フィスコのビットコインキャッシュ | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

フィスコのビットコインキャッシュ

今後注目のビットコインキャッシュはフィスコで購入

 

2017年8月にビットコインは分裂を起こしました。その結果、新しく誕生した仮想通貨ビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュの将来性はどうか、そしてもし購入する場合どの仮想通貨取引所で調達するのがおすすめかについて、以下で詳しく紹介していきます。

そもそもどのような仮想通貨なの?

名称からもお分かりのように、ビットコインから派生して誕生した仮想通貨になります。2017年8月1日にビットコインが分裂を起こしました。ビットコインではかねてからスケーラビリティの問題を抱えていました。この問題解決にあたってどのような方法をとるべきか、コミュニティ内で意見の相違がみられました。その中で一部問題解決策に納得できなかった人が分裂して新しく作ったのが、ビットコインキャッシュになります。よって基本的な機能や特徴については、ビットコインのそれを引き継いでいると思っていいでしょう。

ビットコインとはどこが異なる?

ビットコインビットコインキャッシュは、基本的な機能・用途については全く一緒ですしかし先ほどのスケーラビリティ解決にあたって、ブロックサイズに違いがみられます。従来ビットコインの場合、1MBがブロックサイズでした。一方ビットコインキャッシュの場合、ブロックサイズを8MBとしています。さらにビットコインにはリプレイアタックというセキュリティ面でのリスクを抱えていました。この問題への対策を行っている点も両者の異なるポイントです。

値上がり要因がいくつかある仮想通貨

なぜ今回ビットコインキャッシュを取り上げているかというと、今後値上がりする可能性が充分期待できるからです。例えばビットコインと基本的な機能は一緒だと紹介しました。つまりビットコインの決済に対応しているお店であれば、同様に利用できるわけです。すでに世界中でビットコインの支払いに対応している店舗はあります。日本国内でも大手家電量販店など決済対応しているお店がちらほら出てきています。しかも先ほどもみたように、ビットコインキャッシュはビットコインよりもブロックサイズが大きいです。決済処理の速度もその分速くなるので、より実用性の高い仮想通貨ということもできるわけです。

また世界的な投資ファンドのグレースケールは大量に保有していたビットコインキャッシュを、2017年の11~12月にかけて一気に売却しました。通常大量に市場に売却をすれば、暴落するリスクが高まりますしかしグレースケールはそのことに関しては先刻承知ですから、激しい値動きにならないように徐々に売却を進めました。結果的暴落を防ぎ、底堅い値動きになりました。このようなリスク要因が排除されたことも、今後ビットコインキャッシュが買いといわれる根拠の一つです。

国内取引所で購入できる?

ビットコインキャッシュはビットコインをもとにしている仮想通貨ということで、ほかのマイナーな通貨よりも誕生当初から高い関心を集めていました。このため、まだ誕生してからそれほど時間がたっていないにも関わらず、国内の取引所で取り扱っているところはいくつも存在します。

いくつかある国内取引所の中でもおすすめしたいのは、フィスコです。フィスコ2016年4月に誕生した仮想通貨取引所です。この運営母体は取引所と同じ名前を冠する株式会社フィスコです。そもそもは投資支援サービスを中心に展開してきた企業で、設立されたのは1995年と、すでに20年を超える歴史を有しています。しかもフィスコは2006年に大阪証券取引所とジャスダックに上場しているほどです。フィスコは経営基盤がしっかりしていますから、中長期的な運用も安心して行えます。

フィスコの気になる手数料は?

フィスコのような仮想通貨取引所を利用する際、手数料がどのくらいかかるか気になるところです。まずフィスコでは、MakerTakerとで手数料を異なる設定にしているペアがあります。Makerとは自分の希望する金額で取引するTakerとは板取引に出ている価格で注文を出すことです。フィスコではビットコインキャッシュと日本円・ビットコインのペアの取引が可能です。それぞれMakerの場合であれば手数料は無料です。しかしTakerでトレードする場合には、それぞれ0.3%の手数料がかかりますからこの違いはあらかじめ理解しておきましょう。


ビットコインキャッシュビットコインをベースにしていて、ビットコインの抱える問題に改善を加えています。本家と比較するとまだ知名度はさほど高くないかもしれません。しかし実用性の高さが認知され始めれば、今後値上がりも充分期待できる仮想通貨といえます。こちらのコインを購入するのであれば、フィスコにアカウント開設をするのも一つの方法です。長年金融関連のサービスを行ってきた株式会社フィスコが運営母体になっていますから、安心して取引できるはずです。フィスコの場合手数料などのコストもあまり気にすることなく、積極的な運用も可能です。

フィスコに登録する

フィスコに関する他の記事