ビットフライヤーのレバレッジ | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットフライヤーのレバレッジ

ビットフライヤーのレバレッジ取引でのチェックポイント

仮想通貨の取引には株式などと同じように現物の取引とレバレッジの取引があります。

仮想通貨の取引は取引所によって扱っている仮想通貨の銘柄も違うため、口座を作る前に必ずチェックしておきましょう。ビットコインの流通量も多く高いシェア率を誇るビットフライヤーのレバレッジや使い方についてまとめました。

ビットフライヤーではレバレッジ15倍

Lightning FXとはビットフライヤーのビットコインFX取引です。ビットフライヤーのレバレッジは最大で15倍です。特にレバレッジ取引でなくても仮想通貨は価格変動が大きい市場です。15倍のレバレッジ倍率であれば、充分にボラティリティがある取引をおこなうことができるでしょう。

しかし、レバレッジによってボラティリティが大きいということは、ハイリスクハイリターンということもできます。レバレッジをかけることで、7万円あれば、100万円以上の取引まですることが可能ですが、それだけリスクも高まります。取引を始めたばかりという人は、相場に慣れるためにも初めはレバレッジの倍率を低めにすることをおすすめします。

ビットフライヤーのレバレッジ倍率は1倍から、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍という形で選択することできます。ビットコインはドル/円の取引と比較してボラティリティが約10倍とも言われています。デイトレードなどの短期売買でも十分に利益をとるチャンスがある市場です。また、一般的な金融商品と違って24時間365日取引可能なので、好きな時間に取引を楽しむことができるでしょう。

ビットコイン販売所とbitFlyer Lightningの違いとは

ビットフライヤーではビットコイン販売所bitFlyer Lightningを管理運用しています。

この二つは全くの別物で、ビットコイン販売所ではビットフライヤーが相手方となってビットコインの売買をおこないます。一方でbitFlyer Lightningは顧客同士の取引をおこなう取引所です。Lightning FXやビットコイン先物もbitFlyer Lightningがおこなっています。

ビットフライヤーのロスカットは

ビットフライヤーのロスカットは証拠金維持率が50%を下回ったときにおこなわれます

ロスカットとは、顧客の意思に関係なく、強制的に取引の決済がされてポジションが解消される仕組みを言います。

レバレッジ取引では、大きな利益を狙える反面で損失が大きくなることもあります。そこで強制的に決済することで損失を抑えるためのルールとしてロスカットがあるのです。ロスカットを避けるのであれば、追加で保証金(追証)を入れてポジションを維持する方法もあります。

ビットフライヤーのセキュリティ

仮想通貨取引はセキュリティも重要視されます。

ビットフライヤーでは大手金融機関より高強度の暗号化通信を採用しています。さらに複数署名のマルチシグにも対応して安全性を高めています。80%以上のビットコインはコールドウォレットでオフライン管理されて、ハッキングなどに備えています。

また、仮想通貨には預金保険のような公的保険の仕組みがありません。そのために取引所の安全性や資金力が重要視されます。その点においてもビットフライヤーはメガバンクやリクルート、電通などを主要株主としていて安心感があると言えるでしょう。

また三井住友海上保険と連携してビットコイン保管中の盗難を補償するサービスも提供しています。ただし、二段階認証などの適用条件があるため、取引時には必ず確認しておきましょう。

「ビットコインをもらう」という驚きのサービスとは

ビットフライヤーの特徴ともいえるサービスが「ビットコインをもらう」サービスです。

ビットフライヤーを経由してインターネットサービスを利用することでビットコインを受け取ることができます。無料の会員登録商品の購入口座開設など適用になるサービスは多数あるので、普通に生活しているついでにビットコインを受け取れます。例えば、インターネットでの買い物や旅行代理店を使った宿泊、格安SIMなどビットコインをもらえるサービスはたくさんあります。

ビットコインをもらうには、ビットフライヤーの公式サイトのバナー広告をクリックしてネットショッピングやサービスを利用するだけなので、特別な手続きも不要です。

ビットコインに興味はあるが、高額の資金を投入するには抵抗があるという人にもこのサービスはおすすめです。この時もらえるビットコインは通常のビットコイン同様に取引所で売買できるうえ、市場の変動によって価格も変わります。

つまり、もらったビットコインが値上がりして利益が出る可能性もあるのです。もちろん貯まったビットコインをすぐに換金することもできます。実店舗の支払いもビットコインが利用できますから、「換金するもよし、FXするもよし」など自分で好きな使い方を選びましょう。

 
ビットフライヤーはメールアドレスFacebookから口座開設をすることができます。仮想通貨取引に不安がある人でもビットフライヤーなら自分のペースで仮想通貨取引を始めることができるでしょう。

レバレッジを効かせた取引から初心者向けの取引までビットフライヤーは広く対応しています。まずは簡単にできるアカウントの作成から始めてみましょう。

ビットフライヤーに登録する

ビットフライヤーに関する他の記事