ビットポイントの入金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットポイントの入金

ビットポイントにおける入金の流れについて

仮想通貨取引をおこなう上で、まずは入金をしなければ始まりません。資金と仮想通貨のペアで取引することにより、初めて相場変動による利益が狙えるためです。

その点ビットポイントに関しては、少し注意が必要かもしれません。複数の入金方法があり、また比較的新しい発展途上の取引所なだけあって、仕様変更も頻繁にみられるためです。正しい方法を理解して、スムーズに取引が楽しめるようにしてください。

ビットポイントの基本的な2種類の入金方法をチェック

入金作業はいくつかの角度からおこなえますが、まずは基本的な2つの方法についてご紹介します。

それは、即時入金振込入金です。どちらも銀行口座から日本円を入金する作業に違いありませんが、入金先や反映されるタイミングなどが異なります。名称の通り、すぐにでも日本円を入れて取引をしたいといった場合には即時入金そこまで急いでおらず、また幅広い手段で資金を入れたいときは振込入金が適しているでしょう。

まず即時入金については、指定されている2つの金融機関に口座を保有しており、さらにインターネットバンキング契約していることが必須となります。銀行機関は、イオン銀行とジャパンネット銀行のいずれかです。その名の通り、即時のタイミングで入金が反映されるため、スムーズに取引が開始できます。ただ16時以降および土日については、翌営業日扱いとなってしまうため、時間帯によって即時とならないことも覚えておいてください。なお、入金手数料は無料です

続いて、振り込みの形でお金を入れる方法です。こちらのメリットは、即時扱いではないものの、上記指定2社の口座を持っていなくても入金ができる点でしょう。ログイン後、ページ上部の「入出金・振替」プルダウンを選択して、入出金先口座情報をチェックしてください。するとビットポイント指定の3つの口座が出てくるので、都合の良いいずれかの振り込み先に入金しましょう。また即時でないとはいえ、平日9時~16時までであれば1時間ほどでの反映が基本となります。そこまでマイナスに捉える必要もないでしょう。

3つの振り込み先口座の選び方については、手数料負担の観点で選んでください。というのも、即時入金と異なりこちらは手数料お客様負担となっているためです。同じ銀行の口座であれば無料になるのが基本であるため、手持ちの銀行と同じ会社、もしくは提携しているような口座があれば、それを選ぶといった形が理想的でしょう。

仮想通貨を他の取引所からビットポイントに入金する場合

日本円以外の仮想通貨をビットポイントに入れる場合は、他の取引所、もしくはウォレットサービスなどから送金する形になります。ビットポイントでは2018年4月2日現在、ビットコインのほかイーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコイン・リップルの計5種の通貨を取り扱っています。そのため、これら5種類について他所から送ることができます。

方法としては、まずログイン後画面上部の「入出金・振替」プルダウンより、仮想通貨送受金項目内にある「受金(預入)」を選択します。すると仮想通貨5種類それぞれの、受金アドレスと受金QRコードというものが表示されます。これら情報を使って、送り元である取引所やウォレットから送金してください。送金の手順については、送り元によって異なるため、別途確認が必要になります

送る通貨の数量制限はありませんが、細かい値までは反映されないのが実際のところです。具体的には、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの4種類が少数第8位まで、リップルは少数第6位までといった具合です。受金手数料に関しては無料なので、送り元で設定された送金手数料のみ気にしておくと良いでしょう

ビットポイントに入金する際忘れてはならない注意点

取引所に振り込みでお金を入れる際、気をつけなければならないことがあります。これはビットポイントだけでなく、取引所全般でもちいられているシステムであるため、仮想通貨を取引し慣れている人にとっては定番的であるかもしれません。それは、振り込み時の名義についてです。

振り込みでお金を入れる場合、かならず指定された個別の数字も入力しておかなければなりません。これにより個人を識別して、金額が口座にされるといった流れであるためです。ビットポイントでは、9桁とやや長めの数字が使われているので、間違えないようにしてください。数字はビットポイント入金口座情報ページのほか、本人確認時に届けられた封筒でも確認できます。

万が一入力し忘れたら、サポートにメール連絡してください。

 
ビットポイントの入金は、いくつかの方法でおこなえるため、それぞれ特徴を押さえておいてください。即時反映されるもの、振り込みでおこなうもの、また仮想通貨のための方法などがあり、都合に合わせて利用できます。上記のビットポイントならではの仕様を理解して、スムーズな取引を実現してみてください。

ビットポイントに登録する

ビットポイントに関する他の記事