Zaifの入金 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

Zaifの入金

Zaifへの入金はシンプルで初心者にも始めやすい

 

Zaifは仮想通貨の取引板と販売所の両方を持っており、どちらでもトレードすることができます。Zaifコインを積み立てるトレードも可能で、ドル・コスト平均法により、リスクを最小限に抑えることができます。長期保有をしやすく、利益が出たことを確認してトレードできるので、時間に追われるトレードをしなくてすみます。仮想通貨に興味はあるけど、リスクが大きいのは困るという方に最適です。

簡単売買と取引所がある

Zaifには、一般的な販売所にあたり、初心者がすぐにトレードを始めることのできる簡単売買と本格的なトレードを行なっているトレーダー向けの取引所があります。まだ仮想通貨のことはよくわからないが、将来的にはトレードをやりたいという人も着実ステップアップしていくことができます。

気軽・手軽な売買ができる

取引所は、トレーダー同士が直接仮想通貨を売買するところですが、簡単売買ではZaifが所有している仮想通貨をトレーダーと売買します。取引が合意できる相手が現れるまで売買の成立しない取引所と違い、簡単売買ではすでに金額が決まっているので、すぐに売却したり、購入したりすることができます。Zaifが所有している仮想通貨の取引となるので、1回の売買は、日本円で50万円相当、1日では5,000万円相当が上限に定められています。

Zaifの登録はメールアドレスでOK

Zaif公式サイトの「メールアドレス入力で簡単登録」の欄にメールアドレスを記入してクリックします。自動返信メールのURLにアクセスしてパスワードを登録し、基本情報を登録していきます。本人確認書類をアップロード、または郵送で送ります。本人確認の審査と簡易書留の郵送による本人確認が行われます。郵便で送られた本人確認コードを取引に利用します。Zaifは、金融機関と同程度の本人確認を行なって信頼性を高めています。

日本円を入金する

まずは、2段階認証を登録します。セキュリティを高めるために推奨されています。必ず登録しましょう。アカウントページにログイン後、アカウントページの「入出金と履歴」内の日本円をクリックすると、日本円での決済方法が出てきます。Zaifへの日本円の入金は「銀行振込」「コンビニ決済」「ペイジー入金」の3通りあります。

日本円の払い込みについては、上限は設けられていません。トレードの状況に応じて、自由に金額を設定して入金することができます。また、入金の回数にも上限はありません。

銀行振込」で入金する場合は、入金金額を記入して「入金開始」をクリックします。名前と識別番号を続けて記入しますが、その際に、苗字と名前、識別番号の間にスペースが必要です。ATMか銀行の窓口から払い込みます。どこの銀行からでも振り込むことができますので、新たに口座を作る必要がなく、お持ちの口座ですぐに取引を開始することができます。銀行で指定された振り込み手数料がかかりますが、Zaifへの手数料はかかりません。

コンビニ決済」の手続きも、まずは入金金額を入力し、コンビニ決済を選びます。登録状況と金額を再度確認した後に、利用するコンビニを選びます。利用するコンビニは、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・サークルK・サンクス・ファミリーマートの中から選べます。受付番号が表示されたら、それをメモ書きするか、メールで送ります。完了をクリックすれば、アカウント上での操作は終了となります。

指定したコンビニで、払い込みの手続きを行います。手数料は各コンビニで決められた金額を支払います。Zaifへの手数料は発生しません。コンビニ決済は、1回の手続きごとに1回の振込になります。1つの受付番号を複数回利用することはできません。

ペイジー決済」も行うことができます。希望の金額を入力した後、「ペイジーによる入金手続き」をクリックします。登録情報と金額を確認したら、手続きを続行します。こちらも支払い情報が表示されますので、番号をメモするかメールに送ってATMまたはインターネットバンキングから払い込みます。ペイジーの入金は、一週間の出金期限があります。この出金制限は解除することができません。

入金の反映は確認後すぐ

いずれの入金方法でも、入金が確認されれば、すぐに入金がZaifの口座に反映されます。Zaifのシステム上、遅れることは考えにくいです。万が一、1営業日以上たっても入金が反映されない場合は、Zaifに問い合わせてみましょう。入金IDの記入漏れで入金が遅れているケースが多くなっているそうです。

Zaifは、取引所と販売所を兼ね備えています。販売所での簡単売買は少額から始めることができ、仮想通貨初心者の方も安心して始められます。コイン積立のような、リスクを抑える商品も開発される一方、簡単売買でトレードに慣れれば、取引所でトレーダーとして活動することも可能です。Zaifは、仮想通貨についてさまざまなレベルの人に対応しています。

Zaifに登録する

Zaifに関する他の記事