フィスコのレバレッジ | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

フィスコのレバレッジ

レバレッジ取引をおこなう上でフィスコは向いてる?

 

レバレッジ取引は、通貨取引をおこなう大きなメリットのひとつです。同じくチャートを使って価値の変動で利益を狙うものとしては、株式が有名です。ですがこの場合、レバレッジ投資はおこなえません。代表的なのはFXですが、同様に通貨取引であるという特徴を活かし、レバレッジ取引システムを取り入れている取引所も少なくありません。フィスコについては、レバレッジが利用できるのでしょうか。フィスコとレバレッジ取引の相性について、特集しました。

人気のレバレッジ取引の特徴

レバレッジ取引は、仮想通貨取引の種類の中でも人気があります。仮想通貨といえば、「億り人」という言葉が知名度を誇っています。2017年の仮想通貨バブルに伴い、億単位の利益を上げる人のことをそのように呼んでいます。特別な名称が流行っている状況からも分かる通り、そんな億り人に多くの人が憧れを持ち、注目しています。

レバレッジ取引は、そんな億り人に近づける可能性が高まる魅力的なトレード手法です各取引所で設定された倍率において、資金以上の投資をおこなってハイリターンを狙うことができるためです。それこそ、少額かつ少ない値幅であっても、億り人に近づけるかもしれません。だからこそ、多くの仮想通貨ファンが注目しているのです。 

フィスコにおけるレバレッジ取引

人気の高まりから、数多くの取引所にてレバレッジ取引のシステムを導入しています。そして、どれくらいのレバレッジ設定できるか、どの通貨がレバレッジ対応しているか、またチャートツールの使い勝手はどのような具合かなど取引所によって特徴が異なります。そのため、取引所選びからこだわる人も少なくありません。その点、フィスコはどういった感じになっているのでしょうか。

結論からいうと、フィスコレバレッジ取引はおこなえませんレバレッジ取引に対応した仮想通貨取引所が多数存在するなか、フィスコ数少ない未対応取引所なのです。資金以上の投資額を設定して一気に億り人を目指したい、そんな風に考えている人は、間違えないよう注意してください。

とはいえ、だからといってフィスコが魅力に欠ける取引所なのかといえば、決してそうでもありません。レバレッジ取引ができないことは、かならずしもデメリットばかりでもないためです。他の魅力を知って、うまく活用する価値は大いにあります。 

レバレッジ取引特有のリスクを自然に回避できる

資金以上の投資額でポジションをもった場合、大きなリターンに期待できますしかし一方で、同様にリスクも高まっていることを忘れてはなりません。大きなリターンが狙えるということは、同額の、もしくはそれ以上のマイナスを被る可能性も念頭に置いておかなくてはならないのです。特に仮想通貨ブームに乗ろうと最近になって始めたばかりの初心者については、安易にハイリターンを狙ってしまいがちです。大きな注意意識が欠かせません。

ですがフィスコなら、そもそもレバレッジ取引できないためその心配はまず必要ありません。資産以上の投資額でポジションを持てる取引所でも、使用さえしなければいい話ですが、そうもうまくいかないものです。つい相場の傾向に釣られて強気に出てしまい、思わぬ損害を被るという可能性は十分に考えられます。そもそもレバレッジ取引が存在しないフィスコであれば、確実にリスクを回避できます。堅実派、また世間の傾向に流されてしまいやすいタイプなどには、おすすめの取引所とさえいえるでしょう。 

取引手数料やスワップのマイナスを防げる

仮想通貨取引では、ことあるごとに手数料が発生するのが定番的です。入金や送金、売買など、アクションを起こすたびにといっても過言ではないほどでしょう。レバレッジにおいては、売買手数料スワップ日次手数料など特に取引以におけるマイナスが生じやすいです。短期取引やスキャルピングといった、こまめな売買手法も人気なので、その点特に注意が必要です。

フィスコであれば、そもそも現物取引以外できないため、こうした手数料によるまとまったマイナスを避けることに繋げられます。 

フィスコならではのトークンの取り扱い

現物取引に関しても、フィスコ大きな魅力を有しています。取扱通貨数自体は少ないものの、取引所業界全体でみても珍しい特別なトークンの取り扱いがあります。トークンへの投資に興味があるのであれば、レバレッジ取引ができないというデメリット込みでも魅力的に感じられるでしょう。

主には、フィスココインネクスコインカイカコイン3種類です。これらへの投資ができるのは、フィスコとその他ごくごく一部のみとなっています。マイナーなトークンであるため、まだまだ価値は低めです。今のうちに投資しておけば、今後高騰が起こった際には大きな利益に繋げられるかもしれません。それこそ、億り人が実現できる可能性すらあるでしょう。フィスコを検討する際の、大きなポイントのひとつとして覚えておいてください。


フィスコは、残念ながら現物取引以外対応していない取引所となっています。そのため、資金以上の投資額におけるハイリターンを狙う上では、適していません。ですが、上記の通り現物取引しかできないからこそのメリット、フィスコだからこその魅力というものも存在します。これらを有益に感じるようであれば、ぜひ前向きに検討してみてください。

フィスコに登録する

フィスコに関する他の記事