BTCBOXの入金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

BTCBOXの入金

老舗取引所BTCBOXに入金するための方法とは

 

仮想通貨取引の初歩として、まず入金作業が欠かせません。仮想通貨を購入するための、もしくはレバレッジポジションなどを置くための資金が必要となるためです。そのため、取引所に登録しても、この入金方法が分からなければ肝心の通貨取引はおこなえません。

今回は、BTCBOXにおける入金方法について。入金手順を覚えて、スムーズにBTCBOXでの仮想通貨取引を楽しんでみてください。

BTCBOXの魅力

入金は、どこの取引所も必須です。BTCBOXを選ぶメリットは、どのような点が挙げられるでしょうか。

特に大きな魅力としては、システムの安定性があります。BTCBOXは、2014年のサービス開始以降、2018年上旬現在に至るまで、システムダウンしたことがありません。膨大なデータ量やユーザーを誇る仮想通貨取引所、思わぬ高騰暴落時においても、サーバーダウンで注文できなくなるといった心配はないでしょう。

日本円を入金するには

BTCBOXへの入金は、まずBTCBOXログイン後、サイト内にある「入金」を選択しましょう。すると、「財産センター」項目内における入金ページに移動します。入金額と書かれた金額入力フォームが確認できるので、ここに入金したい額を記入します。入力が完了したら、「次へ」を選択してください。すると、入金申請が完了された状態となり、専用の振込口座情報が表示されます。この口座に対して、先ほど指定した金額を振り込んでください。

このときポイント
となるのが、依頼人指名です。個人名だけでは、入金確認に時間がかかってしまいます。
ですが、ID振込回数口座名義を並べて入力しておけば、迅速な確認に繋げられます。仮想通貨投資は、タイミングが命といっても過言ではありません。スムーズに資金が準備できるよう、忘れないようにしておいてください。 

日本円ではなく仮想通貨を直接入金する場合

同じお金を入れる作業でも、仮想通貨そのものを入金する場合は少し方法が異なります。まず、他の取引所やウォレットにおいて、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・イーサリアムいずれかの仮想通貨を用意しましょう。このコインをBTCBOXに移すことが、仮想通貨の入金作業にあたります。

BTCBOX側での作業としては、まず「財産センター」において「仮想通貨入金」選択します。そして、移したい仮想通貨のタブをクリックもしくはタップしましょう。すると、専用のアドレスが表示されます。あとはこのアドレスあてに、手持ちの仮想通貨を送って作業完了です。アドレスを間違うと、二度と通貨が返ってこなくなるという可能性も考えられます。慎重に、おこないましょう。 

日本円を入れる際の注意点

基本となる日本円を入れる作業ですが、ひとつ注意点があるので気を付けてください。それは、指定できる金額の下限が設定されているということですBTCBOXにおける下限は、10,000円となっています。他の取引所では5,000円から可能な場合もあるので、混同しないよう注意してください。

BTCBOXは、システムの安定感が大きな魅力となっている仮想通貨取引所です。取扱通貨がやや少なめではありますが、それをもゆうに補う魅力が感じられてなりません。安定レベルについては、世界的にみても屈指といえるほどです。上記のような入金の流れを知って、うまく仮想通貨取引に役立ててみてはいかがでしょうか。

BTCBOXに登録する

BTCBOXに関する他の記事