ビットバンクのリップル | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットバンクのリップル

リップルをビットバンクで運用するメリットとは?

 

ビットコイン以外のアルトコインも含めて仮想通貨で成功を収めたい、そう考えるなら、リップルは注目すべき通貨のひとつに挙げられます。実用的な魅力を備えており、さらに日本で高い人気を誇るため、将来性に大きな期待が持てます。

人気の高さから、日本の取引所ではリップルを取り扱っているところが少なくありません。そのような状況で、ビットバンクを使って取引をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ただリップルを運用したいだけなら、他の大手でも問題ないかもしれません。ビットバンクだからこそのメリットにも着目しつつ、リップルの魅力を知っていきましょう。

ビットバンクにおけるリップルの位置づけ

ビットバンクは、ビットコインと同時にアルトコインにも比較的力を注ぐ取引所であるといえるでしょう。複数の種類を用意しており、またモナコインとビットコインキャッシュについては、円とビットコイン両方で建てられる仕様になっています。ビットコイン建ては海外の取引所で多くみられますが、日本の業者ではあまり多くありません。アルトコイン取引をおこなう上で、貴重な存在に感じられるでしょう。

そのなかでも、リップルの扱いは比較的主要な位置づけといえます。なぜなら、公式ページのトップにおいて、メインであるビットコインの次の順で紹介されているためです。

具体的には、ビットコイン・リップル・ライトコイン・イーサリアム・モナコイン・ビットコインキャッシュの順で紹介されています。数あるアルトコインのひとつとして、また知名度があるからおまけ程度にといった扱いをしている取引所と比べると、一層の真剣度が窺えます。事実、リップルに特化したキャンペーンもおこなわれているので、理想的なサービスに感じることができるでしょう。

また、円建てが可能という点も魅力です。前述の通り、ビットバンクでは円建てとビットコイン建ての2種類が利用できます。ビットコインとリップルは円建て、そしてモナコインとビットコインキャッシュは両方から選べる一方、ライトコインとイーサリアムについてはビットコイン建てでのみでしか取引できません。

円建て可能なリップルは、初めての取引所利用にビットバンクを選んだ際、入金後すぐ取引できる形となるためスムーズに感じられます。リップルを取引するため海外取引所を利用する人も少なくないのですが、実はこの場合多くがビットコインでしか建てられません。ビットバンクは、貴重な円建て取引可能な取引所のひとつとなっています。その点もまた、メリットに挙げられるでしょう。

急な値動きにも対応しやすい

リップルは、成長株に位置づけられるアルトコインのひとつです。2018年3月末現在約50円の値をつけていますが、2017年末には300円を大きく上回るほどの高騰も記録しました。また、冒頭の通り実用的な特徴を備えており、今後通貨としての広がりをみせるという期待も持たれています。

そのためリップルを本格的に取引するトレーダーとしては、いつどのタイミングで急な値動きを見せるか、逐一チェックしておきたいというのが本音でしょう。

もしパソコンでしか取引できないとなれば、仕事中や出先においてのスピーディーな対応は難しくなります。
ビットバンクなら、スマホにおける取引もスムーズなので、外出時の相場急変にも対応しやすいです。もちろん、近年のスマホはウェブ閲覧にも力が注がれており、それこそパソコン同様の快適さで操作できるので、他の取引所サイトもほとんど利用可能でしょう。

ですが、そのなかでもビットバンクはスマホ操作に適したウェブインターフェースかつ考え抜かれたUIが採用されており、多数ある取引所の中でも有数のスムーズさが体感できるため魅力的です。相場チェックや注文操作も、いつでも素早く的確に行えるでしょう。

ビットバンクならではのキャンペーンをチェック

前述の通り、ビットバンクではリップルに関連したキャンペーンが展開されています。

たとえば2018年3月現在であれば、出来高ランキングキャンペーンの第二段がおこなわれています。これは毎週の出来高ランキング上位10名に、順位に応じたXRPがプレゼントされるというものです。10位で5,000円相当、5位なら15,000円相当、さらに1位は100,000円相当のXRPが獲得できるようになっています。

さすがは、リップルの扱いに力を注ぐビットバンクです。好評を博しているそうなので、今後も第三弾、第四弾と定期的に開催される可能性も大いに期待できます。この点もまた、リップルを扱う上でのビットバンクに感じられる魅力のひとつでしょう。

ビットバンクは、サイトトップの取り扱い通貨欄で、リップルを2番目に紹介するほどリップルの取り扱いに力を注ぐ取引所です。事実、関連キャンペーンも積極的に展開するなど、注力ぶりが窺えてなりません。外出先での取引に適したスマホ操作にも長けており、急な変動なども逃しにくいです。リップルを本格的に扱いたいなら、ビットバンクを選んできっと損はないでしょう。

ビットバンクに登録する

ビットバンクに関する他の記事