コインエクスチェンジの安全性・セキュリティー | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

コインエクスチェンジの安全性・セキュリティー

コインエクスチェンジの安全性とセキュリティーは?

スマートフォン1台ですべての機能を使うことのできるコインエクスチェンジは、金融庁に登録されている仮想通貨交換所です。取引されている仮想通貨の種類も多く、現物取引の通貨ペアが35もあり、19通貨ペアで差金決済取引することができます。コインエクスチェンジのセキュリティーについてはどうなっているでしょうか。セキュリティーの安全性についてご紹介します。

ログインの2段階認証

コインエクスチェンジのログインには、安全性の高い2段階認証が採用されています。2段階認証とは、ユーザーの所有している何か、知っている何か、指紋などユーザーが持つ特性の3種類のうち、2つの要素を組み合わせて身元を確認するセキュリティーの方法です。安全性を高めるため、コインエクスチェンジでは、2段階認証はログインごとに行います

ログインすると、まず1段階目として、SNSまたは専用のアプリへトークンと呼ばれる認証コードが送られます。2段階目に現れる画面に、送られてきた認証コードを入力してログインが完了となります。コインエクスチェンジでは、認証コードも6桁と、より安全性の高いセキュリティーシステムになっています。 

Multi-Signatureの採用

コインエクスチェンジでは、Single-signatureウォレットとMulti-Signatureウォレットの両方を使うことができます。Multi-Signatureウォレットとは、仮想通貨の取引において複数の秘密鍵、を必要とする安全性の高い最新のセキュリティーシステムです。事前に登録した複数の鍵のうち数個の鍵が必要とされ、取引の承認ごとに違う鍵が要求されます。一定数以上の鍵の組み合わせで、取引を行うことができるのでより安全性が高くなります。

Single-signatureウォレットは、素早い取引が可能で、コインエクスチェンジでは、この2種類のウォレットを使い分けることでフットワークの軽い取引と安全性の高いセキュリティーの両方を実現しています。

セキュリティーの高い秘密鍵には、マスターキーとプライベートキーがあります。マスターキーはインターネットに接続していないオフラインの場所へ保管しておくことで、万が一、アカウントを持っている本人がキーを紛失するなどの事故の場合に備えることができます。コインエクスチェンジでは、セキュリティーの安全性のみでなく、ユーザーの利便性も高めるようセキュリティーシステムを工夫しています。 

セキュリティー企業との連携

コインエクスチェンジでは、インターネットの世界水準セキュリティー会社と提携することで、サーバーのセキュリティーを世界レベルの安全性にまで引き上げて保護しています。サイトに大量のリクエストやデータを送りつけ、サービスを利用停止にさせるDDoS攻撃やアプリケーションへの攻撃にも耐える堅牢なセキュリティーシステムを取り入れています。

ユーザーの個人情報やパスワードなどの重要情報は暗号化されたデータベースに保存されていますし、ユーザーとコインエクスチェンジサーバー間の通信についても、すべての通信が暗号化されて行われています。暗号化されたデータベースには、データの持ち主本人しかアクセスする権限が与えられていません。 

常時コールドウォレットを利用

コインエクスチェンジのセキュリティーシステムでは、すぐに取引に使う仮想通貨ももれなくコールドウォレットに保存して安全性を優先しています。コールドウォレットは、インターネットと接続されていないオフラインのウォレットです。ハッキングの可能性が最も少なく安全性の高い仮想通貨の保存法です。

コインエクスチェンジでは、このコールドウォレットを仮想通貨の保存だけでなく、取引の最初から最後まで利用しています。そのため、ハッキングによる仮想通貨流出の可能性が低く、安全性の高い取引をすることができます。 

安全性の高いセキュリティーシステム

コインエクスチェンジのセキュリティーシステムは、安全性の高いものといわれています。口座開設に利用した端末以外からの利用では、登録したメールアドレスに、新IPアドレスを有効にするようにという依頼メールが届きます。このメール内のURLをクリックすることでログインが可能になります。

本人以外のログインを防ぐため、パスワードを5回入力ミスするとアカウントが凍結されてしまいます。1時間後に凍結解除のメールがコインエクスチェンジから届きますので、メール内のURLをクリックして凍結を解除しログインします。

仮想通貨の取引では、安全性とセキュリティーの高さが最も重視されます。コインエクスチェンジは、融庁の仮想通貨交換業者リストに登録されており、なによりもユーザーの財産管理の安全性とセキュリティーを重視しています。日本円での出金依頼には4段階のステップを設け、うっかりミスでの出金も未然に防ぎます。取り扱う仮想通貨の種類も多く、ユーザーの資産と会社の資産を完全分別で管理するなど、資産管理についてもコインエクスチェンジは安心できます。

コインエクスチェンジに登録する

コインエクスチェンジに関する他の記事