イーサリアムの将来性 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

イーサリアムの将来性

仮想通貨イーサリアムの将来性とは

 

ビットコインの知名度が上昇するにともなってその他の仮想通貨も注目されるようになってきており、中でもイーサリアムはアルトコインの上位にあるといわれています。そのようなイーサリアムには今後どのような将来性が期待できるのでしょうか。ここではアルトコインの一種、イーサリアムの将来性について初心者向けに解説します。

アルトコインでは上位の人気

今や世界中に何百種類もあるといわれている仮想通貨は、ビットコインとその他の仮想通貨「アルトコイン」にわけられています。そして非常に種類の多いアルトコインの中でも非常に取引が多い人気の通貨はイーサリアムです。ビットコインほど幅広く知られているわけではありませんが、仮想通貨に興味のある方の間でははずすことのできない通貨といえるでしょう。これほどの地位を確立している通貨でしたら、今後も将来性が期待できると思う方も多くなっていくはずです。

ビットコインに契約機能を加える

ビットコインの機能を元にしてイーサリアムは機能していますが、ビットコインでの取引に契約をプラスした機能のようなものになっています

さらに分かりやすく説明しますと、ビットコインでは相手にこちらから送金した履歴しか残りませんが、イーサリアムの場合は同時に返すことについての契約も自動的にしるされるのです。

すると取引はお互いにより確かなものとなり、安心してやり取りができるというメリットがあります。仮想通貨の売買は現金や品物を手にしている場合と違い、信用が重要になりますのでビットコインよりも契約機能が充実しているとなれば今後使いたいと思う方も増え、将来性にも期待が持てるでしょう。

2017年、価値が急上昇

2015年7月から取引が始められたイーサリアムですが、2017年になると価値が約100倍にもなりたった2年での急騰となりました。イーサリアムはビットコインのように初めは無価値というわけではなく、取引スタート共に価値が上昇していった仮想通貨でした。そのため早くにこの通貨を知り、取引を始めていた方大きな利益を手にすることができたでしょう。

しかしその後も価値は上昇を続けていますのでこれからの将来性にも期待する方が多く、アルトコイン内で上位といわれるほどまで成長してきた理由もわかるのではないでしょうか。とはいっても急落の可能性が全くないわけでもありませんので、様子をうかがいながら確かな取引をしつつ将来性を見極める必要があります。

今後イーサリアムの活躍が期待される場面

イーサリアムの大きな特徴にあたるスマートコントラクトは世界的大企業から注目されている機能ですので、今後導入され使われる場面が広がっていったとすると、イーサリアムの将来性はより確実なものとなるでしょう。ちなみにスマートコントラクトの導入が検討されているところには、自動車業界大手・銀行大手・インターネット関連大手など規模の大きな企業が多くなっています。

ではなぜ企業がこれほど注目するのかといいますと、クレジットカード以上の送金スピードを発揮するといわれるライデンネットワークの計画が上がっていることも理由のひとつでしょう。ビジネスにおいて金銭のやり取りが早ければ早いほど信用性のアップにもつながることなどが期待できますし、イーサリアムでの取引を企業間で行われるようになれば業務の効率アップにもつながるでしょう。しかしライデンネットワークは2018年4月時点でまだ実装されていないため、実装された時にはさらに将来性を期待する方々の影響もあり価格がアップするはずです。

また企業間や企業とお客様の間でイーサリアムを使った取引をするようになると手数料をより安くすることにもつながり、それは価格などに反映されることも期待されます。

さまざまなところで将来性が期待されている

2018年4月の時点では仮想通貨のトップといえばビットコイン、といわれていますが、将来性の点からしますとビットコインを超える時がくると米国機関では予想がされています。ビットコインも格付けされたランキングの中でその上にランクインしていたイーサリアムはこれからの将来性がとても高い仮想通貨といえるでしょう。

またそれだけではなく、これまでに仮想通貨の高騰や暴落を言い当ててきた高性能AIもイーサリアムの将来性をあげていますので、さらに価値アップの期待は大きいのではないでしょうか。

メディアへの露出も増え、ビットコインに追いつく勢いを持つイーサリアムは今後の将来性はかなり大きなものがあるといえます。今後も成長を続けると期待されるイーサリアムに興味をお持ちでしたら早めに取引所で口座開設をして取引を始めてみましょう。もちろんビットコインと合わせて取引をしてもかまいませんし、複数の取引所で分散させてもよいでしょう。あらゆる特徴を持った取引所がありますので、ご自身に最適なところを利用してみてください。

取引所一覧を見る

イーサリアムに関する他の記事