ビットトレードのライトコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットトレードのライトコイン

ビットトレードでライトコインを取引する方法とメリット

 

ビットトレードは、仮想通貨の取引所として種類豊富な通貨を取り扱っており、利用しやすい取引所のひとつと言えます。日本で仮想通貨の取引をスタートしたいという人はビットトレードも利用を検討すると良いでしょう。仮想通貨ごとに取引所を分けたい人にも向いています。ライトコインの取引を行っている場合にもビットトレードを検討してみましょう。

ビットトレードでライトコインは取引できるのか

仮想通貨の取り扱いは販売所と取引所がありますが、ビットトレードは取引所となります。アルトコインの取り扱いにも力を入れており、2018年3月現在、全部で6種類の仮想通貨が取り扱われています。ライトコインもその中に含まれており、その使い勝手、決済や送金での使いやすさによって高い評価を得ています。

国内の大手取引所と比べると、やや規模が小さくなりますが、取り扱いのある通貨はビットコイン以外のアルトコインにも主要な銘柄をそろえており、利用のしやすさが魅力です。

ビットトレードでライトコインを取引するには

ビットトレードでは24時間、365日、いつでも仮想通貨の購入と売却が出来るようになっています。チャートをチェックしながら、視覚的、直感的な取引が行えます。

ライトコインの売買を行う場合には、ビットコイン(BTC)建てで行うことになります。現在値やチャートの変動を見る際にも、LTC/BTCで確認するようになるため、見慣れない人は注意が必要です。最初は少額から取引を始めるようにして、相場感覚を身につけることも大切になるでしょう。

ビットトレードでライトコインの取引を行うには、ライトコインを日本円で購入(正しく言えば、日本円でビットコインを購入→ビットコインでライトコインを購入の手順)するか、自分のあらかじめ持っているライトコインを預け入れすることが必要です。ライトコインでの入金最低金額は0.001(LTC)、承認回数は6回となっています。また、1回あたりの最低出金額は0.001(LTC)となっており、1日に行うことのできる出金限度額は1,000(LTC)です。

手数料については、LTC預入手数料は無料であり、LTC引出手数料に関しては0.001(LTC)となっています。

ビットトレードでライトコインを取引するメリット

ビットトレードでは、ライトコインをはじめとするアルトコインを板取引することができます。ビットトレードは取引所であり、販売所を利用するよりも安価な手数料で取引しやすくなっています。販売所では大抵、会社の利益のためにスプレッドが設けられており、スプレッドを負担するよりも手数料を負担したほうが安く済むことが多いものです。

また、ビットトレードではライトコインの取引で高い安全性を誇っています。仮想通貨の取引において、もっとも心配されるのが安全性であり、通貨のデータが盗まれることや、悪用されることは多くのユーザーが懸念している問題です。

ビットトレードでは、2段階認証やSNS認証などのシステムを利用しており、不正ログインを防いでいます。また、仮想通貨は全てオフラインで管理できるコールドウォレットで管理され、トランザクションの署名に複数の秘密鍵を使用するマルチシグを導入し、不正の流出も防いでいます。

ビットトレードでは、取引所としてのライトコインの取引のしやすさや管理システムの充実による安全性の高さがあります。どちらもライトコインの取引には重要なことです。

ビットトレードでライトコインを取引する際の注意

ビットトレードは、ライトコインを含んだ豊富なアルトコインの取引が行える取引所ですが、利用にあたっては注意も必要となります。ビットトレードで売買を行う際には手数料がかかりますが、注文を出して購入する時と板にある値段で売る時の手数料がそれぞれに違っています。

購入するために注文した方のメイカー手数料は0.3%、売る方は0.7%です。(2018年2月現在)手数料を考えずに取引を行うと思ったよりも利益が少なくなることがあるので注意が必要となります。

また、ビットトレードは日本国内で現在運営されている仮想取引所の中ではどちらかといえば知名度がまだ低めと取引所となっています。通貨の流通量も少ないため、特にアルトコインであるライトコインの取引では思うように約定できないこともあるかも知れません。しかし、安全管理体制など、基盤がしっかりとしており、豊富なアルトコインの取り扱いは魅力です。複数の取引所を利用して、使い分けをする人にも使いやすい取引所となります。

 
ビットトレードは、日本国内の大手取引所と比較すると規模は小さくなりますが、ライトコインを含めたアルトコインの取り扱い種類が多く、高い利便性を持っているといえそうです。ビットトレードでのライトコインの取引は、ビットコイン建てで行われているため、慣れない人はビットコイン建てのチャートや取引に慣れることが必要となります。

ビットトレードに登録する

ビットトレードに関する他の記事