ビットバンクの手数料 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットバンクの手数料

話題の取引所ビットバンクの手数料は高い?

仮想通貨取引所は国内にいくつもありますが、比較するポイントの中でも無視できないのが手数料です。特にまめな取引を検討している人は、手数料ができるだけかからないところを選びたいところです。徐々に注目を集めているビットバンクの手数料は高いのか安いのかについて、以下で検証していきます。

bitbank.ccの手数料を紹介

ビットバンクには現物取引のbitbank.ccと先物取引のbitbank Tradeの2つの取引所を運営させています。まずビットバンクのbitbank.ccのコストについてみていきます。bitbank.ccの取引所には買い板と売り板があって、どの値段で注文を出している人がいるかを把握できます。

その中で覚えておきたいワードとして、メイカーテイカーがあります。メイカーとは板上には出ていない金額を指定して、それで取引したいという人が出てくるまでは取引をしなスタイルです。一方テイカーは取引所の板に出ている金額で取引するスタイルです。

bitbank.ccの場合、メイカー・テイカーともに売買手数料は無料です。どのような仮想通貨ペアであっても無料です。つまりトレードするにあたって、コストを投資家が負担することはありません。

bitbank.ccの入出金手数料は?

ビットバンクのbitbank.ccでトレードして利益が出たと仮定します。それを日本円などの法定通貨に交換して引き出す、口座に日本円を入金する際にコストは発生するのでしょうか?

まず口座に入金する際には、コストは掛かりません。ただし入金は銀行振込だけの対応になっていて、皆さんが使う金融機関の設定する振込手数料は負担しなければなりません。そのほかの仮想通貨についても同様です。

出金する場合には、手数料が発生します。まず日本円で出金する場合には、3万円未満なら540円、3万円以上なら756円かかります。また仮想通貨で出金する場合でも手数料がかかりますから注意しましょう

仮想通貨ごとのコストですが、ビットコイン0.001BTC・ライトコイン0.001LTC・リップル0.15XRP・イーサリアム0.005ETH・モナコイン0.001MONA・ビットコインキャッシュ0.001BCCとなります。このような手数料も視野に入れて、どの仮想通貨を使って取引するか検討するとよいでしょう。

ビットバンクのbitbank Tradeの手数料を紹介

ビットバンクの先物取引であるbitbank Tradeでも取引手数料は発生します。新規0.10%・決済無料になります。新規と決済の違いがよくわからない人もいるでしょう。新規とは売買の約束をした段階、決済は売買が実際に成立した段階では発生するコストのことです。

そのほかに決済時に利益が出た場合、この利益の量に応じたコストが発生します。これをキャピタルゲイン手数料といい、利益に対して0.20%が差し引かれる形になります。仮想通貨取引所の中には借り入れ手数料といって、借り入れした金額に応じて1日ごとに発生するコストのことです。bitbank Tradeではこちらは無料になっているので、日をまたいで取引することの多い人は、ビットバンクにアカウント登録して損はないでしょう。

ウォレットから預け入れ・引き出す場合のコストは?

ビットバンクの現物取引であるbitbank.ccの場合、数種類の仮想通貨を使って取引が可能です。

しかしビットバンクの先物取引であるbitbank Tradeの場合、取り扱っている仮想通貨はビットコインだけなります。ビットコインをほかのウォレットから入金、もしくは出金することもあるはずです。その際に手数料が発生するので、その部分も頭に入れておきましょう。預入に関しては無料ですが、引き出す際には0.0005BTCがかかるので注意が必要です。

スプレッドの心配をする必要がないのは魅力的

仮想通貨トレードするにあたって気をつけなければならないのは、スプレッドです。スプレッドが広いと、トレーダーの負担するコストも大きくなります。ビットバンクの場合、ビットコインだけでなくアルトコインでも売買板取引ができます

アルトコインでも売買板取引できる取引所は、ほかにはなかなかないです。ユーザー同士の取引ですから、スプレッドを気にする必要が一切ありません。販売所によっては3%以上のスプレッドを負担することも少なくないため、スプレッドのかからないというのはトレードをするにあたって大きなメリットといえます。

 
ビットバンクの場合、上で紹介したように入出金する際に手数料はかかります。しかし取引をしているときに余計なコストのかからないところは、頻繁に取引する人にとっては魅力でしょう。アルトコインでも売買板取引のできるところは国内ではなかなかありません。このため、スプレッドの負担をする必要がないですからアルトコインを使って資産運用することに興味のある人は、アカウント登録するとよいでしょう。

ビットバンクに登録する

ビットバンクに関する他の記事