DMMビットコインの入金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

DMMビットコインの入金

DMMビットコインの入金手続きノウハウ

DMMビットコインでは、簡単な手続きによって自由に現金の入金や仮想通貨の入庫を行うことが出来ます。利用するにあたって必ず使うことになる手続きなので、方法や時間帯、スピードなどをチェックしておきましょう。

いつでもスムーズにトレードに参加するためには、口座の管理は大切です。また、手続きを行う際の注意点もチェックしておきましょう。

DMMビットコイン入金方法

DMMビットコインでは、入金の方法としてクイック入金銀行振り込みというやり方があります。

クイック入金では、パソコンからでもスマートフォンからでもインターネットを通じて、DMMのアカウント内にある自分の口座に日本円を入れることが可能です。また、銀行振り込みでは、指定された銀行口座に振込みをすることで口座にお金を入れることができます。そうやって口座内に入ったお金をトレードの資金にします。

現金を入れる他に、ビットコインなどの仮想通貨を他の取引所やウォレットのアドレスから口座へと移動させることもできます。DMMビットコインでは、自分の利用しやすい方法で、自分の必要な金額、通貨を入れられ、トレードに使うことが可能です

実際に利用するには、アカウント登録と本人確認を経る必要があります。正式に葉書が届いて完了となるまで数日かかるため、ゆとりを持って手続きを終えておくことが大切です。

クイック入金を使用する

簡単スピーディに口座にお金を入れたい場合には、クイック入金が便利です。

まずは、パソコンやスマートフォンでDMMビットコインにログインをしてから、マイページを開き、「入金・入庫」に移動します。

クイック入金の場合には、画面に従って銀行名を選択してから、金額を指定して、手続きを開始するボタンをクリックします。申請内容の確認画面からそれぞれの金融機関にログインし手続きを終えます。利用最低金額は5,000円です。

銀行振込を使用する

銀行振込の場合には、DMMビットコインの指定する銀行口座へ振込みを行うことになります。好きな金額を振り込むだけで完了です。

指定される口座はユーザーによって違います。振込の名義人がDMMの登録と違っていると受け付けてもらえません。組み戻しになってしまい、余計な手数料がかかるため注意が必要です。振込金額に制限はありません。

DMMビットコインでは仮想通貨も入金できる

DMMビットコインでは、仮想通貨ビットコインやイーサリアムを入庫することもできます。

仮想通貨を入庫する際もマイページから行います。入庫したい通貨を選ぶと入庫用アドレスとQRコードが表示され、そのアドレスを使って取引所やウォレットなどから仮想通過を入庫します。

DMMビットコインで入金が利用できる時間帯

入金が利用出来る時間帯は、トレードのタイミングを逃さないために重要です。いつでもすばやく口座にお金を入れることができれば、良いタイミングを見つけたときに出遅れることもありません。

DMMビットコインでは、基本的には口座にお金を入れられる時間は24時間となっています受付は365日いつでも24時間行っています。ただし、メンテナンスが行われた際には、メンテナンス中はサービスの利用が制限されてしまうため、注意が必要です。また、即時反映しないケースもあるため、自分の判断したタイミングを逃さずにトレードを行いたい場合には常に余剰資金を口座に入れておくことも必要かもしれません。

入金のアクションが即時反映されるのは、クイック入金を利用した場合のみです。振込を利用した場合には、振込手続きの時間帯によって、即日~銀行の翌営業日とタイムラグが出ることがあります。

仮想通貨の入庫を行う場合には基本的に24時間365日受付で、セキュリティ及びブロックチェーンの問題で反映に時間がかかることがあると注意書きがされています。

また、クイック入金を利用した場合でも、システムエラーや通信回線のトラブルなどによって口座への反映が遅くなることがあります。

DMMビットコインの入庫での注意点

DMMビットコインでは、比較的スピーディに、いつでも好きな時に現金や仮想通貨などを口座へ入れることが出来ますが、注意しなければいけないこともあります。

現金や仮想通貨を口座へ入れる手続きを行ったら、そのたびにきちんと反映されたことを確認することが大切です。

特に仮想通貨の入庫の際には、入庫アドレスを利用して通貨を送付します。ところが、入庫アドレスを間違えて送付した場合や、違う通貨を送付した場合には、送った仮想通貨が失われる可能性があります。入庫の際には(もちろん出庫も)、送り先アドレスを間違えないように十分に確認してから手続きを行い、届いたことをしっかりと確認しましょう。

また、入金に際してDMM側では手数料はかかりませんが、振込に使用した金融機関の振込手数料などはかかることがあります。

DMMビットコインは口座入金の方法が2種類あり、仮想通貨の入庫でもトレードの準備ができます。利便性がそれぞれ違うため、自分の使いやすい方法を選んで利用することが必要です。

クイック入金で手数料が無料なのはDMMビットコインのメリットと言えそうです。

DMMビットコインに登録する

DMMビットコインに関する他の記事