ライトコインの仕組み | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ライトコインの仕組み

ライトコインの仕組みはどうなっているか

仮想通貨のひとつにライトコインがありますが、これはどういった仕組みなのでしょうか。

ビットコインのプログラムコードに基づいた仮想通貨であることから、基本的な仕組みはビットコインと同様になっています。しかし、ビットコインよりも取引承認が早いことから仮想通貨投資家からの注目を集めており、流通総額の高い仮想通貨のひとつです。

ライトコインの承認時間は約2分半となっており、ビットコインの承認時間が約10分であることから、いかにスピーディーであるかが分かるでしょう。そのほかにも特徴がありますので、その仕組みを十分に理解した上で投資してください。

ライトコインはどのようにして誕生したのか

ライトコインは2011年10月に誕生しました。開発者はチャールズ・リーで、比較的早い段階に公開された仮想通貨と言えるでしょう。ビットコインのプログラムコードに基づいていますが、ライトコインはビットコインと異なる仕組みを持っています。

ライトコイン最大の特徴と言えば承認時間の早さでしょう。ビットコインの承認時間は約10分ですが、ライトコインは約2分半となっています。この承認時間の早さは大きいメリットでしょう。

そして、承認時間が短いことによるメリットはほかにもあるのです。承認時間が長くなってしまうとダブルスペントという二重払いのリスクがありますが、承認時間が短くなることでそれを防ぐことが出来ます。ダブルスペントとは複数の人に送金をした際、正しく送金されないことです。

ライトコインはビットコインよりマイニングが早い

ビットコインなどの仮想通貨はマイニングという仕組みによって成り立っています。

マイニングとは「採掘」という意味を持っており、仮想通貨の暗号化システムに参加することです。マイニングに参加することで仮想通貨が報酬として得られますが、ビットコインは約10分の時間がかかります。しかし、ライトコインの仕組みであれば約2分半でマイニングが出来るのです。

そして、ビットコインは発行枚数の上限が定められており、2100万枚が上限に設定されています。しかし、ライトコインはマイニングが早いことから発行上限枚数が8400万枚に設定されているのです。マイニング時間がビットコインの約4分の1であることから、発行上限枚数が4倍の8400万枚になっています。

ライトコインの暗号化の仕組みについて

仮想通貨はセキュリティーのために暗号化を施していますが、ライトコインではScryptという仕組みを採用しています。ビットコインの暗号化方式はSHA-256を採用しているため、異なる仕組みと言えるでしょう。

また、投資ではなくライトコインのマイニングを考えている方も多いことでしょう。ビットコインのマイニングはハイスペックなパソコンが必要であることから、家庭用のパソコンではマイニングが難しくなっているのです。しかし、ライトコインの仕組みであれば家庭用のパソコンでも十分にマイニングが出来ます。そのため、マイニングを検討している方も安心でしょう。

Segwitを実施した仮想通貨

仮想通貨には、取引量が増加してしまうと承認時間が長くなってしまうという「スケーラビリティ問題」と呼ばれるものがあり、多くの仮想通貨がこの問題へさまざまな対策を行っています。もちろんライトコインもスケーラビリティ問題に対策を行っており、Segwitを採用しています。

Segwitとは取引履歴のデータ量を圧縮して軽くすることで、これによって作業処理を軽くすることが出来るのです。これはパソコン内のデータと同様で、圧縮したデータであればやり取りが簡単になることと一緒と考えましょう。

ライトコインがSegwitを導入したのは2017年4月のことで、これは仮想通貨投資家にとって大きい話題となりました。公開当初はそれほど話題にならなかったライトコインですが、Segwit導入をきっかけに値上がりもしたのです。

注意点についても知っておく

ライトコインは承認時間が短いことからスピーディーな取引が可能です。そして、Segwitを導入していることからデータ量も圧縮されています。そのため、理想的な仮想通貨と言えますが注意しておきたい部分も存在しているのです。

何よりの注意点は、承認時間が短いという点です。承認時間が短いことから細かい処理を見落としてしまうというリスクがあるのです。そして、暗号化方式でハッシュ関数を使用していることも気にしておきたい部分かもしれません。これまでにハッシュ関数を使用した仮想通貨はほとんど無かったため、何かしらのトラブルが懸念されているという部分はあります。ちなみに、これまでにそのような大きいトラブルは発生しておりません。

ライトコインの仕組み まとめ

ライトコインは承認時間が短い仮想通貨で、約2分半で処理が終わります。

ビットコインは約10分となっていることから、いかに短いかが分かるでしょう。この仕組みによってマイニングの時間も短縮されているので、マイニング目的で始める方も少なくありません。このような仕組みを理解した上でライトコイン投資を始めてみることで、より効率的に扱うことができるようになるでしょう。

 

取引所一覧を見る

ライトコインに関する他の記事