DMMビットコインの会社概要 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

DMMビットコインの会社概要

DMMビットコインってどんなところ?会社概要を紹介

 

仮想通貨が日本でも広く関心がもたれるようになりました。それに伴いコマーシャルで仮想通貨取引所の宣伝もしばしばみられます。その中でもひと際、大々的にプロモーションされているDMMビットコイン。ここではDMMビットコインがどのような取引所なのか、会社概要などを中心にご紹介します。

DMMビットコインとはどのような取引所?

DMMビットコインとはDMM.comが運営している仮想通貨取引所です。DMM.comはITビジネスを中心に多角的な事業を行っている会社です。

DMMビットコインの会社概要を見ると、サービス開始は2018年1月11日です。仮想通貨取引所の中では、後発の取引所といえます。しかし先述の通り、これほど大企業で潤沢な資金によって大々的にプロモーションをしていることからも、サービスの質は一定量担保していると思ってよいでしょう。

前身のある仮想通貨取引所

DMMビットコインはもともと「東京ビットコイン取引所」という名称で、株式会社テコテックの100%子会社でした。しかし2017年12月に株式会社DMM FX ホールディングスに株式を譲渡。そして2018年1月11日に「DMMビットコイン」という新しいブランドで運営開始したといういきさつがあります。(東京ビットコイン取引所のサービスは2018年1月4日をもって停止)

本社は東京日本橋。2017年12月1日には、改正資金決済法に基づき仮想通貨交換業者の登録手続きを完了。現在は正規の取引所です。日本には日本仮想通貨事業者協会という一般社団法人の業界団体があります。この団体の正会員でもあります。

新しい仮想通貨取引システムを採用

DMMビットコインの会社概要を見てみると、新しいシステムを採用していることがわかります。SimplexCryptoCurrency」と呼ばれる仮想通貨プラットフォームを導入しています。SimplexCryptoCurrencyとはシンプレックス株式会社の運用するプラットフォームです。

シンプレックス株式会社の会社概要を見ると、東京都港区に本社があり、大手金融機関向けシステムの開発・運用を20年にわたって行ってきました。この中で培ってきたノウハウを生かしてこの仮想通貨プラットフォームを提供しています。一般投資家の利用できるだけの耐障害性と信頼性を兼ね備えているといいます。会社概要の中では、仮想通貨にかかわるあらゆる機能がこのプラットフォームにオールインワンで提供しているとのことです。

仮想通貨取引所は好きな時にいつでもトレードできるのも特徴の一つです。シンプレックス株式会社の会社概要の中で、24時間・365日の運用・保守サービスを提供すると書かれています。なのでいつでも安定した環境で取引でき、安心して運用できます。

DMMビットコインの登録方法

DMMビットコインの登録手続きはきわめてシンプルです。

まずDMMビットコインのホームページにアクセスし、メールアドレスを登録すると、マイページにログインできます。すると本申込フォームが出てくるので、必要事項を記入します。申し込みが受理されると、DMMビットコインで審査を行います。もし審査通過すれば、郵便物が自宅に届けられます。郵送物に認証コードが記載されているので、これをマイページに入力すると本人確認手続きが完了し、入金すればトレード可能です。公式ホームページに詳しい手続きの流れが記載されていますから、こちらも参考にしてみてください

 
大手企業で経営基盤のしっかりしているところが運営母体なので、安心して登録・トレードできる仮想通貨取引所といえます。会社概要を見ても、利用者の立場に立ったサービス提供をしていて、コストもできるだけかからないところもユーザーの間で高評価を得ています

DMMビットコインに登録する

DMMビットコインに関する他の記事