ビットフライヤーのスプレッド | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットフライヤーのスプレッド

ビットフライヤーは安定したスプレッドが魅力

ビットフライヤーは、ビットコインの取扱量が日本一で、安定した大きな取引量があります。

DigiCert次世代暗号を最高強度で扱うなど、高いセキュリティ技術を誇ることから、まずはビットフライヤーに登録をと考えている人も多いのではないでしょうか。ユーザーが取引する上で気になるビットフライヤーのスプレッドはどうなっているでしょうか。

ビットフライヤーは取引量が多い

ビットフライヤーは、仮想通貨取引所と販売所の両方を持っています。大手金融機関などが出資していたり、2種類の損害保険会社と契約していたりなど、仮想通貨を取引する上で欠かせない、資金力セキュリティの高さがあり、多くのトレーダーの支持を集めています。

販売所には、ビットコインアルトコインがあります。販売所であるビットコインとの取引になるので、初心者でも安心して利用することができます。

取引所はユーザー同士の直接取引ができ、ビットフライヤーでは、初めてでも使いやすい簡単取引所とプロトレーダーが利用するプロ向け取引所があります。

取引所と販売所の両方を兼ねることで、日本でも最大と言われる取引量を誇っているのがビットフライヤーです。ユーザーの数が多いので、荒れる相場になりにくく、安定したトレードが可能です。初心者や少ない資金から始めたい人に向いています。

取引所では、仮想通貨の売買にスプレッドは不要ですが、一定額の手数料が必要です。

手数料は%(パーセント)で示されます。消費税と同じようなものと考えればわかりやすいでしょう。取引額が高ければ高いほど、手数料も高額になります。取引所は、売りたい人と買いたい人の値段が合致してはじめて売買が成立します。

双方の金額が合わなければ取引が成立しないため、取引所にユーザーが多くいることが活発なトレード、流通量の多いトレードが行われる第一条件になります。ビットフライヤーの取引所は常に大勢のユーザーがトレードを行なっています。

ビットフライヤーはスプレッドが安定している

スプレッドは、仮想通貨ごとに販売所が自由に金額を決めています

いわば売買手数料ですから、ユーザーが少なく取引量の少ない販売所ではスプレッドを広くせざるを得ません。ビットフライヤーのようにユーザーが多く、取引量も多い販売所では、広いスプレッドを設定する必要がなく、安定したトレードが行われるので、相場に合わせて頻繁に変動させる必要もありません。

トレーダーが売買差額で利益を出すためには、スプレッドが狭ければ狭いほど利益になります。利益が出たと思った取引がスプレッドのためにそれほどでもなかったという場合もあります。仮想通貨の販売所、取引所はユーザーを集め、活発にトレードをしてもらうためには、スプレッドが安定して狭いことが必要です。

スプレッドは販売所が自由に設定できるため、スプレッドをただ狭くするだけならできます。しかし、実体のないスプレッドの狭さは、販売所に充分な資金力がなくなり、セキュリティや顧客管理などに不安を生じます。

その点、ビットフライヤーは、ユーザーも多く活発なトレードが行われており、スプレッドの狭さにも根拠があります。1日に何度も変動するスプレッドですが、ビットフライヤーでは、適切に設定されており、安心して取引を行うことができます。

ユーザーが多く取引量も多い

安定したスプレッドが設定されていれば、トレード行う際に、どれぐらいの金額で買ったものをどれぐらいの金額で売れば利益が出るのかを計算しやすくなります。チャート分析から、いつ頃買うべきか売るべきかを予想することもできます。

頻繁にトレードを行うことが可能になり、取引量はますます増えます。スプレッドが不安定ですと、下がるのを待っていて売り時を逃してしまったり、予想より広く買いそびれてしまって、思ったよりも高い価格で購入してしまったりというようなことがあります。トレードのタイミングをつかみやすく、スプレッドが安定していると安心して取引を行うことができます。

販売所でスプレッドが安定するためには、ユーザーが多く、トレードが頻繁に行われる流動性が高いことが必要です。ビットフライヤーには、多くのユーザーが登録し、24時間365日、実際に取引を行っていますそのユーザー数と取引量は日本最大とも言われており、安定した業績をあげている仮想通貨販売所、取引所です。

ビットフライヤーは、販売所と取引所があり、両方を利用することができます。

どちらも活発な取引が行われており、取引量も多くなっています。それぞれ利点がありますので、例えば、スプレッドが狭いときは販売所で素早くトレードする、購入したい金額や売りたい金額が決まっているときは取引所で指値にするなどの使い分けをすると良いでしょう。

取引所のアカウントも、ライトユーザー向けウォレットクラスとヘビーユーザー向けトレードクラスがあり、幅広い長期的な資金計画を立てることが可能です。

ビットフライヤーに登録する

ビットフライヤーに関する他の記事