DMMビットコインのライトコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

DMMビットコインのライトコイン

DMMビットコインで注目のライトコインを購入しよう

 

仮想通貨というとビットコインイーサリアムは日本でも高い人気があります。しかし日本ではまだ知られていない銘柄の中でも注目したいコインはいくつもあります。例えば今回紹介するライトコインは日本では決してメジャーな存在ではないかもしれません。

しかしアメリカなどの国外ではすでに人気のある、注目の仮想通貨です。ライトコインを国内で唯一取り扱っているDMMビットコインについても併せて紹介しましょう。

そもそもライトコインとはどんな仮想通貨?

今回紹介するライトコインは2011年10月に公開されました。こうしてみると、仮想通貨の中でもなかなかの古株といえます。ライトコインは「ビットコインのサポーター」的な存在として開発されました。実際開発者も「ビットコインがならライトコインは」と言っているほどです。そのため、基本的な部分はビットコインの仕組みを踏襲しています。

ビットコインと比較すると、規模はまだまだ小さいかもしれません。ただしビットコイン信者の間では広く支持されていて、アメリカでは人気になりつつある通貨でもあります。

Segwitをいち早く導入

ライトコインの特徴として注目したいのは、ほかの仮想通貨と比較していち早くSegwitを導入した点です。Segwitといわれても、専門家でないと何のことかわからないでしょう。

仮想通貨のやり取りはトランザクションといいますが、本来はトランザクションの量、誰と誰の間でやり取りされたかをブロックに書き込んで管理します。ビットコインもこのような仕組みをとっています。しかしライトコインの導入したSegwitは、Witness Commitmentと言って一定の数値にまとめてブロックに書き込みます。いわば情報を圧縮した形です。

これにより従来と比較して1回当たりのトランザクションの容量が少なくて済むため、より多くの通貨のやり取りに関するデータを1つのブロックに書き込めます。

ブロック生成速度がビットコインよりも圧倒的に早い>

ビットコインは先ほども紹介したように、トランザクションの書き込み量がどうしても多くなります。するとブロック詰まりが発生して、スムーズな取引ができません。一方ライトコインの場合、数値という最小限の情報のみブロックに書き込みます。その結果、トランザクションが圧倒的に早く処理できます。

ビットコインの場合、ブロック生成におよそ10分かかります。一方ライトコインの場合、約2.5分でブロックが生成されますこのため、送金・決済のかかる時間はビットコインの約1/4にまで短縮できます。手続きが素早く完了するので、余計なストレスを感じる必要もありません。

国内でライトコインの運用をするにはDMMビットコイン

もしライトコインを購入してみようと思うのであれば、取引所で調達する必要があります。国内にはたくさんの仮想通貨取引所がありますが、その中でも2018年2月の時点で仮想通貨交換業者に金融庁から認可されていて、ライトコインを取り扱っているのはDMMビットコインだけです。

ライトコインを手に入れるために海外の取引所を使う、という方法もありますが、海外の取引所では、日本円の取り扱いがありません。このため国内取引所でビットコインを日本円で購入します。そしてこのビットコインを海外取引所に送金して、それでライトコインを購入する形になります。また海外の取引所の多くは、基本英語表記です。ライトコインを手軽に購入したければ、DMMビットコインアカウント開設するのがおすすめです。

レバレッジ取引が可能なDMMビットコイン

DMMビットコインで取引するにあたって注目してほしいのは、レバレッジ取引できる点です。FX取引をしたことのある人はおわかりでしょうが、自分の手持ち資金の何倍もの額で取引できるスタイルです。もし取引が成功すれば、レバレッジをかけた分の利益を手にできます。小さな資金で大きな利益を獲得できる可能性のある運用スタイルです。

DMMビットコインでは最大5倍のレバレッジをかけることが可能です。またDMMビットコインでは余計なコストのかからない点も注目です。通常入出金手数料がかかるのですが、DMMビットコインの場合基本無料です。通常よりも早く入金反映されるクイック入金は多くの取引所で有料です。しかしDMMビットコインは、クイック入金でも手数料はかかりません。取引手数料も通貨ペア関係なく無料です。


ライトコインはアメリカでは知名度が高く、ビットコインでは送金や決済に時間がかかるため、ライトコインで代用する投資家も増えつつあります。このように世界で注目を集めているライトコインで運用したければ、DMMビットコインおすすめです。国内唯一の取り扱いのある取引所で、DMMビットコインの場合サポートも充実しています。24時間・365日、DMMビットコインでは問い合わせフォームやLINEからわからないことがあれば質問できます。ライトコインに興味があれば、DMMビットコインに口座を持つのがおすすめです。

DMMビットコインに登録する

DMMビットコインに関する他の記事