ネムの仕組み | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ネムの仕組み

ネムの仕組みとは?特徴をわかりやすく解説

 

仮想通貨ネムには、一部の資金を持ったグループに報酬が偏らないように作られているという特徴があり、マイニングという作業の代わりに収穫(ハーベスティング)という作業があります。ハーベスティングとは、PoI(Proof of Importance)というネム独自のアルゴリズムが利用される仕組みのことです。具体的にみてみましょう。 

ネムの驚きの新しい特徴

ネム(NEM)の名前は「New Economy Movement」の頭文字を使っています。平等な分散型プラットフォームの仕組みはコミュニティ志向と言われています。独自トークン「モザイク」を発行し、マルチシグニチャー、分散型の取引所システムを採用し、メッセージ送信も行います。ネットワークに参加している人たちをお互いに評価し合う「Eigen Trust++」という評価システムも導入されています。

ネムの単位はXEM(ゼム)が使われます。ネムではハーベスティングに成功してXEMを得ることが重要です。ハーベスティングに成功する確率を上げるには、アカウントにつけられたPoIスコアが高いほど有利な仕組みになっています。

PoIとは、ブロックチェーンにどのブロックを追加するか決定するためのルールで、コンセンサスアルゴリズムと言われています。PoIスコアを上げるには、ネムのネットワークに積極的に参加し、XEMのやりとりを活発にする必要があります。持っているXEMの残高だけでなく、取引を頑張った人に機会が増える仕組みのネムは多くの人に好感を持たれています。 

ネムの3つの特徴についてさらに詳しく

ネムの独自トークン「モザイク」、評価システム「Eigen Trust++」、「ハーベスティング」についてさらに詳しく説明します。

「モザイク」とは、ネームスペースと呼ばれるドメイン名を取得したユーザーが、独自のトークンを発行できる機能です。例えば、企業が自社の商品やサービスでモザイクを使うことができる仕組みです。自分のトークンを自分で発行することができればビジネスチャンスが大きく広がります。

「Eigen Trust++」とは、ネットワーク参加者が相互に評価をする仕組みです。ネットワークに悪意のあるユーザーが参加していれば、見分けることが容易になります。悪意のあるユーザー、問題のあるユーザーを排除することで、より安全で健全な取引を行うことができる仕組みです。

「ハーベスティング」とは、PoIに基づいて取引データをまとめたブロックを生成する作業です。XEMの取引手数料をネムのコミュニティに参加しているユーザーに再分配する仕組みで、「ローカルハーベスティング」「デリゲート(委任)型ハーベスティング」の2種類が設けられています。 

特別なノードには高額の報酬も

もうひとつのネムの特徴としては、「スーパーノード」の存在があります。スーパーノードはネムのネットワークを支える重要な役割を割り当てられるノードで、一定額以上のXEMを所有しているなど厳しい条件をクリアする必要があります。高額な報酬を与えられる特別な存在です。

このようにネムでは、ユーザーが主体性を持って参加し、コミュニティに貢献することが求められ、役割を果たした人には決められた見返りが約束されいます。この仕組みはネムの大きな特徴のひとつです。 

PoIスコアを上げるためには

PoIスコアを上げるためには、ネム独自のコミュニティの貢献度が重要視される仕組みになっています。コミュニティに重要なユーザーから順に報酬を得ることができる仕組みです。この重要度をはかる仕組みは非常に複雑なアルゴリズムで決定されていますが、概ね「1回の送金は1000XEM以上」「10000XEM以上のユーザーからの入金で既得バランスをとる」「30日以内に取引をする」など、XEMをより多く持っていることはもちろん、取引を多く行うコミュニティへの貢献度が重要だとされる仕組みになっています。

ネムにとっては、ただXEMを多く所有しているだけのユーザーは重要度が低いとみなされる仕組みです。取引を多く行い、XEMの取引手数料をネムの参加者に再分配するハーベスティングを行うことで、コミュニティへの貢献度を上げることができます。

ただし、PoIスコアを上げるために、同じアカウントの間で、小額の取引を頻繁に繰り返すようなことをしても貢献度は上がりません。あくまでも、コミュニティの中での適正な取引が対象となる仕組みが作られています。ひとりのユーザーが多額のXEMを保有し続けても、PoIスコアは上がらないため、取引手数料としてコミュニティに還元する行為を通して富の再分配が行われやすくなるという仕組みなのです。 

ネムの仕組み まとめ

ネムは2015 年に「New Economy Movement(新たな経済活動)」というプロジェクトから生まれた仮想通貨です。2014年に公開された企画をもとに作られ、日本人が中心メンバーにいることで話題になりました。ネムの思想に共鳴する人々や単価が安く購入しやすいことから爆発的に広がっています。ぜひ、手に入れておきたい仮想通貨です。

取引所一覧を見る

ネムに関する他の記事