ビットポイントのスプレッド | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットポイントのスプレッド

ビットポイントの取引におけるスプレッドを知ろう

スプレッドは、ハイリターンが狙いやすい仮想通貨において、決して大きな存在ではないかもしれません。しかし、少額のスプレッドも繰り返し発生すれば大きな負担ともなりかねません。

ビットポイントで仮想通貨取引をするときにも、しっかり把握しておくことが重要でしょう。以下は、ビットポイントにおけるスプレッドの傾向や、押さえておくべきポイントについてです。せっかくの投資ですから、できる限り効率的におこなうに越したことはありません。

通貨取引におけるスプレッドの形式について

スプレッドは、いわゆる取引所への手数料のことです。購入価格と売却価格に差を設けて、その差額が業者に入るといった仕組みです。外国為替FXを利用し慣れている人としては、お馴染みの存在でもあるかもしれません。普通に取引するだけで毎回発生するため、へたをすると気付かないうちに結構な損をしてしまっていた、そんな状況に陥ることも。しっかり理解しておきましょう。

スプレッドの形式は、主に2種類に分かれます。完全に固定されたものと、相場状況に応じて細かく変動するタイプです

完全固定とはいえ、相場急変時に荒れるケースもみられますが、それでも平常時は安定しているので、手数料負担が少なく安心です。しかし、ビットポイントについては、変動型になっているようです。毎秒といっても良いほど頻繁に更新されているので、安いタイミングを狙ってお得に取引するというのはかなり難しいでしょう。他社以上に、ビットポイントのスプレッドには気をつけた方が良いかもしれません。

ずばりビットポイントのスプレッドは高いか安いか

頻繁に変動するタイプのスプレッドが特徴的なビットポイントですが、手数料としての費用感は、業界全体においてどのようになっているのでしょうか。この点は、比較的高いというのが実際のところです。

ビットコインを例に挙げると、他社が1,000円以下や2,000円前後であるケースも多い中、約10,000円近くの開きがみられるほど。取引所の中でもっとも高いというわけでもありませんが、比較的差が大きい種類に該当しているのが実際のところです。

だからといってビットポイントという取引所を悲観する必要はありません。確かにスプレッドはやや高い値となっていますが、その分他の手数料発生が良心的な設定となっているためです。たとえば取引手数料については、無料であるため一切かかりません。現物取引のみならず、レバレッジ取引、ビットポイントFX取引も合わせてこの仕様です。

さらには口座開設手数料・口座管理料・送受金手数料までもが無料。スプレッドに関しては高めであるのが事実ですが、ビットポイントの手数料を総合的にみれば、むしろ良心的にも感じられます。

ビットポイントの効率的な役立て方とは

スプレッドが広いことは、かならずしも大きなデメリットでもありません。取引の仕方によって、影響は異なってきます。ビットポイントの効率的な役立て方というものを、知っていきましょう。

スプレッドが広く手数料の発生しやすいビットポイントは、中長期的な投資に役立てることをおすすめします。つまり、一度注文を入れたあと、数時間、さらには数日を跨いでから決済するといった形です。こうすることで、頻繁に注文を繰り返す短期トレードやスキャルピングよりもスプレッド発生回数が抑えられます。

中長期で考えれば、それこそスプレッド手数料も微々たるもの程度に捉えることができるでしょう。

ビットポイントならではのメリットに注目

スプレッドが高くついてもなおビットポイントを利用したい、そんな風に感じさせてくれるようなメリットに着目するのも良いでしょう。その為のちょっとした手数料と考えれば、むしろ得にすら感じられます。事実、ビットポイントには独自の特長が伴います。

たとえば、外国通貨とビットコインのペア取引ができる点です。現物取引、そしてビットポイントFXで利用可能となっています。主には、現物取引ではUSD・EUR・HKDのそれぞれです。さらに、通貨ペアの特性を活かしてスプレッドを抑えるという工夫もできます。おすすめは、ずばりHKDこと香港ドルビットコインのペアです。ビットポイントのBTCHKDは、スプレッドが1,200固定になっており、低い値を安定的に利用することが可能となっています。また、注文操作からのタイムラグである約定すべりが少ないという評判もみられます。

FXを活用するなら、ぜひ香港ドルとのペアに注目してみると良いでしょう。

 
ビットポイントのスプレッドは、取引所全体でみても比較的高い値となっています。

しかし、他の手数料関連がほとんど無料となっているため、そこまで損に感じる必要もありません。上記のような工夫を活かせば、むしろ他所以上に使いやすい取引所に感じることもできるでしょう。ビットポイントのメリット面に着目して、うまく活用してみてください。

ビットポイントに登録する

ビットポイントに関する他の記事