DMMビットコインの手数料 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

DMMビットコインの手数料

DMMビットコインで手数料がかかるケースとは

 

DMMビットコインで仮想通貨の取引をしたい場合に、気になるのが手数料です。仮想通貨取引において各種手数料は唯一といって良いコストであり、仮想通貨取引所や販売所を比較する際に検討材料として慎重に判断したい部分です。

DMMビットコインを利用するにあたって、必要となる手数料の種類と金額などをチェックしておきましょう。

 

DMMビットコインで手数料がかかるケースとは

DMMビットコインは、DMMBitcoinという仮想通貨交換業登録業者であり、専門的に仮想通貨を取り扱う会社です。比較的、設立は最近ですが、支払うべき手数料も少ないことでジワジワと人気を集めています

基本的に仮想通貨トレードで手数料を気にしなければいけないケースというのは、以下のものが考えられます。

・現物取引の売買
・レバレッジ取引での売買
・現金(日本円)の入出金
・仮想通貨入出庫(ウォレットや他の取引所などのアドレスに仮想通貨を移動させたり、仮想通貨をウォレットや取引所から入金したりすること)

こういったやり取りは一般的には手数料がかかることが多く、売買でかかった場合には、最終的な決済金額と想定していた金額が違ってしまいます。もちろん、仮想通貨の売買においては、それぞれの取引所で、トレードされている通貨の金額や流通量の差による取引のしやすさなども違うため、総合的に見る必要があります。しかし、手数料も売買の利益に影響を与えるものですし、取引の仕方によっては大きな影響となることもあるので、慎重にチェックする必要があります。

DMMビットコインでは、入出金と送金における手数料は基本的には無料です。現金入出金では全面的に無料となり、仮想通貨の入出庫ではマイナーへの負担のみとなります。

一般的に手数料が必要となるケースとしては、現物取引や先物、レバレッジ利用時があります。現物取引では無料となっていますが、建玉を翌営業日に持ち越した時のみ、建玉金額の0.04%のレバレッジ手数料が設定されています。

 

DMMビットコインの手数料金額は

DMMビットコインの手数料がかかるのは基本的に限られたケースのみとなっており、使いやすさは他の取引所と比較しても良好です。ただし、トレードを行うタイミング次第でいつでもお得ということはありませんので、1回ずつのトレードごとに、注意をしてチェックすることが必要です。

現物の売買においてはスプレッドが設定されています。スプレッドは売り買いの金額差のことであり、レートをチェックすると知ることができますが、その差額の中には実質的に会社が受け取る手数料が含まれています。スプレッドは買い手と売り手間の売買によって発生する手数料よりも高く設定されていることが多く、変動もあります。

現物取引が行える通貨ペアはビットコインと日本円(BTC/JPY)、イーサリアムと日本円(ETH/JPY)、イーサリアムとビットコイン(ETH/BTC)の3種類です。

現在、もっともメジャーなビットコインと、アルトコインの中でメジャーなイーサリアムと日本円の3つの通貨で柔軟な取引内容が実施されている点も評価できます。DMMビットコインはどちらかと言うと、スプレッドの調整頻度が多く、細かい単位で調整されているようです

レバレッジ手数料は、FXトレードでもおなじみのスワップ手数料のことです。DMMビットコインの建玉金額の0.04%/日の手数料は、他社と比較しても平均的な割合です。ビットコインだけでなく、アルトコインでもFXトレードが行える点は高く評価できます。

レバレッジ取引には注意を

レバレッジ取引ができることは、DMMビットコインのよさでもありますが、大きなリスクを負う恐れのあるトレードであることを認識した上で行うことが大切です。

大きく稼ぐこともできるレバレッジですが、反対に損失も大きくなることがあります。アルトコインも取引できるのはメリットですが、レバレッジはハイリスクになることも忘れずに行いましょう。レバレッジは5倍固定となっています。

また、DMMビットコインではロスカットルールとして証拠金の維持率が80%以下になると未決済ポジションが自動的に強制決済されることになっています。レバレッジ以外の現物注文も取り消されます。

レバレッジ手数料が高くない点やビットコインだけでなくアルトコインでもレバレッジ取引を利用できる点は便利で良いことですが、リスク高めのトレードであることを認識しておくことは大切です 


DMMビットコインはビットコインからアルトコインまで取り扱いがあり、利便性が高く、手数料が無料となっている、やり取りも多い取引所です。仮想通貨の入出庫や現金の入出金などは無料で行うことができるため、トレード前の現金の準備や利益が出た後の対処の自由度が高く、仮想通貨取引をよりスムーズに行えるでしょう。

スプレッドやFX取引を利用する際のレバレッジに関しては、タイミングによっては高く付くこともあるため、慎重に状況を見極めて売買を行うことが大切です。

DMMビットコインに登録する

DMMビットコインに関する他の記事