リップルの税金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

リップルの税金

リップルで利益が発生するタイミングと税金について

 

新しい投資手段として仮想通貨が注目されていることについてはご存知の方も多いでしょう。いくつかある仮想通貨がある中でもリップルは人気の高い仮想通貨のひとつです。

取引量が多いことは勿論ですが、投資としてだけでなく利用時の決済にかかる時間が短いことや、アメリカンエクスプレスカードと業務提携を行っているというブランドイメージなどがその人気の秘訣と言えるでしょう。しかし、「仮想通貨には税金がかかる」という話などを聞いて、運用に躊躇している方もいらっしゃるかもしれません。リップルによる取引の税金の取り扱いはどのようになっているのか、詳しく見ていきましょう。

リップルを所持しているだけであれば税金は発生しない

仮想通貨の取引に関してよく起こる勘違いといえば「仮想通貨を所持していたら、それだけで税金がかかる」というものでしょう。

リップルの購入に当たって発生しているのは売買手数料で、売買手数料の中に消費税は含まれる場合があります。ただ、購入時や保有時にお手持ちのリップルがどれだけ値上がりして含み益と呼ばれる帳簿上の利益を出していたとしても換金していない限りは含み益に対しての税金は発生しません

仮想通貨の知名度が上がり、多くの人に認知される前からも仮想通貨を所持していた方はいらっしゃいました。それでも税金の支払いに対しての話が出ていなかったのはこのためです。お手持ちのリップルを売却した際に初めて税金の支払い義務が生じます所持しているだけで税金が発生するということはありませんのでご安心下さい。

リップルを売却して利益が出た場合の税金の支払い手続きはユーザー本人が行う

保有していたリップルがお客様の希望に見合う利益を出した時に、売却することで利益が確定されたら、その時点で税金を支払う義務が生じます。リップルの利益に対して支払う税金の手続きは取引所が行う、という制度はまだ確立されておらず、リップルを購入したお客様ご自身で、毎年2〜3月に行われる確定申告にて利益額を税務署に申告していただくことになります

リップルの売却益は雑所得として扱われるため、年間の売却益が20万円以下の場合は確定申告が不要です。税金の支払い義務もない場合が殆どでしょう。 

税金を納付するだけではない確定申告のメリット

20万円以下の利益であれば確定申告の手続きは不要な場合もありますが、巨額の利益が申告漏れの場合はいわゆる「マルサ」と呼ばれる国税局査察部が調査に入り、追徴課税の対象になることもあります。

この場合は経費の申請や税金の控除も一切認められません。確定申告は税金を取られるだけというイメージがあるかもしれません。しかし、あまり知られていないかもしれませんが、リップルを売却した利益に対する控除の適用や、利益を生み出すためにかかった経費の申告も認められるので、結果的に支払う税金額を抑制することになります。それはより利益を大きくすることになってしまうので、確定申告は必ず行うようにしましょう。 

リップルの売却益は約半分が税金になるという話の真偽

仮想通貨の売却益に対して約半分の税率が適用されるという話を、リップルの取引に興味のある方なら一度は耳にしたことがあるかと思いますが、この話は半分正解で半分は間違いといえるでしょう。日本は累進課税といって、高額の所得を得るとそれだけ税率も高くなるシステムとなっており、利益額が高くなると支払う税率が高くなります。

リップルの売却益が年間を通して20万円以下の場合は税金の支払いすら不要ですし、100万程の場合は5%になり、売却益が20万円以上になると10%の定額で発生する住民税を含めても税額は15%程度になりますが、売却益が年間4,000万円を超えた場合、実際には控除額が入ってはくるものの、所得税として利益の45%と住民税として10%、合計55%の税率になります。

まずは20万円以下の利益を目指す

投資をするからには利益はより大きい方が良いのですが、まずは少額で、確定申告が不要な20万円以下の利益確保を目指したリップルの運用を開始してみてはどうでしょうか。20万円以下の利益確保を繰り返した上で20万円以上の利益を生み出す頃には、お客様の中で大きな利益を生み出すための経験から得た知識が培われるのと同時に、納税に対する知識や態度も自然と養われていくことが多いです。


リップルの利用に関わる税金についてまとめてみましたが、リップルを初めとする仮想通貨への投資そのものがまだまだ過渡期の状態であり、これからの状況によって税金の取り扱い方法も大きく変わってくることが予想されます。

制度が大きく変わる時には必ずお客様に対しての告知が行われるので、その際は情報を見逃さないように気をつけましょう。また、投資は余剰資金で行うことが鉄則です。気持ちに余裕がある状態で楽しんでリップルの運用を行って、お手持ちの資産をより大きくしていって欲しいと思います。

取引所一覧を見る

リップルに関する他の記事