ビットフライヤーのライトコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットフライヤーのライトコイン

ビットフライヤーでもライトコインの取り扱いが始まった

 

世界には数多くの仮想通貨が存在していますが、ライトコインも仮想通貨のひとつです。世界で最も知られた仮想通貨はビットコインですが、そこにはさまざまな欠点がありました。しかし、ライトコインはそういったビットコインの欠点を解消しており、決済や送金に向いた仮想通貨として2011年に誕生したのです。

ビットコインを「金」とするのであれば、「銀」のポジションを目指しています。そんなライトコインはビットコイン、イーサリアム、リップルに次ぐ時価総額となっており、国内でもビットフライヤーで取引が始まりました。こちらではビットフライヤーでのライトコイン取引について解説いたします。

ライトコインの特徴とは

ビットコインは世界中で多くの投資がされている仮想通貨ですが、ビットコインのソースを改良することで誕生した仮想通貨がライトコインです。ビットコインはショッピングなどに使うことが出来ますが、ライトコインも同様にショッピングなどに使えます。利用可能なショップ情報も公式サイトに紹介されているので、一度チェックしておきましょう。

ライトコインはビットコインの問題点を解消しましたが、具体的にどういった部分なのでしょうか。何よりもの特徴は発行上限でしょう。ビットコインの発行上限は2,100万枚と設定されており、採掘が進むことで難易度が上昇してしまうのです。しかし、ライトコインの発行上限はビットコインの4倍である8,400万枚となっています。そのため、採掘が進んでも難易度の上昇が起こらないため価格が安定しているのです。

そして、ブロック生成時間も短縮されています。ビットコインの生成時間は約10分となっていますが、ライトコイン約2.5分となっているのです。そのため、スピーディーな取引が可能になっています。さらに、SegWitを導入しているため、処理を圧縮して負荷を軽減しているのです。仮想通貨はいずれデータ量の問題に直面するため、SegWitの導入は非常に有効的でしょう。こういったシステムによって、ライトコインは世界中の仮想通貨投資家から注目されたのです。 

ビットフライヤーが取り扱い開始

ライトコインが話題になったことでビットフライヤーでも取引が始まりました。ビットフライヤーではこれまでにビットコイン、イーサリアムを取り扱っており、これによって3種類の仮想通貨を取り扱うことになったのです。

これまでにライトコインを扱う仮想通貨取引所はありましたが、業界最大手であるビットフライヤーが参入したことでこれから益々発展すると考えられます。これによってライトコインはビットコイン、イーサリアムと肩を並べる仮想通貨になったと言えるでしょう。

ライトコインの取引を行う場合、ログインした後にメニューから「アルトコイン販売所」を選択してください。アルトコインとは仮想通貨の総称で、こちらにはイーサリアムとライトコインが含まれます。そして、売買したい数量を入力すると自動的に価格が表示されるため、手軽に売買が可能です。

ビットフライヤーのアカウント作成方法ですが、ユーザー情報入力本人確認書類の提出住所確認などの工程を経て完了します。少し手間を感じるかも知れませんが、改正資金決済法によって決められているのです。本人確認には免許証やパスポートなどの身分証明書が必要になります。また、フェイスブックYahoo!IDGoogleアカウントなどと紐付けることも可能です。そして、新規でアカウントを作成する場合、実際にビットフライヤーで購入をするまでは1週間ほどかかると考えましょう。 

ビットフライヤーへ入金するには

ビットフライヤーから購入するには入金をする必要がありますが、それには画面左の「入出金」をクリックしてください。銀行振込の場合は「日本円ご入金」、コンビニやペイジーからの入金は「クイック入金」のタブを選びましょう。

銀行振込は入金上限が設定されていませんが、反映されるまで時間がかかるので注意してください。逆にコンビニ入金やペイジーの場合は30万円という入金上限が設けられていますが、30分ほどでビットフライヤーに入金が完了しますので急ぎの方におすすめです。

ビットコインと比較してまだまだ知名度の低いライトコインですが、それは日本だけのことです。海外では多くの投資家に利用されている仮想通貨で、インターネット上にはいくつものコミュニティが存在しています。そのため、今後はビットコインと肩を並べる仮想通貨になることも考えられるでしょう。


仮想通貨の中でもビットコインは広く知られていますが、さまざまな懸念がありました。特に生成時間が10分ほどかかるため、どうしても取引に時間がかかっていたのです。しかし、ライトコインはそういった部分が解消されており、約2.5分で生成が終わります。そのほかにもメリットが多いことから、日本でもビットフライヤーで取り扱いがはじまりました。仮想通貨投資家であればチェックすべき仮想通貨でしょう。

ビットフライヤーに登録する

ビットフライヤーに関する他の記事