リップルの取引所 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

リップルの取引所

リップルの売買ができる取引所はどこ?

 

リップルを取り扱っている取引所が増えてきています。仮想通貨は仮想通貨取引所で売買をされていますが、リップルに関しても日本国内外での取引所での扱いがスタートしています。

ビットコイン以上の発展をとげるのではないかと囁かれ、大暴落の憂き目を味わいながらも人気を集め続けているリップルコインの売買の方法や始めるならどこの取引所が良いかといった情報を紹介します。

リップルは取引所か販売所で売買を

リップルは、仮想通貨のひとつではあるものの、ビットコインとは違って直接支払いのためのコインではなく、海外送金などの利便性を高めるために作られたシステムであり、リップルで使用されている仮想通貨は厳密に言えば「XRP」というものです。一般的には「XRP」のことをリップルと呼んでいることが多いため、便宜的な呼び名として使用しておきます。

リップルは銀行決済のための仮想通貨であり、このテクノロジーのために海外送金のスピードや使いやすさの向上が叶いましたが、その一方で通貨としての価値も注目されるようになりました。そのため、ビットコインと同様に売買を行なうことで利ざやを稼ぐことも可能となり、その人気と注目度はアルトコインとしてはイーサリアムやライトコインなどとともに上がってきています。

その購入方法もビットコインや他のアルトコインと変わりません。仮想通貨取引所、もしくは販売所で売買が行なえるようになっています。ただし、ビットコインやイーサリアムなどと比較すると現時点ではやや知名度が劣っており、取り扱いがない会社もまだまだあります。

また、取引所などのシステムには違いがあり、日本円建てで取引が出来る会社もありますが、中にはビットコイン建てや他の仮想通貨建てのみの取り扱いとなることもあるため、自分の利用方法に合った会社を選ぶことが大切です

リップルが買える日本の取引所

リップルを売買したい人が利用しやすい日本の取引所を紹介します。日本人向けに日本円と日本語対応があるため、安心して仮想通貨の売買をスタートしやすくなっています。また、セキュリティなども充実していたり、企業の母体も大きかったりするなど、安全性も高いイメージです。ただし、それぞれに手数料の違いや流通量の差によって価格の違いなどがあるので、それぞれを比較しながら売買を検討する必要があります。

bitbank(ビットバンク)は、日本円(JPY)建てで取引できる会社です。比較的人気が高く、国内では信頼性があるといえるでしょう。売買高が高いため、どちらかと言えばスムーズに自分の希望に近い価格での売買が行ないやすい取引所です。また、他の仮想通貨の取り扱いも豊富です。日本円出金手数料は540~756円で、取引手数料は無料となっています。

DMMビットコインは、日本の取引所として売買高も高く、日本円(JPY)建てで取引可能な会社です。有名なDMM.comグループで、高い信頼性を感じます。リップルのサービスはレバレッジ取引のみとなっており、取引手数料は無料ですが、スワップ手数料があります。

BitTrade(ビットトレード)はFXで有名な企業の関連会社であり、規模はやや小さめですが、信頼性は高めです。リップルのほか、日本生まれのモナコインなど豊富なコインの取り扱いがあります。日本円出金手数料は648円、取引手数料は0.2~0.7%です。 

注目のリップルが買える取引所

日本以外でも利用しやすい仮想通貨取引所はあります。ただし、日本円建てでの利用が出来なかったり、言語やセキュリティで不安を感じたりすることもあるため、慎重に検討することが必要です。

QUOINEXは、日本円(JPY)建てで取引可能で、10社以上の海外取引所と接続しておりスプレッドが業界最強クラスといわれています。シンガポールで創業したアジアとしては規模の大きい取引所です。日本円出金手数料は500円、取引手数料は無料となっています。

Binance(バイナンス)は、BTC、ETH建てで取引が可能となっています。海外の会社で世界取引高ナンバーワンといわれており、取り扱いのコインの種類が多いことが特徴です。日本円でリップルを購入出来ませんが、手数料が安めでお得な取引ができそうです。

Huobiは、USDTやBTC建てで取引できます。海外の会社ですが、日本語対応があるため日本人でも利用しやすくなっています。

販売所でも購入は可能

リップルを購入したいなら、販売所でも利用可能となっています。販売所は取引所と比べると売却と購入の差額が大きく、取引手数料よりも高く付いてしまうこともありますが、確実に購入できる点は魅力です。とりあえず仮想通貨の投資をスタートさせたい、確実に購入できる方が良い、と言う人は販売所で購入してから売買を発展させていくのも良いでしょう。有名な販売所としては、Coincheck(コインチェック)GMOコインなどがあります。


リップルはアルトコインとしては人気が高い方であり、いろいろな場所で売買が可能となってきています。取引所も国内外のものを使えるので、利便性や安全性などを比較して選んでみましょう。

※「Coincheck(コインチェック)」は現在、一部サービス停止中

取引所一覧を見る

リップルに関する他の記事