ネムの将来性 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ネムの将来性

ネムの将来性とニュースに市場の関心が上昇

 

仮想通貨が高騰し、新しい経済や価値の形が生まれたと言われています。特にビットコインの普及や高騰はニュースでも目にする機会が多かったはずです。ビットコインが一般的になった今、投資家が注目しているのはビットコインの次に台頭する将来性が高い仮想通貨でしょう。将来性がある仮想通貨として注目を浴びているネムの特徴をまとめました。

ブロックチェーン技術を活用したブロックチェーンプラットフォーム

仮想通貨という存在が生まれて、特に高い評価を獲得したのがブロックチェーン技術の将来性です。ブロックチェーンとは取引を記録するために分散台帳管理システムで、ブロックが鎖のように連なっていきます。ブロックチェーン技術は仮想通貨に限定されず、多くの分野で将来性があると言われています。

ただし、ビットコインで使われたブロックチェーン技術には問題がないわけではありません。この技術を改良してより私たちにとって使いやすい形にしたものとしてネムが生まれました。ネムはそもそも通貨の名前ではなく、New Economy Movementというプロジェクトの頭文字をとったものです。ネムで使われている仮想通貨はゼム(XEM)と呼ばれています。 

ネムの将来性とビットコインとの違い

ネムとビットコインの大きな違いと言われているのが処理スピードです。ビットコインでは約10分の間隔でブロックを生成しています。一方でネムでは約1分でブロックを生成しているため送金に関する時間が短くなります。

またネムの一番の特徴として将来性が期待できるのがハーベスティングというシステムです。ネムではPOI(proof of Importance)というシステムが使われています。POIでは通貨の保有量や取引量によって報酬が発生します。ビットコインで採用されていたのはPOW(proof of work)という仕組みでした。これは膨大な処理をおこなった人に対して報酬が発生するというものです。

ビットコインが生まれるためにはマイニングという作業が必要になります。取引を承認するための複雑な暗号を一番に解いた人が報酬を受け取れる仕組みです。この仕組みだと最初に解いた人にしか報酬が与えられません。そのためマイニングには高性能PCが必要なため、個人でおこなうには限界があると指摘されています。

また、常にパソコンを起動させておかなければいけないので、消費電力や冷却のための設備なども問題となります。そのため電力が安い国が有利になってしまうという問題もありました。

ネムで採用されているPOIの場合は高性能なPCなどの設備は必要ありません。ネムを保有したり、使用したりすることでスコアリングされ、スコアに応じてネムが付与されます。これをハーベスティング(収獲)と呼びます。

ネムでは仮想通貨を保有して取引をしている必要があります。そのため流通に貢献した人が報酬を受け取れる仕組みともいえるでしょう。ハーベスティングはパソコンにNanoWalletをインストールして必要最低額のネムを入金するだけで参加できます。さらに常時パソコンを起動させておく必要がないため、個人でも同じ条件で報酬を受け取れるチャンスがあるのです。 

「mijin」とネムが手を組むことで高まる将来性

mijinとは日本の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社が開発したプライベートブロックチェーンです。仮想通貨に限らずにブロックチェーンのテクノロジーは将来性が期待されています。改ざんに強いため、金融取引や戸籍取引などの管理にも適しています

そこでテックビューロ株式会社がブロックチェーンを企業が導入するために提供しているのが「mijin」です。この「mijin」自体もネムのプロジェクトの一環で、ネムのテクノロジーを活用して開発されています。すでに多くの企業が「mijin」を採用しました。資産管理や決算、情報処理とさまざまな用途があり、日本電気株式会社(NEC)や野村総合研究所、SBIポイント株式会社など多くの企業が実証実験や実用途に利用しています。「mijin」の将来性や機能に注目が集まることで、ネムのテクノロジーも脚光を浴びる機会が増えるでしょう。

さらに「mijin」の大型アップデート、カタパルトの実装も大きな話題になりました。カタパルト実装で採用されたのがNoSQLです。シンプルかつスピーディーで大量の情報を処理できるデータ管理システムで、このことで大幅に処理能力が上がっています。

例えば、ビットコインの処理速度は1秒に7件程度で、高速処理が可能なリップルでも1秒に1,000件ほどです。ところが「mijin」であれば1秒で最大4,142件の処理が可能になります。これは超大手クレジット会社VISAのスループスロットに匹敵します。また他にもマルチシグやAPIサーバーとの分離など多くの改良がおこなわれています。まだ2018年3月時点でネムにカタパルトの実装はされていませんが、今後実装されるという憶測もあり、市場はその将来性に関心を寄せています。

ネムの将来性 まとめ

ネムは日本とのかかわりも深くて将来性がよく注目される仮想通貨です。値上りを期待して投資するだけでなく、その将来性を見込んでサポートするつもりで購入する人もいるでしょう。また、これからのカタパルト実装などのニュースにも市場の関心が寄せられます。

取引所一覧を見る

ネムに関する他の記事