Zaifのライトコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

Zaifのライトコイン

注目度の高いライトコインとZaifの関係性

 

ライトコインは、数ある中でも有望な種類のひとつといえるでしょう。第二のビットコインを狙う上で、注目しておいて損はありません。大手取引所の一角であるZaifにおいて、ライトコインはどのような扱いなのでしょうか。双方の関係性について、掘り下げていきましょう。

Zaifはライトコインの取引に適しているのか

Zaifは、数ある取引所の中でも取り扱い通貨数が多いサービスといえるでしょう。

国内においてはZaifしか取引できないようなものもあるほどで、ビットコインのようなすでに価値が安定した通貨より、まだほとんど価値のないいわゆる草コインに投資した方が有益と考えることもできます。そのため、他に取引アカウントを持っているものの、Zaif合わせてを利用している、そんな人も少なくありません。

取り扱い通貨が充実したZaifですが、残念ながらライトコインは上場していません。ビットコインと4種のアルトコイン、さらに9種のトークン、コムサといった扱いがありますが、その中には含まれていないのです。ライトコインに将来性を感じている場合でも、他の通貨における取引を検討しなくてはなりません。

とはいえ、ライトコインはZaif以外の三大取引所に数えられる2社、その他大手もこぞって上場させている注目の通貨です。

ビットコインと比べてスムーズかつ手軽な印象があるため、ビットコイン同様に期待が寄せられているのです。事実、2017年末には28,000円というアルトコインでもトップクラスの高値を記録したほどなので、やや低調気味な2018年上旬現在においては、再度の復活にも期待が持たれてなりません。そういった理由から、今後Zaifで扱われ始めるという展開も大いに予想することが可能です。

現在は取引不可ですが、今後のニュースやアナウンスに注目しておく価値は大いにあるでしょう。

ライトコイン上場への期待を込めて登録しておこう

まだライトコインの扱いが存在していないとはいえ、今のうちにZaifに登録しておくという考え方も大いにありです。

登録は無料で、口座維持手数料もかかりません。その瞬間に備え、万端の準備をしておいてみてはいかがでしょう。流れとしては、まずサイトトップページの「無料会員登録」を選択します。するとメールアドレス入力欄が現れるので、アドレスを入力して登録ボタンをクリックしてください。するとメールが送られてくるので、内容に記載されたURLにアクセスして、パスワード設定をおこないます。あとは基本情報設定をおこない、登録を済ませましょう。

有望な通貨を取引する上で嬉しく感じられるセキュリティ性

保有する資産が大きければ大きいほど、盗難などのトラブルに巻き込まれたときのリスクは甚大です。

しかしZaifなら、そうした時も安心。前述で紹介した本人確認や2段階認証といった安全システムはもちろん、預かり通貨の社内管理強化、重要情報の管理徹底、ベンチャーキャピタルから資金を調達することによる経営資金確保など、セキュリティに関する多くの対策が実施されているためです。

仮想通貨取引所を利用するにあたり、ハッキングなどのリスクがあるのではないかと不安を抱いている方もいるかもしれません。Zaifであれば、そうしたまさかの事態から大事な資産をしっかり守ることができるでしょ

ライトコインは多くの国内外取引所で扱われる人気のアルトコインですが、Zaifにおいてはまだ上場されていません。とはいえ、有数の成長株であるだけに、近い将来追加上場されることも大いに考えられます。今後の上場に備え、今のうちに登録しておく価値は大いにあるでしょう。

Zaifに登録する

Zaifに関する他の記事