リップルの仕組み | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

リップルの仕組み

普通の仮想通貨とは異なるリップルの仕組みとは

 

元々仮想通貨は通貨の垣根を超えた、グローバルな視点での経済活動を目指すためのものとして生まれました。そのため、投資として使われることはむしろ派生的なものといえるでしょう。複数ある仮想通貨の中でもリップルは他の仮想通貨と違った仕組みがあり、投資家のみならず、金融機関を始めとする企業からも注目が集まっています。リップルの仕組みと現在の貨幣とのつながりを詳しく見ていきましょう。 

仮想通貨だけではない送金・決済手段としてのリップル

単に「リップル」というと仮想通貨の一つと捉えがちですが、これは、アメリカにあるRipple.incが開発した送金・決済システムの名称でもあります。少しややこしいのですが、この送金・決済システムと、その仕組みで使われる通貨の名称が共に「リップル」と呼ばれています。他の仮想通貨はあくまで円やドルといった異なる通貨の代わりの価値を持ち、ドルやユーロという通貨が使えないところで利用する、という捉え方をされがちですが、リップルという仮想通貨及び送金・決済システムの場合は、円やドルのような異なる通貨の橋渡しをする、という動きをします

リップルが持つ可能性と実用性

リップルの異なる通貨の橋渡しを行うという仕組みによって、本来は「ある国の銀行で自国の通貨から他国の通貨に両替してその国に送金し、そこから相手の銀行にお金を振り込む」という時間と手間のかかる、異なる通貨同士の決済にかかる時間を短縮させることができ、またこの送金・決算システムは自動で一番安く費用が少ない経路を自動で探し出し、そこで換金する仕組みがあるため、送金にかかる費用のコストダウンが見込めます。

この仕組みからリップルは「一番実用化される可能性がある仮想通貨」という呼び声も高く、そのシステムは世界各国の金融機関からも注目されています。日本人に馴染みの深い所ではアメリカンエクスプレスカードや日本のMUFGグループ、みずほ銀行がリップルとの提携を行っています。そのほか、SBIグループやGoogleなども、リップルの運営母体であるRipple.incへ出資を行っています。

気になるセキュリティ対策について

リップルは他の仮想通貨とは異なり、ブロックチェーンと呼ばれる今まで利用してきた情報を都度組み込んでいく仕組みは取っていません。その代わりに管理者であるRipple.incが選定したValidator(=承認者)と呼ばれている企業の一定数の承認があって初めて情報が書き込める仕組みを取っています。

ValidatorにはSBIホールディングスやマイクロソフトのような、世界的に信用のある企業が選定されています。他の仮想通貨と異なり管理者の権限が強いという印象がありますが、この仕組みも金融機関が注目をしている理由の一つです。

リップルへの投資は二面性を持つ

リップルは仮想通貨だけでなく、送金・決済システムの名称であるように、投資も二面性を持っているように思います。その一つは勿論仮想通貨としての価値や投資になりますが、もう一つは「新しい送金・決済システムへの期待と、その仕組みに対する投資」ではないでしょうか。

今後、リップルの送金・決済システムがより安全で身近になることで、仮想通貨としてのリップルの価値も上昇する可能性は否定できません。既に金融機関向けの送金・決済システムとして、仮想通貨のリップルが介入しない仕組みのものも開発されています。このような仕組みが増え、仮想通貨に対して懐疑的な方にも恩恵が享受出来るなら、投資としての価値や魅力も更に増えることでしょう。

価値変動の仕組みと投資対象としてのリップル

ドルや円といった国家が価値を保証している通貨と同様に、仮想通貨は世界中で利用できる通貨に育つことへの期待と将来性という部分が、価格上昇の原動力になっていると言えます。そのため、仮想通貨の利益になるような報道や仮想通貨が値上がりするという期待感が市場にあると、価格が上昇し、逆に今後の仮想通貨の利用に関して問題が発生するような事件が発生したり、仮想通貨が値下がりするという空気が市場にあったりすると、価格が下落する傾向があると言えるでしょう。

投資対象としてのリップルは世界第3位とも言われる取引量と独自のシステム提携企業のブランド力がその魅力として挙げられます。その点をどう評価するかは、投資する方の判に委ねられます。 


仮想通貨が今後どのようになるかは未知数ですが、既に通貨としての価値を見出している以上、これからの将来性に強い期待を抱くことが出来ると言えます。そして、ここまでのシステムをより簡単かつ安全に運用できる仕組みが構築されたならば、この流れはより一層加速することが予想されるでしょう。その中で、このシステムの根幹であるリップルの価値が今後どのようになるかは、興味深いところと言えます。

取引所一覧を見る

リップルに関する他の記事