ビットコインキャッシュの仕組み | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットコインキャッシュの仕組み

ビットコインキャッシュの仕組みとは

 

仮想通貨投資が非常に注目されており、仮想通貨投資に関するニュースが連日報道されています。中でもビットコインは高い知名度を誇っていますが、そのビットコインから派生した仮想通貨としてビットコインキャッシュが誕生しました。

そのため、ビットコインキャッシュ投資に興味を持つ方は数多く存在していますが、その仕組みについて正しい知識を持った方はまだまだ少ないことでしょう。仕組みに関する正確な知識を持たずに投資にチャレンジすることはあまりに無謀です。そのため、こちらではビットコインキャッシュの仕組みについて解説いたします。仕組みを知った上で投資をしましょう。

ビットコインキャッシュの特徴

仮想通貨市場にはいくつもの仮想通貨が存在していますが、中でも最も知られているのはビットコインでしょう。しかし、仮想通貨市場が拡大することでビットコインの送金が遅くなってしまい、手数料も高額になっていたという課題がこれまで存在していました。ビットコインは1ブロックあたり1Mバイトというデータ容量の制限があるため、1秒間で3件までの送金しか出来ませんでした。しかし、ビットコインキャッシュはブロックサイズを8Mバイトまで引き上げたことで、送金時間を一気に短縮することが可能になったのです。

さらに、ビットコインの取引手数料が高額になってしまい、取引に参加出来る方が限られていました。しかし、ビットコインキャッシュはそういった手数料を抑えることに成功しており、1日数ドルで生活をしている方でも投資が可能になっているのです。

ビットコインキャッシュの誕生した経緯とは

ビットコインとは本来、非中央集権を掲げて誕生した仮想通貨です。しかし、実際のビットコインは一部の少人数の開発者によって運営されています。そのため、ビットコインからハードフォークして誕生した仮想通貨がビットコインキャッシュなのです。

しかし、このハードフォークという単語は聞き慣れないものかもしれません。仮想通貨投資を始めるのであればハードフォークの仕組みについても知っておく必要があります。

ハードフォークとは仮想通貨のアップデートを意味しており、より使いやすくするためにシステムを改良しているのです。フォークとは分岐という意味を持っており、ハードフォークをすることでビットコインはビットコインキャッシュと分岐したものです。そして、ハードフォークによって分岐したため、これまでのビットコインと互換性がないという部分も特徴の一つです。そのため、旧仮想通貨と新仮想通貨として、それぞれ共存出来る仕組みになっているのです。

ビットコインとの違いについて

ビットコインからハードフォークすることで誕生したビットコインキャッシュですが、どう違うのかは気になる部分でしょう。ビットコイン取引数が増加したことで取引承認までに時間がかかっていました。これはスケーラビリティ問題と呼ばれており、何かしらの対策が求められていたのです。

このためにはデータ量を減らす必要がありますが、そこでビットコインはデータ量を圧縮するSegwitという方法を選んだのです。これによってデータ量が小さくなるため、スケーラビリティ問題を解消することが出来ます。

そして、スケーラビリティ問題のもうひとつの解決方法として、ブロックサイズの拡張があります。ビットコインキャッシュはこちらの方法を選んだのです。ビットコインのブロックサイズは1Mバイトでしたが、ビットコインキャッシュはブロックサイズを8Mバイトで拡張しています。そのため、データ圧縮であるSegwitを採用したビットコイン、データ量を拡張したビットコインキャッシュという違いがあるのです。両コインの仕組みはこれだけ異なります。

仕組みを理解して投資を始める

ビットコインキャッシュの仕組みを理解したことで、仮想通貨投資を始めようと考える方は多いことでしょう。何よりも大切なことはビットコインのスケーラビリティ問題をクリアするため、ビットコインキャッシュが誕生したということでしょう。この仕組みを踏まえた上で投資をしてください。

名前が似ているだけでなくビットコインから派生したことで、同じような仕組みと考えがちですがそのようなことはありません。それぞれはことなる価値として存在する仮想通貨なのです。ビットコインの仕組みをアップデートしたことから、現状としてビットコインキャッシュの方が決済通貨として優れていると言えるでしょう。そのため、仮想通貨投資のひとつとして視野に入れることをおすすめします。

ビットコインは広く知られた仮想通貨ですが、その取引量が増加したことで取引承認に時間がかかっていたのです。これはスケーラビリティ問題と呼ばれており、何かしらの対策が求められていました。そこで、データ量の拡張をすることで誕生した仮想通貨がビットコインキャッシュです。ビットコインのハードフォークによって誕生しましたが、両コインの仕組みは明確に異なりますので、それを理解した上で投資をしましょう。

取引所一覧を見る

ビットコインキャッシュに関する他の記事