ビットポイントのライトコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットポイントのライトコイン

ビットポイントでのライトコインの取引がスタート

 

ビットポイントでは、新たなアルトコインとして、ライトコイン(LTC)取引をスタートしています。ライトコイン対応のスタートによって、ビットポイントジャパンが臨時システムメンテナンスを行っていたのは記憶にも新しいですね。

今回は、2018年に新たにビットポイントに加えられたライトコインについてのサービス内容について紹介します。ライトコインはアルトコインの中でも注目度が高めのコインなので、ビットポイントの利用メリットも広がりそうです。

ビットポイントでライトコインのトレードが開始

ライトコイン(LTC)は、ビットコイン、イーサリアムに継いで人気が高く、その使い勝手も良いと言われている仮想通貨のひとつで、実用性が高く、決済に使いやすいアルトコインです。ビットコインの問題点を元に改良された使いやすさで、注目度も高くなっています。

ライトコインの取引はいくつかの取引所でもすでに行われていますが、ビットポイントでも2018年1月14日にスタートすることになりました。このタイミングでもうひとつのアルトコイン、リップルの取引も開始されています。この2種類のアルトコインは、今後の仮想通貨の取引を牽引していく可能性を秘めています。

日本円との通貨ペアが可能

ビットポイントでは、ライトコインとの通貨ペアを「LTC/JPY」としており、日本円での購入、売却が可能。ビットコインとの通貨ペアのみを扱っている取引所もあるため、日本円で利用したい人はビットポイントを選択すると良いでしょう。

また、今後はビットポイントにも口座を開設して、ビットコインと日本円と両方の通貨ペアを使いこなしてライトコインのトレードを進めるのも良いかもしれません。いずれにせよ、ライトコインをトレードできる取引所と通貨ペアの選択肢が増えたことで、利便性が向上したと言えるでしょう。

レバレッジ取引、ビットポイントFX取引なし

ビットポイントでのライトコインのトレードでは、当面は現物取引のみ証拠金の入金が必要となるレバレッジ取引、ビットポイントFX取引は行っておりません。大きな利益を少額の投資で生むことができるレバレッジは魅力的ですが、リスクも大きいため、これを機にライトコインの取引をスタートさせる場合には、現物から始めるくらいでちょうど良いかも知れません。

ビットポイントの入出金・送金方法は

ビットポイントでライトコイン取引をスタートさせたい場合には、日本円(現金)入金または仮想通貨の入庫をする必要があります。また、売買を行った後に必要に応じて通貨を送金することができます。ビットポイントで入金や送金する際の手続き方法や単位をチェックしておきましょう。

口座開設申込や本人確認などを経て、無事に口座が作られたら、WEB取引ツールを利用して各種取引や送金などができるようになります。日本円の入金は即時入金サービスや指定銀行口座への振込で行うことが出来ます。即時入金サービスでは手数料はかかりませんが、銀行から振込みをする際の振込手数料はかかり、ユーザーの負担となります

また、仮想通貨の送金は仮想通貨送金ページから送付先アドレスの入力で行い、預け入れはアドレスとQRコードが提示されるので、それに従って行います。仮想通貨の預け入れと送金は基本的に無料です

ライトコインの送金額の最小限度は0.1LTC以上で、金額指定は小数第8位まで行うことが可能です。また、上限金額は上限値1,000LTCまでとなっています。送金には手続きから10~30分程度かかります。預け入れには上限も下限も設けられていません。

ビットポイントのライトコインのスプレッド

ビットポイントは仮想通過の取引所であり、販売所ではありません。取引所としての機能だけとなっています。ビットコインのスプレッドに関しては、そこまでの低さはありませんが、ライトコインに関しては、スプレッドが低めと言われています。まだ、スタートして間もないサービスであり、今後の展開がどうなっていくか分かりませんが、スタートした時点ではライトコインのスプレッドは低いと言っても良さそうです。

ただし、ビットポイントのホームページでは口座を作った人にしか情報がオープンにされていないため、実際に価格をチェックしたい場合には口座開設をしてみるしか方法がありません。誰にでも開示されていない分、利用しやすいとも言えるので、まずは口座開設をしてみて、利用のタイミングに備えておくのも良さそうです。

 
ビットポイントはライトコインのサービスをスタートしてまだ間もない取引所です。しかし、手数料やサービス内容の利便性などから考えると、ライトコインの取引をしてみたい人や他にも利用しやすい口座を探している人には次に登録をする口座として検討してみてもよいでしょう。スタート時点では、ライトコインは現物取引しか出来なくなっていますが、これからのサービスの充実と拡大もあるかも知れません。

ビットポイントに登録する

ビットポイントに関する他の記事