり、セキュリティと管理体制に定評がある会社です。取引所とは違い、スプレッドがかかりますが、確実にコインを手に入れることや売却することができます。

ライトコインが換金できる取引所は

ビットトレード(Bit Trade)は規模こそやや小さめですが、6種類のコインの取り扱いがあり、日本のモナコインも利用できます。FX関連会社が元なので、トレード関係には強く、安心して取引ができそうな印象です。売買量も少なく、取引の柔軟性にやや不安がありますが、ライトコインに関しては手数料が低めでお得感があります。

ライトコインでの引き出しには0.001 LTCの手数料がかかります。ライトコインはビットコインへと変えることが出来、売買手数料はメイカーの場合は0.3パーセント、テイカーの手数料は0.7パーセントとやや高めです。

ビットバンク(bitbank.cc)では世界最高峰のセキュリティとアルトコインの買いやすさで評判の良い日本の仮想通貨取引所です。日本のモナコインの取り扱いもあります。ライトコインはビットコインへと変えることができ、取引所形式で取引されています。

そのため、スプレッドではなく板取引で実質安く買えると言われています。

ビットポイント(BITPoint)は、取り扱い手数料や送付手数料などが無料で、日本円出金時のみ手数料がかかります。ライトコインの取引は2018年1月にスタートしたばかりですが、ビットポイントではライトコインの日本円建ての取引が可能です。

日本円とライトコインの通貨ペアはまだまだ少ないので、円建ての分かりやすい取引がしたい人はビットポイントはおすすめと言えます。取引所形式の売買となっており、ライトコインに関しては現物取引のみ、成行・指値が利用できます。

ライトコインの換金の手順

ライトコインを換金する場合には、基本的には販売所でも取引所でも手順は同じようなものとなります。まずは、口座を開設してから、保有しているコインを預け入れることが必要です。口座開設には時間がかかり、即日利用するのは難しいため、余裕を持って手続きしなければいけません。コインを預けたら、ライトコインの売却をして換金します。

コインの預け入れにはアドレスを利用しますが、間違ったアドレスを使用したり、違う種類の通貨を入力したりすると、データが紛失する可能性があるため注意が必要です。

ライトコインを換金せずに保管する時は

仮想通貨は基本的にはデータとして管理されているものであり、保管には各自がウォレットと呼ばれるところに入れておくか、各取引所や販売所の口座に入れておきます。

もっとも安全な管理方法としては、口座よりもウォレットですが、仮想通貨を取り扱っている各社も厳重なセキュリティを使い、コールドウォレットでの保管など、管理体制は万全です。ひんぱんな取引を行なう場合には、口座の方が利便性が高いかも知れません。

また、今後もトレードする場合には、複数の会社に口座を作っておき、分散投資することも大切です。それぞれの取引所で売買価格は同じではなく、タイミングによって有利な取引が出来る会社を選ぶことも仮想通貨のトレードでは重要になってきます。

ライトコインの換金について まとめ

ライトコインは換金しないと使いにくくなりますが、方法や取り扱いのある会社も増えており、利用しやすい方法を選ぶことが可能です。取引所や販売所など、比較して使い勝手の良い方法を探しましょう。

 

取引所一覧を見る

ライトコインに関する他の記事