ビットフライヤーのビットコイン | どこよりも使いやすく、どこよりもわかりやすく「Bit Journal」

ビットフライヤーのビットコイン

ビットコイン投資家に注目されているビットフライヤー

ビットコインに投資をする方が増加しており、連日仮想通貨に関するニュースが報道されています。ビットコイン投資の基本は「安い時に購入して高くなったタイミングで売却する」というシンプルなものです。この投資によって億単位のお金を稼いだ方も少なくありません。

そして、ビットコインをはじめとする仮想通貨の投資では取引所を利用しますが、信頼出来る取引所である必要があります。いくらビットコインで利益を出したとしても、ハッキング被害などで資産を失うこともあるのです。こちらでは代表的な取引所であるビットフライヤーについて解説いたします。

ビットコインの将来性について

現在の世界経済では円、ドル、ユーロなどの通貨が使用されていますが、為替の変動によって通貨の価値が変動しているのです。そのため、これからの世界経済では仮想通貨が主流になる可能性もあります。

世界にはさまざまな仮想通貨が存在していますが、中でもビットコインは広く知られています。仮想通貨を世界中に知らしめた存在であり、これからの基軸通貨になることでしょう。そのため、ビットコインの将来性は充分と言えます。

仮想通貨の登場によって世界経済は大きい変化を見せましたが、投資目的で仮想通貨を利用するケースが多いでしょう。ビットコインは金や銀と同様に埋蔵量が決められています。そのため、流通量が極端に増えることがありませんので、インフレが起こる心配がありません。世界の通貨の中には流通量が極端に増加してしまい、その価値が暴落することもあるのです。ビットコインの埋蔵量は最大2100万BTCとなっており、それ以上増えることはありません。

また、仮想通貨は地域の影響を受けづらいという特徴もあります。戦争やテロなど政情が不安定な国で資産として利用されており、不安定な時代には価値が上昇する傾向にあるのです。ビットコインが注目されるようになってから日が浅いため、さまざまな可能性を秘めています。そのため、投資に関心のある方は知識を身につけておくべきでしょう。 

厳重なセキュリティー対策

ビットフライヤーは国内でもトップクラスの取引所ですが、厳重なセキュリティー対策を取っていますが、具体的にどういったセキュリティー対策なのでしょうか。ビットフライヤーでは個人情報保護のためにユーザーの個人情報を暗号化しているのです。世界トップクラスの認証局である「DigiCert」証明書を採用しており、SHA-2というハッシュ関数を使用しています。そのほかにファイアウォールによる不正アクセス対策を行っており、大手金融機関よりも強固な暗号技術となっているのです。このようにビットフライヤーは二重三重のセキュリティー対策を行っているため、安心して利用出来るでしょう。

そして、ビットフライヤーはユーザーのログインパスワードについても対策を取っています。パスワードの強度チェック機能、不正アクセスのアカウントロック機能などを備えているだけでなく、SMSやメールアドレス、認証アプリによる二段階認証も行っているのです。

そのほかに、不正アクセスを防ぐためのログイン履歴管理をしており、長時間操作しなかった場合には自動的にログアウトされます。さらに、外部からの情報にもウイルスチェックを行っているため、ウイルス被害からも護られているのです。 

潤沢な資金と盤石な経営で安心

ビットフライヤーはいくつものセキュリティー対策を行っているため、国内トップクラスの信頼出来る取引所と言えるでしょう。さらに、ビットフライヤーは多くの大企業が出資しているため、潤沢な資本金があるのです。ほかの仮想通貨取引所と比較しても資本金は群を抜いています。これだけ大企業から支持されているのであれば、将来性や安全性の面で安心出来るでしょう。破綻も考えられません。

さらに、ビットフライヤーはアメリカにも進出を果たしています。日本には複数の仮想通貨取引所がありますが、海外進出は初めてのことです。ビットフライヤー100%子会社によるbitFlyer USAは、アメリカでビットコインとドルの取引を行っています。ビットフライヤーの代表取締役は金融投資会社であるゴールドマン・サックスでエンジニアを務めていたため、アメリカ進出も自然なことでしょう。そして、ビットフライヤーはこれから仮想通貨取引だけでなく、新たな事業に進出することも考えられます。


ビットコイン投資をするのであれば仮想通貨取引所を利用する必要があります。日本にはいくつかの仮想通貨取引所が営業を行っていますが、ビットフライヤーは中でも抜きん出た存在と言えるでしょう。強固なセキュリティー対策を行っているため、不正アクセスの心配がありません。さらに、多くの大企業がビットフライヤーに出資しているため、潤沢な資金もあります。アメリカ進出も果たしているため、ビットコイン投資を考える方は注目すべき仮想通貨取引所でしょう。

ビットフライヤーに登録する

ビットフライヤーに関する他の記事