ビットトレードのスプレッド | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットトレードのスプレッド

ビットトレードの通貨取引で重要なスプレッドをチェック

スプレッドは、通貨取引において無視できない存在です。仮想通貨のみならず、外国為替におけるFXでも定番的となっています。なぜなら、これにより通貨取引における損益に関係のない損失を被ってしまうためです。

狙えるリターンの大きさを考えると微々たるものかもしれませんが、軽視はできません。ビットトレードにおいては、どのような設定となっているのでしょうか。ビットトレードにおけるスプレッドの考え方について、ご紹介します。

そもそもスプレッドってどんなもの?

スプレッドは、簡単にいうと取引所へ支払う手数料です。しかし、取引手数料とはまた異なるため、特徴をしっかり把握しておくことが欠かせません。主には、購入価格と売却価格の差によって生じる費用負担となります。つまり、同じ通貨ペアであっても、購入時と売却時で適用される価格には微妙な違いが設けられているということです。とはいえ、これは特別な特徴ではなく、通貨取引のほとんどで適用されているシステムなので、スプレッドが伴うビットトレードを悲観するといった必要は一切ありません。

通貨は、買って価値が高まったときに売る、もしくはFX形式なら、売って価値が下がったときに買い戻すことでも利益を狙えます。2つの注文を経ることで、毎回差額費用が発生する、これにより取引所はひとつの手数料利益を上げることができているのです。

こうした特徴から、より手数料負担の少ない環境で通貨取引を行いたいなら、スプレッドこと売買価格の差額がより小さいところを選ぶべきといえるでしょう。ビットトレードに関しても、売買注文でどのようなスプレッドになっているかを注目して登録を検討すると良いでしょう。

ビットトレードにおけるスプレッド設定の特徴

まず結論として、スプレッドのお得さを考えるのであれば、ビットトレードは魅力的な取引所であるといえます。なぜなら、ビットトレードのスプレッドはほとんど気にする必要がないほどに狭小設定となっているためです。逆にいうと、他の取引所ではビットトレードを大きく上回るような3~10%ほどのスプレッドが発生するところも事実存在しています。ではいったい、なぜそのような違いがみられるのでしょうか。

理由は、サービスの形式が関連しています。まず、ビットトレードは取引所形式を採用しています。一方スプレッドが広がりやすい形式は、販売所形式と呼ばれるものです。違いとしては、取引所がユーザー間における売買板取引、そして販売所は、運営業者との直接的な売買になります。ビットトレードはユーザー同士のやり取りの場を提供する形式で運営しているため、スプレッドが比較的小さく済む形となっているのです。

スプレッドが狭いことのメリット

スプレッドといっても、そこまで打撃的な損失を被るような手数料でもありません。それこそ、「億り人」などすら目指せる仮想通貨取引においては、人によって気にする必要性すら感じないことでしょう。しかし、逆にまたある人にとっては結構な負担ともなります。それは、スキャルピングのような短期トレードを中心に取引するタイプの人です。

中長期的に大きな額を運用する人も、少額をこまめに狙う人にも、発生するスプレッドは基本的に変わりません。その点、後者の場合売買するたびにスプレッド額が積み重なっていくので、手数料負担は結構なものとなってしまうでしょう。ビットトレードなら、取引所ならではの狭小スプレッドなので安心して取引に臨めます。

売買手数料には注意が必要

取引のたびに差額分発生する手数料は比較的安いビットトレードですが、かといって手数料のすべてを気にしなくて良いかといえば、そうでもありません。ビットトレードならではの他における手数料設定を、気にしておくことが大切です。それは、売買手数料と呼ばれるものです。つまり、仮想通貨取引においては毎回2種類の手数料を気にしておくべきであるというわけです。

こちらは、通貨の種類ごとに定められています。それぞれを網羅的にご紹介すると、まずビットコインについてはメイカー・テイカー共に0.2%、リップルの場合はメイカー0.25%・テイカー0.45%、イーサリアムはメイカー0.2%・テイカー0.25%、そしてその他ライトコイン、モナコインの円建て・ビットコイン建て、ビットコインキャッシュの円建て・ビットコイン建ては、すべてメイカー0.3%・テイカー0.7%と決められています。

リップルとライトコインについては、大手よりも比較的安い設定でありむしろ良心的でもあるのですが、他についてはやや高めでもあります。スプレッドと売買手数料、双方のバランスを考えつつ、活用するべきでしょう。

 
ビットトレードをはじめとした多くの取引所では、無料で仮想通貨取引が始められます。しかし、スプレッドや売買手数料といった手数料も発生するので、気付かないうちに損をしてしまうケースもあるかもしれません。これらの特徴もしっかり理解した上で、効率的な取引を楽しんでみてください。

ビットトレードに登録する

ビットトレードに関する他の記事