Zaifのリップル | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

Zaifのリップル

有名取引所Zaifでリップルの取引はできる?

 

次なる億り人ウェーブを待ち望む人にとって、リップルは注目せずにいられないアルトコインでしょう。ビットコインやイーサリアムと比べると、まだまだ価値は低いですが、だからといって軽視できません。

そんなリップルは、Zaifで取引することができるのでしょうか。リップルとZaifの関係性について、ご紹介します。

Zaifはリップルの取引に向いている?

ずばり向いていないというのが実際のところです。向き不向きどころか、数多くの仮想通貨を取り扱うZaifであるにもかかわらず、リップルについては上場させていません。つまり、取引自体不可なのです。

リップルに近い立ち位置の取り扱い通貨としては、ネムが挙げられるでしょう。リップルと同じような相場変動を記録しており、2018年春現在の価格も比較的近いです。どうしてもZaifでリップルのような期待感が持てる通貨の取引をしたいと考えるのであれば、ネムに注目してみても良いかもしれません。

仮想通貨ファンの間では、Zaifほど取り扱い通貨が充実した取引所であるにもかかわらず、なぜリップルが上場していないのかという、疑問が持ち上がっています。つまり、近い将来においてZaifにリップルが上場する可能性も、大いにあり得るというわけです。

Zaifより規模の小さい取引所であるにもかかわらず、リップルを扱っているというところも少なくありません。ぜひ、これからのアナウンスに注目していきましょう。

また期待の声は、需要の高さを表しているともいい換えられます。需要の高い通貨を上場させることは、Zaifにとってもメリットになるわけなので、検討対象になっている可能性は大いにあるでしょう。2018年春現在においてまだリップルは取引できませんが、今後の上場に期待を抱く価値は充分あるといえます。

Zaifへのリップル上場に注目するメリット

他の取引所でリップルが利用できるなら、わざわざZaifに注目する必要はない、そんな風にも思えるかもしれません。しかし、それでもなおZaifにおけるリップル上場を気にしておくメリットは、大いにあるといえるでしょう。

たとえば、業界屈指の歴史に培われた信頼性です。Zaifの運営元である会社は、2015年に別の取引所を買収しています。そしてその取引所は、仮想通貨ブームが起こるよりかなり以前から運営されていました。つまり、仮想通貨取引所のパイオニアともいえる組織のノウハウが詰まっているというわけです。安全性が重視される昨今の業界事情において、この特徴は何とも魅力的に感じられることでしょう。

また安全性に関しては、独自に販売しているウォレットアイテムからも感じることができます。取引所である以上、資金はZaifサイト上にて管理できます。この場合、不正アクセスやハッキングの可能性も軽視できません。歴史ある取引所なだけに、安全対策もしっかりおこなわれていますが、だからといって完全に安心できないのも実際のところです。その点、外部ウォレットが手軽に利用できると安心感が高まります。

Zaifでは、安価かつ安全なUSBトークン型仮想通貨ウォレット「Ledger Nano / Nano S」を販売しています。安全な仮想通貨管理といえば、ネットワーク上と切り離したコールドウォレットが有効とされており、多くの取引所で定番的な安全対策として用いられています。しかし、取引所内部でおこなわれているシステムなので、一般ユーザーがじかに確認することはできません。

その点、このUSBトークン型ウォレットであれば、コールドウォレットへの移動や管理を手元でおこなうことが可能となります。Zaif独自の商品ではありませんが、運営元業者の提携先のひとつである通販サービスにビットコインチャージをおこないギフト券を入手することで、割引価格で手に入れることが可能になります。Zaifトップページに紹介されている専用ページから購入できるので、分かりやすいです。

リップルの将来性を知っておこう

リップルは、2012年に創業された同名企業が運営する仮想通貨です。通貨そのものはもちろん、創業者名もまた広く知られています。

リップルの成功に伴いアメリカ長者番付トップ10に名を連ねています。これも、リップルが高騰に伴い1年間で約500倍もの価値に膨れ上がったからに他なりません。つまり、確かな成功体験と知名度に培われた実績あるアルトコインなのです。

2018年上旬現在は業界全体の傾向に引きずられるようにやや低調な相場感ですが、今後また流れが戻れば、大きな高騰にも期待が持てるでしょう。

2018年上旬現在のZaifにおいて、リップルは扱いがありません。しかし、充実のラインナップを連ねる同取引所だけに、今後新たに上場される可能性に大きく期待が持たれています。通貨自体の期待値と合わせて、これからのZaifに注目しておいて損はないといえるでしょう。

 

Zaifに登録する

Zaifに関する他の記事