フィスコの入金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

フィスコの入金

仮想通貨のフィスコで取引・入金方法を紹介

 

国内の仮想通貨取引所の中でも、フィスコは上場企業が運営していることもあって、セキュリティ面など安心して取引できると評判の取引所です。そんなフィスコで仮想通貨の運用をするためには、口座開設入金必要になりますが、どのように行うのでしょう。フィスコの口座開設や入金の手続きを行う方法について、詳しく紹介します。

まずはフィスコのアカウント登録から

フィスコで仮想通貨の取引をするには、アカウント開設を行う必要があります。ホームページにアクセスすると、「無料登録はコチラ」というところがあるので、こちらをクリックします。するとメールアドレスを入力するページに飛び、「私はロボットではありません」というところにチェックを入れて送信をしましょう。

するとメールアドレス宛にメールがフィスコから届きます。その中にURLが書かれていますから、こちらをクリックしましょう。するとパスワード設定のページにアクセスできます。パスワードは自由に設定できますが、これから取引するのに必要になる大事な情報です。忘れないように紙などにかいて保管しておきましょう。続いて基本情報や銀行情報など、フォームに書かれている項目をすべて入力することです。

本人確認書類の提出

フィスコにアカウント登録するためには、本人確認書類提出が求められます。ほかの仮想通貨取引所でも必要な手続きですが、大半はパスポートを提出すれば完了します。しかしフィスコの場合運転免許証住基ネットカードマイナンバーカード在留カードいずれか1つパスポートの場合保険証住民票公共料金の請求書の中から1つをセットにして提出します。

健康保険証や住民票で提出するのなら、公共料金の請求書も一緒に提出する必要があります。免許証を持っていないと、書類の準備に若干時間がかかるかもしれません。

フィスコに入金をしよう

アカウント登録ができれば、フィスコに入金してトレードを始められます。入金方法ですが、日本円のほかにもビットコインやモナコイン、トークン、ビットコインキャッシュも利用可能です。すでに仮想通貨の運用をして以上で紹介したコインを持っていれば、そちらで入金することも可能です。しかし初心者であれば、日本円での入金が一般的でしょう。

日本円による入金方法ですが、銀行振込のみフィスコでは対応していますほかの仮想通貨取引所の場合、コンビニ入金やペイジーの入金にも対応しているところが多いです。それと比較すると多少不便に感じる人もいるかもしれません。

入金までの流れ

入金の具体的な方法ですが、まずトップページの上部に「アカウント」というメニューがあるはずですからこちらをクリックします。そして「入金と履歴」→「日本円入出金」を選択しましょう。すると入金金額を入力する欄が出てきます。ここに希望する入金の額を入力して、その下にある「入金開始」のボタンをクリックします。すると「振込先」と「振込名義書式」が表示されるはずです。ちなみに入金アクションですが、先ほど見たアカウント開設の際の本人確認手続きが完了していないと行えません。よって早めに入金してトレードを始めたければ、本人確認手続きを早めに進めることです。

振込反映されるまでにかかる時間は?

銀行の営業時間内に振込が完了すれば、数分で反映されるはずです。ただし人によっては氏名やIDの確認に多少時間のかかる可能性があります。このため余裕をもって入金手続きを進めるとよいでしょう。ちなみに銀行の営業時間外でも振込手続きはできます。ただし振込反映されるのは翌営業日以降になりますから注意しましょう。

住信SBIネット銀行に口座開設するのがおすすめ

住信SBIネット銀行というネットバンクがあります。もしフィスコで長期的にトレードを検討しているのなら、この住信SBIネット銀行口座開設するのがおすすめです。というのも住信SBIネット銀行からの振込であれば、24時間・365日いつでもほぼリアルタイムで入金反映されるからです。仮想通貨のレートは常に変動していますから、銀行の営業時間外に取引したくなることもあるでしょう。

そのようなときに住信SBIネット銀行からの振込であれば、思い通りのタイミングでトレードでき、利益確定できる可能性も高まります。ただし住信SBIネット銀行で振込する場合でも、振り込みの名義やIDが間違っているとオペレーターによる手動の処理が必要になり、時間が多少かかる恐れがあります。振込方法は事前に確認するように心がけましょう。


フィスコに振込する方法は、初心者でもそれほど迷わないほど簡単です。ただし銀行の営業時間外に振込すると、翌営業日までトレードを待たねばなりません。住信SBIネット銀行に口座があれば、いつでもほとんどリアルタイムで振込反映されますから、利益のチャンスをみすみす逃すこともなくなります。長期的かつ頻繁にトレードを検討しているようであれば、住信SBIネット銀行の口座開設手続きを済ませておきましょう。

フィスコに登録する

フィスコに関する他の記事