Zaifの安全性・セキュリティー | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

Zaifの安全性・セキュリティー

Zaifのセキュリティーにおける安全性は大丈夫?



仮想通貨取引を語るうえでセキュリティー面の安全性は外せません。ウェブ上で取引できる情報形式の通貨というのは、やりとりのスマートさが大きなメリットとなっています。一方で、不正盗難の恐れがあるのではないかと不安に思う方もいるでしょう

Zaifのセキュリティー面はどうなっているのでしょうか。国内三大取引所の一角であるだけに、利用を検討している人も多いことでしょう。Zaifの安全性をチェックして、安心して利用できるかどうか確かめましょう。

Zaifの法的な位置づけ

近年、財務局において仮想通貨交換業者として認定されているかどうかが大きく重要視されています。未登録業者の営業停止措置、業務改善命令など、厳しさが日に日に増している印象です。そのようななか、Zaifはどのような位置づけとなっているのでしょうか。

法的な位置づけとして、Zaifは仮想通貨交換業者としての認定が重要視される以前より、法に則って認可のもと運営を行っています。「近畿財務局長 登録番号00002号」であることを正規に公表しています。

ポジションを置いていない仮想通貨の保管

仮想通貨における盗難被害が起こる恐れとして、ホットウォレットでの保管が挙げられます。これはつまり、インターネットシステムと繋がった状態での保管方法を指します。インターネットと繋がっているということは、ハッキングの恐れが考えられるともいい換えられます。事実、これが原因で盗難を受けた取引業者も例として存在するのです。

Zaifは預かっている仮想通貨をオフラインのコールドウォレットにて保管しています。インターネットとは隔離された専用のウォレットにおける保管となるため、ハッキングされる心配が大きく軽減されます。さらに再移動のためには、権限をもった複数管理者の電子署名が複数段階に渡り必要となる、マルチシグこと電子署名システムを採用しています。高水準のセキュリティーシステムで、仮想通貨取引所全体でみても安全性の高い取引所と言えます

預かり金分離による資産の明確化

近年話題になった取引所の課題として、経営資金と預かり金を同じカテゴリで管理していたことがありました。ユーザーの資金と経営資金が明確に分けられていないという、管理の甘さが見られたためです。これでは、何かのトラブルが起こった場合に、預金を引き出せない事態にも繋がりかねません。そうした理由から、安全性の高い預かり金管理においては、経営資金との分離が欠かせないと考えられています。

Zaifの預かり金管理システムは、そうした考えに則り分離する形式となっています。預かり金が経営に流用されるようなこともまずないので、安心して預けておけるでしょう。このようなシステムが実行できていない取引所も事実存在しています。

徹底的におこなわれているセキュリティー管理への注力

セキュリティーへの注力、徹底は、仮想通貨取引所を運営するうえで最早、絶対的な要素となってきています。大事な資産を預けるわけですから、セキュリティーの充実における安全性は取引所選びの重要な比較対象であるためです。セキュリティーが不十分な安全性に乏しいところは、企業として存続し続けること自体困難であるといえるでしょう。

しかし、そのようななかでもZaifのセキュリティーは徹底されている印象です。セキュリティー部門の開発には、シリコンバレーで金融サービスの開発に携わっていた人材を採用しており、高水準の安全性技術がもたらされています。欧米型の数理モデルにおける不正検知をしているそうで、国内でも有数の安全性を誇ります。

また、日本で運営する取引所だからこその徹底もみられます。国内の金融事情に特化した対策も施すことで、国際的マネーロンダリング対策顧客確認基準においても余念がありません。安全性を考えて取引所選びをおこなうなら、まずZaifは有力な選択肢としておいて問題ないでしょう


この通り、Zaifには複数のセキュリティー対策が施されており、安全性の最も高い取引所のひとつと言えます。2017年の巨大なバブルを過ぎたとはいえ、まだまだ熱気冷めあらぬ仮想通貨業界です。これから一歩足を踏み入れてみようと考えている人も、少なくないことでしょう。しかし、注目が高まると同時に、ハッキングや盗難といった事件も複数取り沙汰されています。セキュリティー面の充実した安全性の高い取引所を選ぶことは、必須です。Zaifの徹底ぶりを活かして、安心感のある取引に臨んでみてはいかがでしょう。

Zaifに登録する

Zaifに関する他の記事