ビットトレードのリップル | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットトレードのリップル

ビットトレードでリップルは取引可能?

 

ビットコイン以外にも仮想通貨で投資をしようとお考えの方へ、おすすめのものがリップル。より取引が迅速で手数料の少ない仮想通貨リップルですが、信用性が高い老舗の取引所であるビットトレードでリップルの取引をする場合のメリットとデメリットはどのようなものなのでしょうか。それぞれについて初心者向けに分かりやすくご紹介します。

ビットトレードにリップルの扱いはある

ビットトレードの公式サイトではビットコインの文字が広告に表示されていますが、その他の仮想通貨も取扱いがあり、リップルもそのひとつです。実はこれは仮想通貨の名称ではなく、銀行間での取引が従来よりも迅速に、それでいて手数料を安くしての送金を可能にしている手段のことをさしています。

簡単に説明しますと、日本円をドルへ交換する時間に手数料が必要になりますが、リップルをはさむことで交換手数料を限りなく0に近づけようとするためのものです。それだけではなく取引に必要とされる時間も大幅に短縮することが叶うことから、仮想通貨の中でのランクもさらに上位へ上がっていく可能性もあるのではないでしょうか。ちなみにビットトレードの公式サイトトップページではその時の価格が表示されていますので、大まかなチェックがしやすくなっています。

それからビットコインの弱点を補ってよりよい取引にするためのリップルですので、やり取りはインターネット上のみに限られており、インターネットでの取引をよりよくするためにつくられた仮想通貨にあたるビットコインやアルトコインとはまた違う見方をした方がよいでしょう。

ちなみにリップルは世界的に有名な企業やメガバンクが国際送金の手段として利用しようと提携していることからも、大企業の注目を集めており今後さらに多くの企業などが利用する可能性もあることから成長が期待できそうな仮想通貨です。そのため興味がわいた方は早めに投資を始めておくとよいかもしれません。

リップルの価格の推移

2018年4月の時点でリップルは仮想通貨の中でもビットコイン、イーサリアムに次いで第3位につけていると言われています。価格の推移は2017年2月から1年の間に大きく価格が値上がりし、この1年間での価格上昇は元値の約120倍にもなっていました。

そのため以前から注目し投資を始めていた方は大きな利益を手にしたことでしょう。仮想通貨の場合徐々に価格が上がってきたところで急上昇する可能性もあり、ひとつの仮想通貨に絞らず複数保有しておくことも利益につながる投資方法ではないでしょうか。

またビットトレードだけでなくその他の取引所で口座開設をしておくと、それぞれ得意とする仮想通貨があり利益を得やすくなるはずです。そのためにはビットトレードと利用してチャートチェックをこまめに行うことをおすすめします。

ビットトレードでリップルを扱うメリット

ビットトレードでリップルの取引用口座を開設する場合に向けて、必要となる費用を確認しておきましょう。リップルの売買取引料はメイカーが0.25%(2018年4月時点)、テイカーが0.45%(2018年4月時点)となっておりその他の仮想通貨であるビットコインやアルトコインの中ではちょうど中間位の数値になっています。

必要な手数料がそれほど高くないことは取引を重ねていく上でのメリットになり、ビットトレードが老舗で信用性が高いこともシステムが確かに動作していてシステムによりリップルを失ってしまう心配は少ないでしょう。

そしてビットトレードではスマホでも情報を入手しやすく、大変見やすいチャートでリップルの価格動向をチェックすることができますので、通勤時間や休憩時間に、職場や出かけた先で素早くチャートチェックをして利益を取り逃さないようにしましょう。

ビットトレードでリップルを扱うデメリット

リップルをビットトレードで取引した場合に必要な手数料はあらゆる仮想通貨の中でも中間位ですが、銀行からの出金手数料は割と高い金額が必要です。そのため何度も少額の出金を重ねているとせっかくの利益が減らされてしまいますので、ある程度まとまった利益が貯まってきた後で出金することをおすすめします。

 
仮想通貨の中では3番目に人気のあるリップルの魅力は、取引の迅速さと手数料をより安くしようとしているところにあります。そのため取引をしたい時にすぐ行えるメリットがあり、仮想通貨の取引でどうしても必要になってしまう費用を抑えることができます。

その上ビットトレードのような老舗で信用性の高い取引所を利用すれば口座管理の安全性も高いことが期待できますので、安心してリップルの取引を行えるでしょう。また出金に必要な費用も手数料を極力0にしようとしていることによって、他の取引所を利用した場合よりかからなくなるはずです。上手にビットトレードでリップルの取引をすれば費用を抑えて少しでも大きな利益が出せることが期待されます。

ビットトレードに登録する

ビットトレードに関する他の記事