ビットポイントのリップル | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットポイントのリップル

ビットポイントでリップルは取引できる?

テレビCMだけでなくあらゆるメディアでも取り上げられるようになり、仮想通貨に興味を持つ方が増えてきています。中でもビットコインは決済や送金の手段としても用いられ始めており、そのおかげもあって仮想通貨が一層社会的な地位を確立したのではないでしょうか。

そして仮想通貨のひとつに「リップル」があり、アルトコインの中では比較的上位に格付けされているものです。ではこのリップルの取り扱いが比較的最近に始まったビットポイントで取引するとメリットがあるのでしょうか。ここではビットポイントでリップルを扱う時のメリットなどをご紹介します。

リップルの取り扱いがスタート

ビットポイントが設立された当初の取扱通貨は3種類のみでしたが、2018年1月にライトコイン、同年2月にリップルの取り扱いが始まりました。アルトコインの扱いはそれまでイーサリアムのみでリップルはありませんでしたが、種類が増えたことで投資先を複数にすることができ幅も広がりました。

これによりそれまではビットコインやイーサリアムにだけに絞って投資をしていた方も利益を手にするチャンスがさらに増えました。なぜならビットコインやイーサリアムだけでなくリップルの取引もすることで、仮想通貨の何かに注目が集まり価格が上昇した時に、それにともなって他の仮想通貨の価格アップも狙うことができるからです。

大企業やメガバンクが利用

投資の手段としてだけではなく、決済や送金の方法としても世界では選ばれているリップルですが、世界的な大企業やメガバンクが送金手段のひとつとして導入を検討しているといわれています

そのため多くの利用者を抱える企業や銀行がリップルを取り入れたとすれば、より多くの方にリップルの存在を知らせることにもなるので、早めにビットポイントで投資を始めておくとますます需要が高まり価格は上昇するのではないでしょうか。

ビットポイントでリップルを扱うメリットをチェック

仮想通貨を扱う取引所も人気の高まりに合わせて増えていますが、リップル投資を始めたい時にビットポイントを選ぶメリットはどのようなものがあるのでしょうか。ポイントごとにご紹介します。

取引や送金手数料が安い

仮想通貨は公的な通貨と違って間に第三者が入ることによりかかってしまう費用を省けることが特徴のため、何度も取引を行なったり取引金額が大きくなったりするとかさんでしまう手数料を0に近づけることができます。

その点ビットポイントでリップルの取引を行うと現物取引の場合必要となる手数料は無料です(2018年4月時点)。その他の取引所を利用した場合、少ないところでも0.001%程度は手数料を取られてしまいますので大変良心的でお得な取引所といえるでしょう。

メタトレード4が大変便利

リップル取引をビットポイントで行おうと選択した方の多くの理由が「メタトレード4を使えるから」というものでした。このメタトレード4とは仮想通貨投資に欠かせないチャートをチェックすることができるシステムで、これまでに投資を行っていろいろなチャートを見てこられた方からも高い評価を得ています。

とはいえ上級者向けの難しい内容ばかりになっているかというとそうではなく、初心者でも使いこなしやすいようにデザインされていますので、ビットポイントで口座開設された時は利用してみましょう。

安全性が高い

リップルのような仮想通貨を扱う時心配なことのひとつに、ネット上のセキュリティがあるのではないでしょうか。投資額が大きくなるほど、そして獲得した利益が大きく蓄積するほど資産がきちんと守られているのかを気になってしまいます。

その点ビットポイントは利用について2段階認証・携帯SMS認証・コールドウォレットあり・マルチシグネチャ採用といった安心のセキュリティが設置されていますので、ハッキングなどのリスクに対しても安心して取引が続けられます。

 
ビットポイントの取引開始当時はビットコインなど3種類の仮想通貨のみの取り扱いでしたが、2018年2月には5種類までに増え、仮想通貨取引所の中では少ない方といわれますが今後の種類増加も期待される取引所です。そのようなビットポイントでリップルの取引を行うメリットは、取引や送金にかかる費用が無料で余分な出費を抑えて投資にチャレンジすることができる点があります。

その他には、好評なメタトレード4を搭載しているので、リップルの値動きのチェックがしやすく取引もスムーズにできるようになっていることです。

またビットポイントの安全性の高さもリップル投資において大きなポイントです。このように初心者から既に仮想通貨投資を始めている方にとってもうれしいメリットを持っているビットポイントはリップルの取引先として優秀といえるのではないでしょうか。

ビットポイントに登録する

ビットポイントに関する他の記事