ビットコインキャッシュの歴史 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットコインキャッシュの歴史

ビットコインキャッシュが生まれた歴史的背景と特徴とは?

仮想通貨取引の際に問題となるのは、どの仮想通貨取引に投資するかという点です。仮想通貨と一言でいっても、それぞれ特徴や歴史があります。特に仮想通貨の中でも有名なものはビットコインでしょう。

しかし、ビットコインの歴史や抱えている問題などについてはご存知でしょうか。仮想通貨の歴史を知ることで、その将来性や値上がり期待への判断にもつながるはずです。仮想通貨の中でも混乱しやすいビットコインキャッシュの歴史をまとめました。

ビットコインが抱えている問題と解決への歴史

ビットコインキャッシュという名前を聞いて、一番気になるのはビットコインとの関係かもしれません。ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークで生まれたという歴史があります。

初めにビットコインが抱えている問題から説明しましょう。仮想通貨は市場拡大に伴って、データ容量が足りない事態にありましたビットコインはブロックチェーン技術を利用して取引をブロックと呼ばれる台帳に書き込み、それがつながるようになっています。ところがトレードが増加することで、ブロックの大きさが足りなくなります。

容量が足りなくなれば、取引の遅れや取引の停止などの事態にも陥りかねません。そこでさまざまな方策が提案されました。その中でも支持が集まったのがSegwitというデータを圧縮する方法。これを導入するために用いられようとしていたのがユーザー・アクティベート・ソフト・フォーク(User Activate Soft Folk)という手法ですブロックチェーンでいうフォークとは分岐を意味します。この分岐によって修正をおこなうことができるのです。

一方でこのUASFに反対するグループもあり、意見は分かれました。そこで誕生したのがビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュはユーザー・アクティベート・ハード・フォークという手法が使われています。

ハードフォークとは古いソフトウェアと互換性がない、つまり全く新しいブロックを作るシステムです。ハードフォークとは対照的にソフトフォークでは古いソフトウェアからも有効な互換性があるブロックを作ります。

これらの仕様変更はユーザーが判断し、意見が分かれれば両方が存在することもあります。今までの仮想通貨とは全くの別物として扱われるため、対立することなく並行して存在することになります。

ビットコインのスケーラビティ問題を解決する手法

ビットコインのブロックサイズに関する課題の解決は歴史のものではありません。まだマイナーや開発者の間で意見が分かれている状態です。

2017年7月21日にはビットコインのマイナーが「ビットコイン改善提案 (BIP) 91」をロックインし、アクティベートされました。

さらに歴史の中でニューヨーク合意(NYA)というブロックサイズを2MBまで引き上げる合意もされ、多くの企業がサインしています。有名企業ではアメリカのCoinbaseやBitpayが支持しており、日本からはbitFlyerが合意しています。

しかし、2017年11月に予定されていたsegwit2xのハードフォークは見送られています。マイナーや開発者など多くの関係者の意見が分裂したことが原因と言われています。それに伴って市場も大きく影響を受けました。

ビットコインキャッシュが生まれる前にはビットコインアンリミテッドというマイナーが自由にブロックサイズの上限を上げられる仕組みなども歴史の中で提案されました。

ビットコインキャッシュの歴史

ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークとして誕生しました。

ビットコインキャッシュはビットコインの取引は受継いでいるものの、新しい取引は分離されます。ビットコインキャッシュではビットコインで問題となっていたブロックのサイズを8MBまで上げているため取引の処理にも余裕があります。発行後、ビットコインキャッシュは多くの仮想通貨取引所で採用されることになりました。

しかし、ビットコインキャッシュはビットコインとの関係など顧客の混乱があり、ティッカーコードもビットコインやBTCで、ビットコインキャッシュがBCHで似ているため混乱の原因になったと言われています。ビットコインキャッシュという仮想通貨自体もビットコインの値動きやニュースの影響を大きく受けます。ビットコインの代替通貨ともみられるため、ビットコインの先行きが不透明な時に上がる性質もあります

仮想通貨業界は歴史とともに参加者や参画する企業も増加して、広く一般的になったと言われています。しかし、いまだに不透明な点も多い業界ということができるでしょう。

ビットコインのスケーラビリティの課題やハードフォークの今後はその代表的なものでもあります。仮想通貨は注目が集まっているため、これからもトレードの増加が予想されています。仮想通貨をトレードするのであれば、このようなハードフォークの歴史やそれによるリスクも理解しておくことをおすすめします。

 

取引所一覧を見る

ビットコインキャッシュに関する他の記事