ビットフライヤーの会社概要 | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットフライヤーの会社概要

今話題のビットフライヤーの会社概要

2017年は仮想通貨元年とも呼ばれて、仮想通貨の認知度が高まった年です。仮想通貨取引所のテレビコマーシャルを見る機会や会社概要について触れる機会もこの時期から増えました。特にコマーシャルなどで話題になったのがビットフライヤーです。ビットフライヤーがどんな会社なのか、そもそもどこの会社なのかなどの会社概要をまとめました。

ビットフライヤーの会社概要

ビットフライヤー(bitflyer)の会社概要は2014年1月に設立された仮想通貨取引所です。

ビットコインやアルトコインの販売所として、また法人向け、個人向けの取引所として投資家化から高い支持を集めています。取引所としてのビットフライヤーは招待制からスタートしています。設立した年の6月には1億2,000万円の資金調達もおこないました。

その後もビットフライヤーは資金調達を繰り返して確固たる地位までのぼりつめることができました。出資した企業の中には大手金融グループのベンチャーキャピタルのほかリクルートや電通のグループ会社などが並びます。

資本金時価総額も膨大で、安心して利用できる国内取引所の1つだとも言われています。

ビットフライヤーの会社概要と成長

ビットフライヤーの代表取締役加納裕三氏はもともと外資系金融のトレーダーでした。2013年の12月に退職してCTOの小宮山氏と設立したのがビットフライヤーです。ビットフライヤーが調達した資金は総額で5億1,000万円になります。

この資金は会社概要の中で海外事業の拡大やセキュリティ投資、人員増強などに使われています。

そもそも加藤裕三氏がビットコインを扱う会社を設立しようと考えたきっかけは前FRB議長のベン・バーナンキ氏の発言でした。バーナンキ氏はいくつかの仮想通貨を称賛し、さらに取引の改ざんを防止するブロックチェーン技術について将来的な可能性を秘めていることを求めています。バーナンキ氏の発言を受けたことをきっかけに仮想通貨は大きく飛躍しました。

将来的な上場も視野に

ビットフライヤーの代表取締役加納裕三氏は、ビットフライヤーは起業したときから上場を前提にしていると話しています。

2018年3月時点では上場していません。しかし、近々にも上場を予定しているという観測もあり、そのニュースや会社概要から目が離せない状態です。ビットフライヤーが上場するとなれば、市場の注目が集まる大型案件になることは間違いありません。

未上場で時価総額1000億円を超えるユニコーン企業とも目されていて、上場が決まれば仮想通貨業界においても大きなインパクトになるでしょう。

身近になったビットコイン

仮想通貨の中でも圧倒的な流通量を誇っているのがビットコインです。

ビットコインの国内最大の取引所はどこなのかcoinhillsのBitcoin ( BTC ) Exchanges Volume Rankingで調べたところ、2018年3月時点で国内最大手はビットフライヤーでした。ビットフライヤーは取引量が多いだけでなく、ビットコインが普及するためのさまざまな試みも行ってきました。ビットコインのポイント交換に関する業務提携もその一つです。

ポイントと現金やビットコインを交換する「ポイントエクスチェンジ」でもビットコインへの交換サービスが開始されました。ビックカメラにビットコイン決済サービスを提供したり、アマゾンギフト券をビットコインで交換できるサービスをしたりと会社概要の中でおこなう事業はビットコインの消費を根付かせるものです。

投資の目的に限らず、ショッピングや消費を便利にするツールとしてビットコインを中心としたサービスの拡充がすすめられています。

ブロックチェーン技術で仮想通貨の発展に寄与

ビットフライヤーは会社概要の中でブロックチェーンに関する調査分析を行うブロックチェーン研究所を2015年に設立しています。当時はブロックチェーンの技術について社会的な関心が高まっているものの、その情報についてはあまり知られていない状態でした。そこでブロックチェーン研究所が研究の一部を公開することでブロックチェーン技術の発展に寄与したのです。

その結果日本ブロックチェーン協会(JBA)の設立に参画し、ブロックチェーン技術の実証実験やシステム開発基盤の整備に着手するなどブロックチェーン技術の研究をリードしています。

さらにビットフライヤー独自開発したプライベートブロックチェーン技術「Miyabi」もスタートしたことも会社概要を語るうえで欠かせません。今までも様々な実証実験に利用されています。2017年にはブロックチェーン技術を利用した不動産情報管理システムの構築もスタートしました。ブロックチェーン技術を活用した業務提携は日本で初めてのことです。

 
ビットフライヤーが行っている事業内容や会社概要は投資を目的とした仮想通貨の普及にとどまりません。

私たちの生活を取り巻く消費を仮想通貨の力でより便利で満足できる形にする事業を行っています。ビットフライヤーはビットコインサービスの拡充になくてはならない存在を言うことができるでしょう。

会社概要からも日本の仮想通貨市場における役割やビジョンが伺えるはずです。

ビットフライヤーに登録する

ビットフライヤーに関する他の記事