ネムの買い方・購入方法 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ネムの買い方・購入方法

ネムのかしこい買い方。簡単な購入方法は?

 ネムは2017年には100倍以上の値上がりを見せた注目の仮想通貨です。2018年には主要仮想通貨にひけを取らないより一層の人気が予想されます。ネムの2018年の予想とお得な買い方や簡単な購入方法について説明します。 

初心者こそネムを買っておきたい理由

ネムには、ネムを応用したプロジェクトがあり、幅広く活用することができます。まずは「mijin」と呼ばれるプロジェクトです。これはネムの技術を活用し、プライベートに使えるように開発されたブロックチェーンプラットフォームで、法定通貨を扱う銀行や企業など、中央管理者がいるブロックチェーンです。これにより、企業は決済や契約、情報管理などを容易に行うことができるようになります。

COMSAも注目されているプロジェクトです。COMSAを利用することにより、企業はサービスのPR、ホワイトペーパーの作成を行なうことができ、異なる仮想通貨同士の取引も可能にします。

アポスティーユというサービスも行われています。これは公証として使えるもので、ブロックチェーン上の証明書の発行、監査と所有権の登記をすることができます。第三者を介することなく個人が簡単にウォレット内で証明書を発行することができる優れた機能です。

もうひとつ、特徴的な機能はマルチシグネチャ機能があります。共同でなにかを管理する際に、みんなの同意がないとなにもすることができないという機能です。つまり、持ち逃げなど誰か一人の利益になるような買い方や売り方ができないのです。相互の信頼感を高めることによってセキュリティ力をアップさせています。 

2018年もネムが人気な理由

2018年中にはカタパルトと呼ばれる大幅なアップデートが期待されています。カタパルトが行われると、処理速度が向上しクレジットカードの処理能力に近づき、取引の契約内容を自動的に実行し保存する機能、スマートコントラクトも搭載されると言われています。これからも機能を向上させながら進化していくことが期待される仮想通貨です。支払いの決済にも使いやすくなることが予想されます。

ネムはその特性上、コミュニティの活動が活発です。多くのユーザーを抱え、しかも活発に取引を繰り返す活動的なユーザーが多いことが特にネムの特徴となっています。ネムのシステム「mijin」の普及も見逃せません。このように、人気のネムは今後扱う取引所、販売所が増えていくことが予想されます。購入方法が増えることで、仮想通貨初心者の方にも買いやすくなり、買い方も簡単になっていきます。 

ネムの簡単な購入方法

購入するには、まず、仮想通貨取引所、または販売所でアカウントを作成する必要があります。ネムはまだ限られた仮想通貨取引所、販売所でしか扱っていません。仮想通貨の取引種類の多い海外の取引所を使うことも可能ですので、興味のある方はチャレンジしてみるのも良いでしょう。海外の取引所の買い方は日本の取引所とほぼ同じですが、日本円で入出金ができませんので注意が必要です。

日本ではネムの現物取引はZaifで取り扱っています。Zaifの運営会社テックビューロ代表がネム財団の理事であり、日本での取引高の面からも購入しやすくなっています。DMMBitcoinでもネムを扱っていますが、こちらはFXのみで現物取引は行われていません。買い方には注意が必要です。 

ネムの買い方

Zaifでの購入方法を紹介します。Zaifには販売所と取引板の2通りの買い方があります。販売所ではスプレッドに注意が必要ですが、金額が良ければすぐに約定することができる購入方法です。販売板では、成行と指値の2通りの購入方法があります。成行は現在の価格、指値は希望の価格で買う買い方です。指値は売主がいなければトレードが成立しない購入方法ですが、目標の金額を設定でき、トレードできない場合はキャンセルすることもできる買い方です。全体的な投資目標が立てやすい購入方法です。

Zaifにはコイン積立という購入方法もあります。毎月定額を積み立てていくので相場に一喜一憂する必要のない購入方法です。値動きの大きい仮想通貨には安心できる買い方です。ドルコスト平均法によって、大きな損失を回避することができる購入方法でもあります。初心者の方におすすめの買い方です。

ネムの貨幣ペアは、ゼムと日本円ゼムとピットコインの2種類があります。どちらのペアでも購入方法は同じですが、日本円で引き出す予定の時には、ゼムと日本円のペアを選択する方が良い買い方です。送金する際には、必ずメッセージをつける必要があることも大きな特徴です。これにより、一層安全性が高められています。このメッセージはネームスペースがあれば省略することが可能です。 

ネムの買い方について まとめ

ネムは、メンバーが集まるフリーマーケットやバーが開店するなど、コミュニティの大きな広がりを見せています。開発もエコシステムを利用して簡単に行うことができ、今後、大きく利便性、安全性を高めていくことが予想されます。ハーベスティングを行いながら触れると、より楽しさが広がります。

取引所一覧を見る

ネムに関する他の記事