ビットバンクのスプレッド | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットバンクのスプレッド

ビットバンクにはスプレッドの狭い仮想通貨がある?

仮想通貨のトレードは、トレーダーが直接売買を繰り返す取引所と、販売所が所有している仮想通貨を売買する販売所のに種類があります。取引が直接行われる取引所は販売所よりも手数料やスプレッドが割安の傾向であります。ビットバンクはどうでしょうか。

スプレッドと手数料の違い

ビットバンクでは、口座を作ったり維持したりするための手数料は必要はなく、無料でアカウントを作り取引を始めることができます。手数料の代わりに仮想通貨のトレードでは、スプレッドが設定されていることが多くあります。スプレッドはFX取引でよく使われている言葉ですが、仮想通貨の流通とともに仮想通貨のトレードでも使われるようになりました。

仮想通貨のペアごとに決められているもので、それぞれ金額も違いますし、常に変動しています。前もってユーザーに告知され変更される手数料と違って、予告なく変更されますまた、1日のトレードの中でも変動する場合もあります。トレーダーは、スプレッドの狭い仮想通貨をトレードしたり、狭い時を狙ってトレードしたりします。

取引は24時間365日いつでも簡単、手数料無料

ビットバンクでのトレードは、24時間休みなく行うことが可能です。仕事の隙間時間や平日の深夜など、生活スタイルに合わせた購入と売却ができます。トレード画面は誰でもすぐに使えるわかりやすいチャート形式です。取引手数料も無料で、何回、どんな取引をしても手数料は一切かかりません。

ビットバンクでは、仮想通貨を購入するには、トレード画面の注文フォームから成行注文か指値注文かを選びます。値動きを見ながら、現在の金額で購入したい場合は成行注文を選びましょう。

成行注文は数量のみの指定ですぐに購入することができます。希望の価格で購入したい場合は指し値注文を選択します。指値注文は、価格と数量の両方を指定する必要があります。取引所内の他のトレーダーが同じ金額、数量で売り注文を出さなければ購入にいたりませんが、金額を設定できるので価格が保証されます仮想通貨の売却も同じトレード画面から行います。

すぐに売却を希望するときは成行注文、金額を決めて売却する時には指し値注文を選びます。成行注文の場合は数量だけを記入しますが、指値注文の場合は数量と金額の両方を記入する必要があります。ビットバンクでのトレードは、未約定の売買注文は約定が成立するまで取引板に並べることができます。

ビットバンクでは、購入の場合も売却の場合も取引が成立するまで取引板に表示しておくことができ、キャンセルも簡単にできます。

スプレッドの狭い仮想通貨を狙う

スプレッドは、仮想通貨のペアごとにあります。例えば、ビットコインと円、モナーと円などです。常に変動しているもので、1日の取引の中でも狭くなったり広くなったりを繰り返しています。トレードされている仮想通貨の量や金額の変化に連動して変わっていきます。その中でもビットバンクには、驚くほど狭い仮想通貨と日本円のペアがあります。それがアルトコインです。

アルトコインのトレードを考えている人は、ビットバンクの利用を検討してみてはいかがでしょうか。その他、モナコインやリップルのスプレッドも他に比較するとビットバンクのスプレッドが狭い場合が多くあります。

取引が活発な仮想通貨はスプレッドが安定する

取引量が多い仮想通貨は、安心して売買できます一方、取引量の少ない仮想通貨は少しの値動きで大きな利益が出る場合もあります。ビットバンクではどちらのトレードも自由に行うことができます。全体的な投資計画を立てて戦略的な仮想通貨トレードを行えます。

早朝や深夜は取引量が少なくなる傾向があり、スプレッドも広めです。ビットバンクでは、24時間365日いつでもトレードできるからこそ、取引量の増える時間帯や減る時間帯、それにつれてスプレッドがどう変化するかも抑えてトレードすることができます。

その他にも、スプレッドが広がるタイミングがあると言われています。人気があり、値段が上がっているコインほど広くなることが多いようです。また、仮想通貨の価格が安定していない、乱高下を繰り返しているときも広くなります。驚くようなニュースが急に入ってくる時も同様です。

レートが急激に変化してスプレッドが広くなります。これらは予想することが難しいものですので、自分がトレードをしたい仮想通貨のスプレッドの動きを普段から注意しておくと良いでしょう。スプレッドの動きを予想できるとトレードに有利です。

 
レートは悪くなかったのに、気がつくとスプレッドが高くなっていて、いわゆる「スプレッド負け」というような状況は避けたいものです。ビットバンクは取り扱う仮想通貨も多く、自分がトレードしたいタイミングでスプレッドの狭い仮想通貨を選ぶことができます。使いやすいチャートの分析ツールも用意されているのがビットバンクの強みです。ぜひ、活用しましょう。
ビットバンクに登録する

ビットバンクに関する他の記事