DMMビットコインのビットコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

DMMビットコインのビットコイン

DMMビットコインでの仮想通貨取引方法とは

 

国内にはいくつもの仮想通貨取引所がありますが、DMMビットコインもそのひとつです。DMMビットコインは東京ビットコイン取引所という名称でしたが、2017年12月に現在の名称に変更されたのです。そして、2018年1月11日からサービスが始まり、ビットコインのほかにもイーサリアムなどの仮想通貨取引が行われています。そして、DMMビットコインは仮想通貨の現物取引だけでなく、信用取引であるレバレッジ取引にも対応しているのです。これによって多くの仮想通貨投資家に注目されました。こちらではDMMビットコインでの仮想通貨取引方法について解説いたします。

仮想通貨の取引手数料について

仮想通貨取引所の利用において気になるポイントは手数料ではないでしょうか。本格的に仮想通貨投資をするのであれば何度も取引を行いますので、手数料は大きなポイントとなるのでしょう。DMMビットコインでは手数料が発生しません。これは仮想通貨の現物取引だけではなく、レバレッジ取引においても手数料がかからないのです。しかし、DMMビットコインでは手数料無料となっていますが、レバレッジ手数料が毎日0.04%分減産されます。そのほかに、買値と売値の差額であるスプレッドが発生しますが、これは実際にサービスを介ししなければ分かりません。

また、仮想通貨投資では日本円の入出金が必要になり、手数料が発生することもあるのです。しかし、DMMビットコインでは入出金での手数料が無料となっています。入金手数料が無料という仮想通貨取引所は国内でも多いのですが、出金時も無料という取引所は珍しいでしょう。これだけでもDMMビットコインを選ぶ価値があります。いくら仮想通貨投資で利益を出したとしても出金時に手数料がかかってしまっては、せっかくの利益が失われてしまいますが、DMMビットコインであればその心配がありません。 

さまざまな入金に対応している

仮想通貨投資では取引所に入金をする必要がありますが、DMMビットコインでは銀行振込とクイック入金に対応しています。銀行振込の場合は手数料が無料になっていますが、入金が反映されるまでに時間がかかってしまいますが、クイック入金の場合は手数料無料ですぐに入金が反映されるのです。しかし、DMMビットコインのクイック入金は最低入金額が5,000円以上となっているので注意しましょうそして、銀行振込は営業日や営業時間に左右されるというデメリットもありますが、クイック入金であれば日時に左右されることがありません。

銀行振込をするにはログイン画面の左にある「入金・入庫」をクリックして、「日本円入金(銀行振込)」を選んでください。入金先は顧客ごとに違うので注意しましょう。そして、振込名義とアカウント名義が同じになっているかの確認も必要です。クイック入金はネットバンキングに対応した金融機関を選択し、入金額を入力してから金融機関で手続きを行います。クイック入金は24時間・365日入金の対応をしているため、すぐにでも入金したい方に向いているでしょう。

仮想通貨の購入方法について

DMMビットコインでは現物取引とレバレッジ取引に対応しています。現物取引で購入するのであればログイン画面の左メニューから「現物取引」をクリックしましょう。すると現物取引の画面に移動しますので、仮想通貨の種類と数量を決めて取引をしてください。現物取引は信用取引ではありませんので自己資金の範囲内の取引です。そのため、仮想通貨取引ビギナーはこちらから始めましょう。

そして、DMMビットコインでは現物取引だけでなくレバレッジ取引にも対応しています。DMMビットコインではビットコイン以外の仮想通貨もレバレッジ取引が可能です。まずはメニューから「新規注文」「決済注文」を選択しましょう。そして、通貨と数量を決定して取引を行います。レバレッジ取引は利益が出た際に大きいメリットがありますが、逆に損失が出てしまうと大きいデメリットになってしまうのです。そのため、レバレッジ取引は慎重に行いましょう。特に仮想通貨投資ビギナーは知識を身に着けてからにしてください。

また、出金をする場合はメニューの「入出金」から銀行振込で受け取ることが出来ます。出勤可能額の範囲内の金額を入力しましょう。しかし、1日の出金額2,000円~1億円の制限があり、振込が反映されるまで3銀行営業日がかかってしまいます。そして、出金手数料は無料です。


国内でも数ある仮想通貨取引所の中でもDMMビットコインではさまざまなメリットがあります。代表的なメリットは入出金時の手数料が無料ということでしょう。入金手数料無料という取引所は多いのですが、出金時手数料無料は珍しいことです。そして、DMMビットコインでは現物取引のほかにレバレッジ取引にも対応しています。レバレッジ取引は大きい利益を出すチャンスがありますが、ハイリスクな取引でもあるので注意しましょう

DMMビットコインに登録する

DMMビットコインに関する他の記事