フィスコのスプレッド | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

フィスコのスプレッド

フィスコにおけるスプレッド設定をチェック

 

通貨取引をおこなう際には、手数料についても気にしておかなくてはなりません。手数料ということは、もちろん微々たる金額に他ならないわけですが、それでも塵と積もれば山となるではありませんが、繰り返し発生させていると結構なマイナスともなってしまいます。

スプレッドは、いくつかある中でも代表的な手数料発生なので、覚えておいてください。フィスコの場合は、どのようなスプレッド設定になっているのでしょうか。またそもそも、発生するのでしょうか。フィスコにおけるスプレッドの考え方について、ご紹介します。 

フィスコにおける仮想通貨の取り扱い

仮想通貨取引所選びをおこなう際、注目すべき点は取扱通貨の種類や知名度、安全性だけでもありません最初に、販売所か取引所かどちらを選ぶか、考えるべきです。どちらも仮想通貨を売買できる取扱所に他なりませんが、大きな違いも伴います。それは、売買をおこなう相手についてです。

販売所の場合、業者とのやりとりとなります。フィスコであれば、フィスコ仮想通貨取引所直接売買するといった具合です。それが一般的なようにも思えますが、取引所についてはまた異なります。こちらの場合、同じくフィスコを利用しているユーザーと取引する形となります。

その点、フィスコでは販売所形式と取引所形式の両方をおこなっています。主には、ビットコインモナコイン販売所形式、その他ビットコインキャッシュフィスココインネクスコインカイカコインの3種からなるトークンについては、取引所形式です。やりとりの違いに伴い、発生する手数料も異なってきます。しっかり覚えておきましょう。 

フィスコにおけるスプレッド発生

まず、スプレッドが発生する形式は、販売所の方となります。そのため、スプレッドが気になるのであれば販売所におけるシステムに注目すべきです。

フィスコにおけるスプレッドは、だいたい2~3%といわれています。取引額と連動するため、決して安い額ともいえないでしょう。この点、注意しておいてください。

また基本的に、スプレッドというのは一定ではありません。相場の動きや市場の状況などで、開いたり狭まったりするものです。特に仮想通貨に関しては、ボラティリティの大きさからその点顕著なのが特徴的です。そのため、あくまで目安として覚えておいてください。 

販売所でない取引所形式の手数料について

取引所においても、スプレッドが存在しないとはいえ事実手数料はかかってきますですが、上記に紹介したスプレッドと比べれば、結構抑えめであるのが実際のところです。販売所は、スプレッドがかかるものの取扱所自体とのやりとりになるため安心感がある、取引所はユーザー間取引ながら手数料が安い、このような位置づけとなっています。とはいえ、発生することに変わりはありません。取引所での手数料も、覚えておきましょう。

まず、3種のトークンを取引するケースです。日本円建て、BTC建ての2種類が選択可能となっていますが、いずれもtaker0.1%です。そしてビットコインキャッシュの場合は、少し高く設定されており、taker0.3%が発生します。takerとは購入時にかかる手数料であり、反対に売却する際のものはmakerと呼びます。makerについては手数料無料となっているので、安心してください。 

フィスコの通貨取引以外で発生する手数料について

仮想通貨取扱所における手数料は、通貨取引以外でも発生しますスプレッドと合わせて、覚えておいてください。たとえば、日本円の入出金における手数料です。フィスコでは、入金時には振込手数料負担が、そして出金においては、50万円未満350円50万円以上756円がかかる仕組みとなっています。都度発生するため、必要な際はまとめて出し入れするのが理想的でしょう。

そして、仮想通貨の入出金も忘れてはなりません。特にフィスコはビットコイン建てでの取引も可能であるため、利用を考える人も多いのではないでしょうか。まず入金に関しては、無料となっていますですが出金については、少し複雑なシステムとなっているので気を付けてください。それぞれ、ビットコイン0.0001~0.0005BTCモナコイン0.001MONAビットコインキャッシュ0.001BCHカウンターパーティートークン0.0008BCHとなっています。送金手数料に関しても、同様の値となります。


マイナーながら本格的に仮想通貨投資をしたい人に適したフィスコだけに、頻繁に取引して利益を狙いたいと考えている人も多いことでしょう。ですが、手数料の発生に関しても気を付けておかなくてはなりません。特に、販売所形式で発生するスプレッドは比較的高いため、気付かないうちに結構な出費となっているケースも充分考えられます。また、その他入出金時についても、気にしておくべきです。効率的に取引ができるよう、上記を参考にしっかり覚えておいてください。

 

フィスコに登録する

フィスコに関する他の記事